FC2ブログ

私の健康法について!

昨年末、痛風になって非常に痛い目を経験し、組合員である保健師さんの指導(本年ニュース1月号投稿「労働者は賢く、健康的な老人を目指そう」を参照)を受けて今年1月から私は生活上で次の点に気を付けてきました。
(1)ビールはやめる。
(2)カラ揚げなど尿酸値を上げる食品はひかえる。
(3)バランスの良い食事と・よくかむこと。
(4)睡眠はきちんととる。
(5)薬はできるだけ飲まない。
(6)入浴は毎日、体を温める。
等を実践してきました。現在までに体重が7キロ以上減少し、体調も良くなりました。最近になって週に一回は5キロ~7キロ歩くようにしました。昨日は箕面にもみじ狩りもかねて森林浴に行ってきました。

最近歩くようにしたのは以前ほどではないですが、血液検査でコレステロール値と尿酸値が高かったためです。経験ではストレスが健康には一番いけないのは分かっていますが、日々ストレスの海にいるような仕事ですので最近は週末はできるだけ休養と運動に使うようにしています。

ところで箕面には30数年ぶりでしたが、今年の台風で杉の大木が数十本も谷に倒れ、遊歩道も崩れたあとがあり、大変荒れていました。人間の体もこの山のように「荒れる」のだなと感じました。

以前6歳の孫が「働く細胞」というアニメにはまっている、という話を聞いていたので、本屋で大人向けの「働く細胞」のマンガ本を買ってきて見たことも節制に役だったと思います。あと4キロはやせたいと思っています。

照明設計会社のAさんが違法解雇されました!

この事件の発端は社長の嫌がらせ、退職強要で有能な営業職3人をやめさせた、結果会社の売り上げが約9000万円低下し、その結果Aさん(女性)が退職強要を受け、今年3月ついにAさんは社長からでっち上げの解雇理由を並べられ「明日から来なくて良い」と即時解雇されました。社長のパワハラが原因で会社が傾いたのに、社長は「Aさんのせいで会社が傾いた」と責任を転化し解雇したのです。

最初Aさんは弁護士に頼りましたが、社長が激怒したので、それでいろいろと探して、Aさんは新世紀ユニオンに加入しました。団体交渉を申し入れると、会社は「即時解雇は行っていない」として団体交渉の必要はない、と交渉を拒否しました。しかしその後もAさんへの仕事の取り上げと嫌がらせは続き、「あなたが入った団体はあなたを守りません」「あなたのせいでユニオンとか弁護士が来てみんな迷惑している、業務妨害だ」「あなたは変な団体に洗能されている」として嫌がらせを続けました。

そこでユニオンの指導でAさんは残業代を請求すると、社長は残業代約75万円を支払いましたが、怒りがおさまらなくなり、他の社員にAさんの悪口を振りまきました。そこで新世紀ユニオンでは他の社員にも残業代を払うよう求め、同時に組合員への嫌がらせをやめるよう要求しました。他の社員への残業代の支払いを求めたことで、社員の多くがAさんの支持に回り、社長は慌ててAさんを26日、「解雇予告」してきたのです。

書面は「解雇予告通知」として7月26日解雇ですが、この日まで自宅待機もしくは自宅謹慎処分のように「貴殿が当社に立ちいることを禁じます。」もし出社した場合は「建造物侵入罪」「不退去罪」で警察を呼ぶ、と脅しました。社長はユニオンの組合員であるAさんと他の社員が接触するのを防ぐために、実質上26日に即時解雇したのです。Aさんが28日に出社すると会社内の私物が全て処分されていました。

社長がパワハラで有能な社員をいじめたため、多くの得意先を失い、その結果さらにAさんをいじめて辞めさせようとし、ユニオンが出てきたので不当労働行為を繰り返しているのです。社員たちはわがまま社長のせいで有能な社員が次々辞めてしまい、会社が潰れそうになっているので非常に心配しています。

社員たちは、社長に会社を良くしようと意見した人が辞めてしまい、わがまま社長の暴走を止める人がおらず困っています。この社長一度はAさんの解雇を撤回し、残業代もAさんに支払ったので、新世紀ユニオンは会社名を出さず対応していますが、2度目の解雇を撤回しない場合は会社名を公表し、宣伝活動も開始する予定です。訴訟が避けられなくなりました。

足を痛めています。

自転車どうしで衝突して足を痛め歩けなくなっています。
ここ数日痛いので寝てます。
レントゲンの結果は骨折していません。靭帯か筋肉を痛めたようです。

痛み止で少し痛みはとれてきたものの、まだユニオンの階段をのぼりおりできそうにありません。

従って、6月号ニュースの発行が遅れます。近く仕事に復帰できると思います。
みなさんにご迷惑をおかけしています。
組合員の皆さんの相談は携帯へメールへお願いします。
このブログ記事は携帯で書きました。

新年をむかえて!

新年を迎えて、今年は健康第一で無理をせず、闘っていこうと思っています。
最近特に痛感するのは、個人でできる事、新世紀ユニオンで実現できる事は限りがあるという事です。

特に、パワハラ事案や、女性問題は社会の根幹にかかわるので法律もなく、どうしても限界があります。
特に平和の問題では、世界中がきな臭くなり、経済危機と戦争の時代が目前に迫っており、時代の流れや変化の前には個人の力は限界があります。

第2次世界大戦のあとのアメリカの覇権がおぼつかなくなり、世界は米・欧州・中国・ロシア・イランなど多極化が進み、世界大戦前の前の状況に似てきています。トランプ米政権は戦争路線に回帰しつつあるように見え、世界中が戦争に向けて軍拡に狂ほんしています。

このようなときは権力は労働者の団結体である労働運動を弾圧してきます。民主主義は後退し、反動の時代に移行していきます。
労働者はますます、団結を固める必要が出てきます。格差社会の中で労働者の苦難の時代が目前に迫っています。
解雇の金銭解決や解雇の自由化が進めば新世紀ユニオンだけでなく、全国のユニオンが解散の危機を迎え、日本の労働運動はますます衰退する事になります。

困難な時代だからこそ正しい主張が出来る労組が必要だと私は考えます。新世紀ユニオンはそうありたいと考えています。みなさんのご支持・ご支援・団結が必要です。
(組合員の皆さんへの新年のご挨拶は「ニュース」のページをご覧ください)

解雇された時の注意点と、してはいけないこと!


昨日、労働相談で「即日解雇された」「理由は顧客からブッスとしている。態度が悪い。とクレームがあった。」というものです。

ところが話を聞いてみますと、社長は「自己退職にするから退職届を書け」といったが出さなかった。しかし離職票が自己退職になっていたが既にハローワークに提出したというのです。つまりこの人は自己退職を追認しており、したがって会社は解雇であるのに1カ月分の解雇予告手当を払わなくていいのです。解雇されたり自己退職にしようとしている時は、追認行為に注意が必要です。

解雇理由も明らかに違法解雇です。5年以上働いている労働者を「ブッスとしている」と言うだけで解雇は出来ません。しかし本人は既に現在他の会社で働いており、裁判をする気は無いようです。ですのでハローワークに提出した離職票を戻してもらい。労働基準監督署に解雇されたが予告手当をもらえない。と相談して予告手当をもらうように指導しました。

この相談者は、解雇された時、解雇通告書を必ず受け取ること。それを持ってユニオンに加入すれば解雇も撤回できたのです。自己退職と書かれた離職票をハローワークに提出することは自己退職を追認したことになります。離職票は本人記入欄に会社都合の解雇と記入すべきで、自己退職を追認するような離職票を出してはいけません。ユニオンに相談してから、その指示に従うようにして下さい。

運送会社で荷物の配達時に「ブッスとしている」と顧客からクレームがあったぐらいで解雇は出来ません。会社はまず接客態度について教育・指導をすべきで、この場合あきらかに違法解雇です。解雇になった時点ですぐユニオンに加入しておけば10月~15カ月分ぐらいは取れたのです。

解雇だと言われたら「認めない」ぐらいは言ってください。解雇をなぜ自己退職にするのでしょう。無知ならなおの事ユニオンに相談して行動すべきです。そしてその後のことはユニオンに加入して指示に従うようにして下さい。

このように経営者は労働者の無知につけ込み解雇予告手当さえ払わない解雇が多く行われています。無知であるなら、どうしてあらかじめ新世紀ユニオンに加入しておかないのでしょう。組合費の収入の1%を保険料と考えれば雇用を守れるのですから安いものなのです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード