FC2ブログ

権力は腐敗することについて!

社会主義のソ連は、腐敗・特権化した官僚によって、官僚独裁の社会帝国主義に転化し、崩壊した。中国は、毛沢東が作った憲法はスト権もデモの自由も、カべ新聞を張る自由も認めていたが、今では人民支配の独裁権力に転化した。人民のため・労働者のための政党も腐敗し、官僚独裁に変質するのである。かっての中国人民解放軍は天安門事件で今や恥ずべき人民虐殺の軍隊となった。

日本の官僚も政治家も同様で、加計問題や森友問題が示したのは国有財産が政治家と官僚たちによって私的に横領されているということであった。自民党のある政治家は外国人労働力の派遣先からあっせん料を受け取っていたし、厚労省は賃金抑制のための調査資料を改ざんしていた。

運送会社には警察官が多く天下りし、酷い労務管理を行っている。こうした会社を相手に労働裁判をしてはいけない。我々の件県ではどんな汚い手でも使う。要注意だ。

大阪の労働基準監督署は労災認定を却下するためにある。労働行政を監督する組織がブラック企業の味方をするのだから話にならない。これでは職場のパワハラがなくなるわけが無い。

権力的地位にある人物が、その地位を私的利益に利用すれば、あるいは経営者の金儲けに加担すれば、その社会は腐っていく。そのような生き方は美しくないし、醜いとしか表現できない。権力があればある程、人間は謙虚にその権力を弱者のために、正義のために行使しなければならない。

社会的地位にある人は、その生き方に置いて品格や良心や弱者への優しさや、自己犠牲の精神を忘れてはいけない。

スーパーボランティアの尾畠春夫さんは高齢にもかかわらず、被災地で今もなおボランティアを続けている。自己の信念で無私の活働を続ける姿は美しいとしか言いようが無い。

中国の春秋戦国時代の武将樂毅(がっき)は武将として「見事に生きること」を最後まで貫いた人だ。私は労働者として「見事に生きる」ことを人生の信条としている。人は何のために生きるのか、美しく生きるのか?それとも醜い生き方をするのか?常に自分に問うべきだと私は思う。

人は高い地位に就くことが素晴らしいのではない。社会的弱者のために無私の精神で働くことが美しいのである。そこにあるのは良心・優しさ・品格・自己犠牲である。自民党の政治家を見てみよ、彼らの生き方は強欲・利権・権力欲・自己顕示欲の醜い姿ではないか。権力が腐敗しても野党が政権の受け皿を作らねば、腐敗した権力は続くのだ。
人は志を持つのに遅すぎるということはない。労働者は見事に生きるという志をもとう!#生きる #権力 #樂毅 #いかに生きるべきか

日本の労働運動の原点はGHQの労働改革である。

第2次世界大戦における日本の敗北は、革命情勢とも言えるが日本においてはそうはならなかった。その主要な理由は
(1)労働者階級があらゆる点で帝国主義的戦争に動員されていたこと
(2)支配階級が予防革命としての早期敗戦を主導したこと
(3)指導すべき労働者政党が壊滅状態であったこと
この結果、日本の民主化は占領軍の手で行われることとなった。

アメリカ占領軍は、日本統治の仕組みを作るにあたり日本軍国主義の復活を許さない仕組み作りに注力した。土地改革で地主階級を解体し、財閥解体で産軍複合体を解体した。かっては非合法であった労働組合を合法化したのは、それによって賃上げが恒常的に行われることで個人消費拡大に伴う国民経済の拡大再生産の軌道を引くことと、早期の戦後復興を可能とすることであり、軍国主義の反対勢力として労働者階級の力を強くする点に目的があった。

しかしこの民主的な労働改革は、その後のソ連の台頭と中国革命のアジアへの広がりを恐れたため、それを阻止するためにアメリカは朝鮮戦争を闘うことになった。こうした国際情勢の影響を受けて日本の労働運動も規制が強まり、またその後の日本の労働者の闘いの歴史的成果が重なって、現在の判例法理が形成されたのである。

かって私は、日本労働運動を研究するために「日本の労働運動史」を学んだことがあった。そのとき人から齊藤一郎の労働運動史を読むよう勧められたが、それは単なる現象の羅列であり、科学的なものとはいえなかった。

日本の労働運動史を研究しょうとするなら、その原点であるGHQの戦後労働改革を学ぶ必要がある。日本の若い労働運動家のみなさんには、東京大学社会科学研究所編の「戦後改革」の5「労働改革」を是非読んでいただきたい。

日本の戦後改革は、アメリカ占領軍の手で行われた社会改革であり、その内容は革命的な内容を含んでいた。日本が第2次大戦を徹底的に闘ったために、アメリカは日本軍国主義の復活を恐れ、徹底的な民主化を実行した。その意味で、日本の民主化は一種の戦争の歴史打開力であったと言えるのかもしれない。

若い日本の労働運動家のみなさんが、今日の日本の労働法の枠組み、合法化された労働組合が日本経済の成長を促す目的から民主化されたこと、しかしソ連崩壊後の強欲の資本主義が日本における労組の家畜化を促し、労働運動の形骸化が、日本経済の活力を奪い、経済の縮小=デフレ経済を招いた点を指摘しなければならない。

日本経済が再び復興するには、日本の労働運動が家畜化を克服し、自由で民主的な闘う労組の建設が必要条件だということを、日本の労働法の原点である「戦後労働改革」を学ぶ中で理解する必要があると思うのである。冷戦の崩壊後の強欲の資本主義は、日本企業をリストラ経営に巻き込むこととなった。個人加入ユニオンの形成、発展は日本企業のリストラ経営が必然的に招いたのである。

日本の財界指導者は日本経済を再生するために是非、この戦後労働改革を学んでほしいと思う。財界が個別資本家の強欲の目線ではなく、国民経済の発展を促す目線で労働政策を理解する必要があると考えるからである。「故(ふる)きを訪ねて新しきを知る」=(温故知新)とのことわざがある。日本の労働改革の原点を理解することで、新しい進むべき道が見えてくると信じたい。

新世紀ユニオンの目指す役割について!

新世紀ユニオンは現在、労働者の雇用を守ること、気持ちよく職場で働けるようにすることを第一の任務としています。したがって他のユニオンが「金にならない」と避けるパワハラ問題にも取り組みます。

ところが世間には、ユニオンは強請り・たかりの団体であるかの誤解があります。一部の嫌がらせ運動の結果形成された誤ったユニオンへの認識が存在しています。ですから初めから経営側の敵対的なブラックな対応が少なくありません。

新世紀ユニオンは結成当初は、「反リストラの闘いの戦術レベルを上げる」ことを活動目標に置いていました。したがって「リストラ対処法」を19年前に公開し、その後の法改正後の闘い方も随時ブログやニュース記事としてネット上に公開してきました。

また拠出金裁判で地裁・高裁で勝訴し、規約で定めた解決金の10%の拠出金が日本で初めて裁判所の判例化を勝ち取りました。これが判例「新世紀ユニオン事件」として、ユニオンの財政活動の基盤を切り開きました。以後日本国中にユニオンが結成されるに至りました。

リストラと闘う労組(=ユニオン)の組合員は、解雇され生活は窮迫し、多くが組合費も払えません。それゆえ規約で解決金や未払い賃金の10%を拠出金として出してもらうという、日本での初めての判決が、ユニオン運動の広がりを促すうえで大きな階級的意義がありました。新世紀ユニオンはこの裁判を本人訴訟として闘いました。

つまり新世紀ユニオンは小さい労組(=専従は1名)ですがその存在意義は常に労働運動の先進的役割を果たしてきました。その新世紀ユニオンの現在の重点は「退職強要から雇用を守ること」であり、同時に「パワハラ・いじめ・セクハラ」から労働者を守ることです。

とりわけパワハラもセクハラも罰則を加える法律がありません。努力義務では抑止力がありません。副総理が「セクハラ罪という法律はない」と公然と語る中では、なかなか闘いが難しい状況がありますが、それでも我々は闘います。

暴力が刑事事件であるように、精神的暴力も犯罪だという民主的な社会にしなければなりません。その為にはパワハラやいじめ、セクハラ、マタハラと果敢に闘いを挑まねばなりません。決して泣き寝入りしてはいけないのです。
(御連絡)
11月の日曜日(日にちは未定)に定期大会を行います。その為議案の作成などで多忙となります。従いまして今月の交流会は中止と致します。#ユニオンの役割 #拠出金裁判 #「新世紀ユニオン事件」 #パワハラ #セクハラ

(株)三重銀行・社外取締役 ブラック企業の悪辣な団結権侵害を擁護?!(その2)

<地労委公益委員が利益相反行為 で違法な門前払いを画策!>
Aさんは本件審査でさんざん不審な「指導」をされ続け、公益委員である吉田すみ江弁護士が、労働委員会規則に違反し、「“調査”の再開」がありうるかの結審宣言をした事など書いた調書が(会長の向山富雄弁護士、永田事務局長ら10名の押印で)発行されるに至り、不正が行われたと疑い、Aさんは中央労働委員会に問合せし検証した。

その結果、決定書は周到に仕組まれ、罠にはめた内容であろうと判断し、Aさんは三重県労働委員会の永田事務局長へ書面で不審点を質問ないし指摘した。自身に誤認があれば反論を受けたい、また理解出来る回答があるまでは決定書の受取は保留する旨も記し、有印書面回答を求めた。

しかし同労委は、田中課長と長谷川主幹名のメールで、わざと的を外し、とにかく決定書の受取りを迫るような回答を繰返した。挙句の果てに、以後の質疑応答を一方的に拒否する旨メールを送り付け、質問書に同封した返信用封筒と切手だけを返送した。Aさんが抗議するも、事務局は約5か月間も無視を続けている。税金で運営されながら、県民を愚弄し切った姿勢だと言わざるを得ない。

特に第二回調査で(1)Aさんだけを別室待機させ、吉田すみ江公益委員が被申立人・伊藤製油だけと直接の接触したであろう事実が、庁舎内で公然と行われ、(2)吉田すみ江氏は自ら、Aさんが「一回限り、終了から1年を経過した行為」だけに審査を求めたと仕立て上げるべく書面を補正させながら(詳細は後述する)、「1年以内なら、審査出来るんですけどねぇ」と述べた。

(3)事前通知なく着任した石川秀樹・参与委員(全日本運輸産業労働組合・三重県連合会執行委員長)は、Aさんに「取り下げ」を求め、(4)石川秀樹氏は準備書面をどう読んだのか、結局読みもせず参加したので答えられない、(5)そこで長谷川裕・事務局主幹がAさんを怒鳴り付け黙らせ、追及を阻むような発言をした事は非常に醜く、委員任命また職員管理の責任者である鈴木英敬知事が聞けば、憤慨・激昂しかねない異常事態と言えよう。

この時に三重労委は、愚劣にもAさんが決定書の内容を「交付(=郵送で受取り)」以外の方法で開示する事を求めたように、またしても“仕立て上げ”、以降「本件」への質問は受け付けないとメールに記載した。Aさんは(向山富雄会長らが、前述調書に押印した事も受け)同労委での労委規則の解釈・運用など、一般事項も同時に質問している。また事務局が一向に回答しないため、決定書の交付は保留されたままで、本件は未だ三重県労働委員会に係留しており終結した事にはなり得ない。

ところで事務局はAさん宛メールに、本年2月1日「委員の指示を仰ぎながら、回答」ほか「回答にあたっては、審査委員と協議」など数回、記した。つまり、門前払いするための、全ての誤導ないし策動は、吉田すみ江氏の指示に基づくと推察するほかない。

吉田すみ江公益委員は、四日市商工会議所の会頭(株)三重銀行・社外取締役の立場にもあり、審査放棄で擁護したブラック企業・伊藤製油(株)の恥ずべき行為には、同行からの出向者・三輪秀樹氏が労組法の規定を捻じ曲げ主導した、賃金窃盗行為も含まれる。たった2名の愚行が、三重銀行の社会的信用を地に堕とす事にも、なりかねない。

つまり、吉田すみ江氏は地労委公益委員として不当労働行為を訴えたAさんの利益を図らねばならないが、同時に被申立人の伊藤製油と関係の強い三重銀行の取締役としての、相互に矛盾した利害関係にある。こうした立場の者が不当な手段で、一方に不利益を与えることを、世間では利益相反行為 (りえきそうはんこうい)という。

つまり吉田すみ江氏は三重地労委公益委員としての正当な資格があるのか疑わしいのである。こうして労働委員会が不当労働行為を見逃さない為に行われている申立書の補正ではなく、門前払いするための違法な画策がなされたと我々は見ているのである。これはまさに三重県地方労働委員会の自殺行為という他ない。(続く)#三重地労委 #公益委員 #門前払い #利益相反行為
#伊藤製油

あらゆる分野に支配の手を伸ばす、ブラック企業・伊藤製油(その4)

<嘘が蔓延る、四日市の名門(?)企業の内実・前編>
伊藤製油がブラック企業に他ならない事は、長年に渡りAさんを狂気の如く執拗に攻撃、しかし核心には頑なに触れられたくないためか、次々に汚い手を駆使し焦点を変転させ逃げ続ける事にも裏付けられる。ごく一部は簡素に書いたが、これから問題の根源:嘘が蔓延り,まかり通る「普通ではない」体質に触れた上で、個々の恥ずべき行為を具体的に(同社から出た証拠も、引用し)暴露してゆく。ただ、裁判所であれ労働委員会であれ臆面なく嘘を並べ立てる(また「裏工作」も励行する?!)愚劣な姿勢を鑑み、検査データ改竄など不正販売と隠蔽の詳細は、個別に宣伝するためブログ公開は控える事にした。

伊藤製油の隠された本質は、当時の社長,また四日市会議所の副会頭・秋田政継らブラック経営者が安心してのさばり続けたいがために、社内労組を家畜化し、労働者を奴隷と化し、また独裁支配のために部下と組織を思想調査機関の如く悪用する事に固執する異常な支配欲である。

伊藤製油は、不満・反抗分子を特定しては、不利益取扱いを威圧の手段に用い屈服また従属させ、特殊技能を持ち業績に不可欠な人材でも意に沿わぬなら排除し、企業の発展の基礎である人材の多様性を破壊し、まるで「我なき後に洪水は来たれ」と言わんばかりの姿勢は企業経営を危うくしている。

さらに悪質な点は、Aさんの上司であった国際部長・安藤隆昭が悠々自適に居座るためか、厄介な業務はAさんら下に押し付け実績は安藤の手柄とし、失敗は部下の責任に仕立て上げ、あたかも自らは勤勉かつ優秀であるかの詭弁を駆使して経営者を騙すなど、嘘がまかり通っていた事だ(同様にAさんを下請け、また踏み台のように利用していた人物は、他にもいたのだが)。

Aさんは伊藤製油の社内労組がどうにも信用ならない御用組合なので脱退を表明したところ、即座に会社へ密告され、何故か安藤から撤回しないと解雇される旨、再三脅迫された。Aさんは、組合に脱退保留を述べ一旦沈静化させたが、安藤が会社に「“説得”し“撤回”させた」と報告し、不可解にも「Aさんが、騒ぎを起こした」として不当にも賞与査定を減点された。

この時、安藤の積上げた赤字が「部の業績が悪い」と称し責任転嫁され、減額の表向き理由に使われた。また翌年度は同じ理由(安藤いわく会社が「去年の事」を引きずっている)で、昇格も凍結された。その後もAさんは、会社から見せしめの如く(就業規則に規定のない)私的制裁を受け続けた。秋田らの器量がいかに小さいか、象徴する事実の一つである。伊藤製油は自分の保身のために部下を生贄にする愚劣極まる会社なのだ。

当時同社は、設立以来2度目65年ぶりの赤字決算に陥った。安藤の赤字が少なからず影響した筈が挽回への努力は一切せず、Aさんを脅迫しては会社に「Aさんが“説得”に応じない」と嘘を報告し続ける事に、心血を注いでいだ。失態の隠蔽、また秋田らの異常な支配欲への忖度が動機だった事は、言うまでもない。

一方で経営者に別の嘘を述べ、本人曰く「息抜き」のため海外出張するも商品価格を値下げして帰国し、安からぬ旅費を会社に浪費させ、「取引先が喜ぶから」「当社の原価計算は出鱈目」など言い訳を並べては赤字を垂れ流し続けていた。この間Aさんと課長は、超円高で輸出環境が厳しい中でも鋭意、海外販売で値上げを続けた(しかし会社は頑なに、Aさんの功績は認めない)。それでも安藤の懈怠の悪影響は留まるところを知らず、Aさんは物流経費削減にまで着手した(「安藤の」実績にされたと思われるが、改竄ないし捏造が散見される乙号証に、Aさんが収益改善を「やり過ぎる位に」励行したとの課長の発言が、迂闊にも(?)残っている)。

かつて伊藤製油は海外展開加速のため安藤を東京、SK氏(=退職強要で排除された、安藤の元上司)とAさんを大阪から四日市本社へ転勤させ、またKO課長も異動させ、愚劣な安藤を長とする新・国際部を発足させた。秋田政継は、新体制が「皆の給料も、稼いでくれるようになる」と、あたかも業績が早期に顕著な向上するかの、甘すぎる期待を抱かせる発言を繰返した。

商工会議所の役員、四日市市役所からは「産業功労者賞」も受賞した人物が、4名の社員を異動させた“だけ”で、飛躍的な拡販が出来ると思い込んでいたのだ。しかし、いつまで経っても国際部が自分達の賃金を上げてくれない事に業を煮やしたのか、実務者会議資料にAさんが懈怠しているかの記載をした者がいた。

Aさんは安藤の嘘により前述の努力や実績を知らないであろう別方面から非難されるに至った。秋田も、赤字決算となり面子を潰されたのか、責任をAさんに転嫁したような発言が、本人作の書面などに顕れている。(なお市役所の授賞理由に、事実関係の怪しい部分がある。その事も、別の機会に暴露をする予定)。

ところで安藤は前会長の出身企業:某商社から中途入社したが、部下ではなかったようだ。しかし「前職が会長と同じ」という事だけをもってか、あらゆる非違が容認される事、翻って何故か、ハラスメント相談窓口役員となった森田恭行がAさんを違法行為で虐げた事を、後に裁判で、Aさん排除はユニオンの組合活動への報復であった旨など供述した谷本伸世が、Aさんに何度か「証言」した事実もあった(安藤が赤字垂れ流しの他、経費私用(飲食い)も繰返していた事は、本人の発言記録「僕“も”、随分やってたんだけど」でも確認される)。

会社の損失源となっている安藤の嘘を信じた同社は、森田が面談、秋田は地元ユニオンとの団体交渉また書面でAさんの意欲・能力・成果がいかに劣るか「新卒の新入社員程度の仕事しかしない」旨の表現で、非難した。次の社長また商工会議所の常議員・辻定昭も、裁判で徹底的にしかし何ら客観的な立証もせず、さらに本ブログまで証拠提出し、Aさんとユニオンをおとしめた。これらは恥知らずなブラック企業の常套手段である。

地労委でも、不可解にも「三重・伊藤製油(株)の不当な解雇理由について!(2017/02/02)」を提出し、既に書いたように、Aさんの勤務成績に関す記載も「当労組に、嘘を書かせた」など非難した。これは(後に詳細に論じるが)秋田と森田が、社員でも保証人でもないAさんの奥さんを強引に出頭させ、奥さんだけ監禁し、徹底的にAさんへの人格権侵害をした面談冒頭の、秋田発言に基づくのだが。また本ブログに「Aさんは伊藤製油では問題児だった」なる書込みもされた(IPアドレス保管済)。

全ては“Aさんが”嘘つきだとの趣旨であった。また森田の陳述書、そして労委の準備書面にはAさんがまるで、挨拶さえ出来ないような記載がある。「挨拶」につき、Aさんは脱退表明に脅迫された後で安藤に「上からの指示」として、「社長室へ行き、挨拶して帰宅する事」「秋田に必ず、年賀状を出す事」を求められた。つまり愚劣にも虚礼の要求を捻じ曲げ、Aさんの社会常識の欠如に仕立て上げたとのである。愚劣極まる人達と言わねばならない。

以上の不当極まる経緯、さらには社内労組のダラ幹がダメ役員の安藤を擁護するなどの裏切りが、Aさんが様々な弾圧にも屈せず闘い抜く決意の、礎である。当労組に対しブログの問い合せさえせず、まるで我々が嘘を吹聴しているように裁判と労委で非難され続けた、これはユニオンとして許しがたいことである。(続く)#伊藤製油 #責任転嫁 #会社の損失原 #ブラック企業

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード