(株)ソフトハート研究所との不当解雇の裁判が始まりました!

被告会社の答弁書は嘘だらけの汚い文章を並べている。雇用時の契約書は空白の契約書に署名だけさせて、雇止め直前に空白に書き込んで偽造した。だから原告の印鑑が押されていない。原告が期限の定めの無いパート雇用と思っていたのは、被告会社がキチンと期間雇用を説明せず、雇用契約書を交付せず、しかも更新契約書も一切渡さなかったからである。個別紛争になってから原告のロッカーの中のシャチハタ印をかってに押して、更新契約書を偽造したと思われる。

この(株)ソフトハート研究所がいかがわしいのは、レジでの違算でっち上げを原告が確認したので、就業規則とレジ取扱規則の開示を求め、開示されたら団体交渉を申し込むことを明らかにしているのに、答弁書では「新世紀ユニオンが団体交渉を拒絶した」かのように嘘を書いている。原告のAさんが「今までどうり働けるようにして欲しい」との希望であったので就業規則とレジ取扱規則が開示されたら交渉で解決できる事案であった。

ところが被告が代理人も含めあまりにも詐欺的で、愚劣で、歪んだ性根の持ち主であったため、予期しない裁判となった。まさか被告企業が自分から労働審判にもち込むとは予想していなかった。普通違法企業の側が先に法的的手段を取ることはない。この企業の弁護士が「予防的労務管理」を売りにしているから、わずか月収6万8000円のパートに弁護士着手金30万円が必要になるよう追い込み、裁判を余儀なくさせたのである。これは訴訟を嫌がらせに使うに等しいことである。Aさんはこのため所有していたマンションを売却する羽目になった。

まさか被告企業に変な弁護士が付いていて、ブラック社労士のレベルで就業規則とレジ取扱規則の開示を拒否するとは予測していなかった。よほど違法行為をやっているのであろう。悪い事をしていないのであれば就業規則やレジ取扱規則を開示して困ることはないはずだ。(私が思うに被告企業は派遣業であるのに請負を偽装していた可能性がある。)ソフトハートは顧客である派遣受け入れ会社の法的責任を軽減することで業績を伸ばしてきたのではないだろうか?

被告は法的根拠(=就業規則)を開示せず、自分が法的根拠もなしに雇止めにしておいて、偽造した雇止め更新契約書を根拠にあたかも「雇止め」が正当であるかに装う。これは詐欺的と表現するしかない。しかも雇止め通知書は原告にも、ユニオンにも未だに発行されていない。必要な書面は偽造するのに、雇止め書面は発行を忘れるのだからこの弁護士はへんてこで、変わっている。被告会社は「話し合い」を求めながら、当ユニオンが就業規則とレジ取扱規則が開示されたら話し合うことを通知しているのに、とうとう開示しなかった。裁判になっても就業規則を開示しないのであるから不思議である。自分の法的根拠を開示せずに、答弁書で原告に法的根拠を質問するのであるからベルが低すぎる。

被告ソフトハートは最高裁判決まで持ち出して就業規則の開示をしなかった。ところが彼らが出してきた最高裁判決は就業規則の開示を促す判決なのである。当ユニオンは厚労省に相談し、兵庫県の労働局に電話を入れておくから相談するよう言われ、労働局と相談した。ユニオンが開示請求しても企業には開示義務がないので本人に開示請求をさせるよう、指導を受けて、本人から就業規則の開示を書面で求めた。ソフトハートはこのことを「理解出来ない」と言っていたように、彼らは就業規則の開示義務があることを理解していなかったし、今も理解していない。あまりにもおめでたいのである。当初我々はブラック社労士が指導していると勘違いした。まさか弁護士がこんなお粗末な指導をするとは思わなかった。理解出来ないのは、この弁護士が未だに「就業規則は意味がないので開示しないのが正当」と信じているらしいこといである?!。さらにこのへんてこな弁護士は裁判書面で新世紀ユニオンを盛んに攻撃している。当方はただ就業規則とレジ取扱規則の開示を求めただけなのだ。被告はユニオンと団体交渉をしたくないから就業規則などを開示しなかったのかもしれない。理解出来ない相手である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

裏に色々ありそうな事案。
まず就業規則を開示しないところからアウト。
こんな弁護士には懲戒請求がベスト。

確かに詐欺的ですね!

 就業規則とレジ取り扱い規則を開示せずに「違算」を問題にし、退職を迫る。
 法的根拠を開示せず団体交渉をせまる。契約書や更新書面を偽造する。はじめから終わりまで詐欺師の手口ですね。
 スーパー側は、その手口で派遣受け入れ会社として重宝しているのでしょうね。
 しかし新世紀ユニオン相手にそんな騙しは通じません。
 この弁護士、たしかに社労士のレベルの弁護士ですね!雇い止め通知書がないと雇い止めは成立していないのでは?
 裁判所を嫌がらせの道具に使うのは違法です。弁護士会に懲戒請求したらどうですか?

始まりましたか

徹底的に支持と応援します。
こちらも愉快な弁護士と争っていますが、お互い頑張りましょう!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード