経営者がぼろ儲けし、さらに強欲になる理由!

新聞を切り抜いていて驚きの記事を見つけた。しんぶん赤旗の4月11日の記事で「国内上位40人資産18兆円」「米紙調べ、安倍政権下で2,4倍に」という記事である。それによると「米紙フォ―ブス」が5日に発表した「日本長者番付2018」によると、日本の富裕層上位40人の資産保有総額は第2次安倍政権発足前の2012年の2,4倍になっていることが分かったというのです。

2012年と比較可能な上位40人が保有する18年の資産総額は約18,4兆円でです。12年の上位40人の資産総額は当時約7,7兆円でしたので安倍政権下で2,4倍に増やした事になります。この5年間で労働者は賃金が平均5万円ほど下がっていますから、お金持ちがスキャンダルまみれの安倍政権を支持する理由が分かります。

アベノミクスとは、莫大な国債を日銀に引き受けさせて、未来の税収まで使って公共事業をやり、年金資金を株式市場につぎ込んで株価を無理やり上昇させてお金持ちがぼろ儲けする政策のことです。表面上景気がいいように見えますが、景気のいいのはお金持ちだけです。資金をしゃぶしゃぶにして投機を煽り。物価を2%上昇させることで、庶民の預貯金を目減りさせるのですから、事実上は庶民からの収奪政策と言えます。

考えてもみて下さい、日本国の財政は多額の国債で予算規模が膨らまされています。国債とは税金の先取り請求権の事ですから、日本は子供や孫の時代の税金を先取りして消費していることになります。国債発行総額が既に1000兆円を超えているのですから、このような政策がいつまでも続くはずがありません。考えて下さい、借金でぜいたくな生活を繰り返す、そんな生活はいつか破算します。そうです日本経済は既に破綻寸前なのです。

日本の国民の預貯金が約1600兆ありますがこれが紙切れになりつつあると考えて下さい。そう考えると、日本の大金持ちの資産が5年間で2,4倍に増える仕組みが分かるはずです。大金持ちのぼろ儲けを見ていると中小経営者も強欲になり、違法行為をして儲けようと貪欲になります。これがブラック企業が増える背景です。

マタハラ事案で会社側との団交決まる!

新世紀ユニオンでは4月7日に、会社側にマタハラ事案について団体交渉を申し入れました。それに対し相手側の弁護士から4月13日に「貴殿とに間で事前折衝」の申し入れがありましたが、当ユニオンは「ボス交」「裏交渉」は労組として禁じているので、書面(FAX)での折衝をお願いしました。

相手側代理人から4月18日確認と質問の書面が届いたので、同日ユニオンより出席者の人数、「未払い賃金の考え方」等について回答を行いました。その結果以下の予定で団体交渉が決定しました。
期日 4月26日 時間午後1時~3時まで

議題 マタハラ事案の慰謝料・未払い賃金等の解決金について。

会場は今のところ未定です。交渉に参加できる組合員は委員長までメールで連絡下さい。

 この事案は、勤続11年のAさんが妊娠を上司に報告したとたん、社長のパワハラが始まり、怒鳴りつけて退職届を書けと迫り、不当なパワハラが11日間も続き、重いうつ病を発症し、早産となった事案です。Aさんのウツが重く労災の再審査請求も、弁護士との打ち合わせもできなかったため労災は却下されました。

 本事案は現状では、マタハラの被害者に対する救済の法律がなく、しかも現状の労災認定基準が会社側の嘘を丸のみして決定されるなど、救済の意味をなしていないので、今後は労組としての大衆運動で解決を目指すしかないと判断しています。(運動の期間は慰謝料の時効の10年間)しかし本人のためにも、また会社のためにも早期解決が必要と判断しました。

もちろんユニオン内には、世間でパワハラ問題が社会問題としてマスコミをにぎわせている時なので裁判で慰謝料を請求すべき、との声もありますが、Aさんのうつ病が回復しつつあるとはいえ、精神的負担の重い裁判よりも、話し合いで早期解決の方がよいと判断しました。

組合員のみなさんには、平日ですが有休をとるなりして団体交渉委員に応募ください。

上ヶ原病院についての新世紀ユニオンの立場!

私達は平成28年12月末の団体交渉で、上ヶ原病院の看護師達のパワハラの酷さについて病院側に抗議し、警鐘を鳴らしてきました。しかし病院側はパワハラがモンスター化していることへの指摘にも何ら手を打たず、いじめを放置してきました。

その後の上ヶ原病院内での「新世紀ユニオンの委員長のブログを見るな。」「書き込みをしたら検索率が上がるから書き込みもするな」「新世紀ユニオンは病院を潰そうとしている。」などと朝礼や面談で繰り返し、反ユニオンの攻撃を続けてきました。

当初、多くあつた、当ブログへの病院関係者の書き込みも次第に減少し、病院内から「上ヶ原病院は潰れた方がいい」「病院を潰して、経営者が変われば少しはましな病院になる。」との声が増えてきました。私達はこれを討議し、労働組合としては、多くの人が上ヶ原で働くことで生活を支えている以上「潰す」という方針はありえず。引き続き上ヶ原病院をまともな病院にする運動を続けてきました。

チラシ宣伝は西宮市長選があり、上ヶ原の理事長が出るかもしれないというので一時中止していましたが、兵庫・労働委員会に団交直後のAさんへのつるし上げによる、精神的暴力でAさんが重いうつ病にされ、病院を追い出された不当労働行為の救済申し立てをして、これ以上反ユニオンの不当労働行為をさせないよう闘ってきました。

こうした中で、減少していた病院内からの情報提供も回復ししつつあり、「私も辞める時にはユニオンさんに相談します」との意向伝達や書き込みも増えてきました。私達は上ヶ原病院内で組合員を増やし、無茶苦茶ないじめを辞めさせ、待遇改善をしたいと考えてきましたが、病院側管理者の面談での「Aさんとの関係はどんなや」「ブログ書き込みしてるのか?」などという圧力も激化し、ユニオンへの連絡や支持も再び減少してきました。

こうした力関係の下で、パワハラを続ければ職員がユニオンに駆け込むので、モンスター化した看護師達のパワハラが、矛先を患者さんに向ける事態が生まれた事は、我々としては非常に残念な事でした。この件については多くの方から手紙や、電話で情報を頂きました。多くの方が「上ヶ原病院をよくしたい。」と考えていることが分かり、随分励まされました。

こうした状況のなかで、病院側が病棟での患者の酸素吸入パイプの切断事件を厳しく隠蔽し、闇に葬ろうとの姿勢に、多くの病院関係者の方から「公開してほしい」との希望が届けられたので、昨日グログに掲載したものです。これは軽々に書いたのではなく、今年2月に情報提供されて以来、慎重に情報を収集・分析し、我々なりに「内部犯行に間違いない」との判断を下したものです。ハラスメントを放置すれば、病院組織も職員もダメにするというのは真理であり、公開することで事態を打破し、腐敗しきった病院の改革につなげたいと心から願っています。

何処に、顧客にいじめを繰り返す会社があるでしょうか?上ヶ原病院の経営者が診療報酬の不正請求を内部告発され、多額の返金で赤字になるや、職員の一時金を大幅に減額したように、何でも付けを職員や患者に回すことを団結して阻止し、上ヶ原病院の陰湿な体質を改革していかねばなりません。上ヶ原の職員の皆さん、新世紀ユニオンに加入して上ヶ原病院を改革しましょう。

人材の多様性を重視する経営が必要だ!

最近の労働相談で感じるのはパワハラ的経営とセットで、ゴマスリばかり経営者が求めているように思う。特に営業職に暴言を吐き、パワハラを行い、そのことがやる気を引き出すと間違って信じている経営者が多い。

実際に起きているのは、営業で功績を上げている人は、素直に社長に物申すことができる。ところが社長の方が2代目となると、自分に物申す者を煙たがり、排斥して退職に追い込む、結果売り上げが半減することになる、そんな話をよく聞く。

中には有能な営業職を次々解雇し、人材を育てるという観点がまるでない会社もある。顧客の信頼を得るにはある程度の時間が必要なのに、次々解雇して会社の信用を失い、業界に悪い噂ばかり広がる会社もある。人材を育てられない経営者はその経営資格が問われるべきである。

部下の女性社員にセクハラばかりして、仕事を妨害し、嫌われている上司が仕事で成果など挙げられるわけもない。美人の女性社員の仕事を取り上げ、自分の机の横に座らせて満足しているバカな部長もいる。日本の経営の質の低下は驚くべきで、積極的に会社のために提案する者を毛嫌いして追い出すバカな経営者もいる。今の日本の会社で起きていることが、日本政府の官僚たちの中でも起きているのである。

あらゆる組織には、人材の多様性を重視することが必要であり、その上に社員等の積極的な提案制度が生きるのであり、自分のイエスマンばかり集める経営者には、経営危機を乗り切ることなどできないであろう。イエスマンとゴマスリばかり集めて、自分をほめてくれる人材が居心地がいいのであろうが、それで会社や組織が発展することなどできない事を知るべきだ。

労働者の労働相談を受けていると、経営者の、姑息、器の小ささ、強欲、目先の判断、洞察力のなさ、等が見えてくる。自分なりの哲学や経営思想をもった経営者が減った。その結果がゴマスリを好み、イエスマンばかり集め、周りに仕事のできるプロが減り、人材の多様性が失われ、活力を失い、組織が腐っていくことになる。最近の企業家が成功するには、こうした経営者の逆をいけば成功できるであろう。人材の多様性こそ組織の発展には重要なのだ。

患者殺人事件を隠蔽した上ヶ原病院!

本年2月6日の本ブログで「上ヶ原病院で何が起きているのか?」として取り上げた続報です。この時の手紙による病院の内部情報では「去年とある事件が起こり病院の出入り口に防犯カメラが設置された、警察が一つの部屋を占拠、何やら怪しい」という病院職員からと思われる情報提供でした。

新世紀ユニオンではこれまで病院職員への情報提供を呼び掛けていましたが、寄せられた情報は、3階病棟で患者の酸素吸入チューブが切られて、患者が亡くなった「殺人事件」とするもの、また患者はなくなっていないとする「殺人未遂」とするものがあり、不確定な情報でしたので、時間をかけてさらに正確な情報を求めてきました。

最近信頼できる筋から、詳しい内部情報が寄せられました。それによると患者の吸入パイプが切られ、それによって患者が亡くなったのは事実で、担当看護師が犯罪を疑われて取り調べを受け、その看護師は弁護士と契約し防御するも、職場で疑いの目で見られ、悔しい思いをしたので辞めていった。亡くなった患者は「病死」として、病院は事件を隠蔽した、というものでした。その後も上ヶ原病院は職員達にこの事件の詳しい説明もせず隠しています。3階病棟では「こんな病院は辞めたいが、今辞めたら疑われるから辞められない」という人がたくさんいるそうです。

新世紀ユニオンでは、正看護師の資格を持っ組合員のAさんが上ヶ原病院で長年いじめられ、指導もせず、2年以上も助手の仕事をさせられ、団交後の詰所会で吊るし挙げられ、重いうつ病を発症し、病院を追い出された経緯があり、今日まで「上ヶ原病院をまともな病院にする」運動を展開してきました。特に上ヶ原病院のパワハラ看護師集団がモンスター化し、悪質ないじめを繰り返してきたこと、その矛先が患者にまで及んでいることから強い警鐘を鳴らしてきました。

病院側は、朝礼や面談で、当ユニオンの「委員長のブログを見るな」「新世紀ユニオンは病院を潰そうとしている」「ブログへの書き込みをするな」などと新世紀ユニオン批判の宣伝を繰り返してきたが、今回の事件が示すものは、誰が病院を潰そうとしているかは明らかです。上ヶ原病院は表向き患者数に対し、実際の看護師は一人で規定以上の患者数を担当させられ、その為忙しく、バイタルサインを手抜きし、「ナースコールにも出るな」と指導されています。今回の事件は、病院が看護師のハラスメントを禁止せず、それどころか放置しており、その為看護師集団のハラスメントの矛先が患者に向けられたと見るべきであろう。上ヶ原の師長達は「ヒヤリハットは辞めさせるのに便利なのよね!」と常日頃語っているほどハラスメントを人事に利用している。

西宮警察の、病院の出入り口にカメラを設置した外部犯行説に立つ捜査は、見当違いもはなはだしいと言わねばなりません。複雑な病院内部の情報がない外部者にはできる犯罪ではなく、だけが見てもハラスメント体質が生みだした内部犯行であるのは明らかです。問題は看護という弱い立場の患者の医療に携わる病院が、殺人に等しい犯行を隠蔽する体質であり、むしろこの隠蔽体質が生んだ犯罪というべきだ。

新世紀ユニオンが把握している、上ヶ原病院の数々の違法行為(1)薬事法第24条第1項違反(2)麻薬及び向精神病薬取締法違反(3)診療報酬不正請求(4)入院患者が廃棄を依頼した薬の使い回し(5)差額ベット料金の不正な患者への請求(6)労働条件の明示義務の違反(7)就業規則の周知義務の違反(8)残業代の未払い(サービス労働)、など上ヶ原病院の多くの違法行為とパワハラの酷さが示すのは、樹徳会・上ヶ原病院の経営の愚劣さと、悪評を示している。このため大江理事長は念願の西宮市長選への出馬も諦めざるを得なかった。

新世紀ユニオンでは現在、上ヶ原病院の不当労働行為で兵庫県地労委に救済を申し立てており、現在調査が進んでいます。上ヶ原病院の看護師集団のパワハラは「指導」の名で、また「ヒヤリハット」を口実として行われるなど、常軌を逸したレベルに達しています。また新世紀ユニオン潰し、排除、の攻撃も続けられてきました。現在新世紀ユニオンでは上ヶ原病院のパワハラ看護師に対する「慰謝料請求訴訟」や看護師会への「懲戒請求」を検討しています。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード