米朝会談について!

朝鮮半島の38度線の対立は、地球上に残ったただ一つの冷戦構造でした。この対立関係が残存したのは、この事実上の対立を構成する中国とアメリカが、対立関係を維持することに戦略的利益を感じていたからです。

アメリカは38度線の対立によって韓国と日本に米軍を駐留させ、両国を従属国とすることができた。中国にすれば米軍と直接国境を接しない緩衝地帯として北朝鮮を位置付けていた。これが朝鮮半島に冷戦構造が残存した理由です。

これを打ち破ったのは北朝鮮の核・ミサイル開発でした。トランプ大統領は秋の中間選挙に勝利するために外交的成果が欲しいので、それを半島に求めたということです。北朝鮮は制裁を終わらせ、北朝鮮を国際社会に復帰させ経済建設を進めたい。両者の思惑が冷戦構造を終わらせることで一致したということです。

トランプ大統領は「北朝鮮への経済支援は韓国・日本・中国が行う」と言っています。つまり核放棄の見返りは他国がする、ということです。ずいぶん身勝手な話です。

しかし身勝手であっても朝鮮半島が平和になると、次の課題が在韓米軍が撤退する。在日米軍も撤退という事が孤立主義=「アメリカ第一主義」の課題になり、アジアの戦略関係が大きく変化することにつながります。特にトランプの保護貿易主義によって先進国が貿易戦争になり、世界の覇権を狙う中国やロシアの独裁国家には有利な局面が生まれます。

つまり半島の緊張緩和は、世界を次の新たな対立関係へと導くことになります。つまり半島の平和が、即世界の平和になるということではありません。米朝の共同声明がどのような内容なのか不明ですが、アメリカと北朝鮮の対立関係の解消への一歩になるのは間違いないでしょうが、まだまだ紆余曲折があるように思います。

北朝鮮のミサイル爆発は暗示的出来事だ!

21世紀に、一国の指導者が王朝のように3代続いて世襲等ということは、王制を除けば世界中で北朝鮮ぐらいだろう。
その3代目を権威付ける為の長距離ミサイルの実験だったのだが、それが失敗となると責任者は収容所送りになるのではないだろうか?

これで北朝鮮が核実験を行う可能性が強くなった。そうしないと国威の発揚と新指導者金正恩の「第一書記」就任の権威付けにならないからだ。

国民が飢えているのに何百億円もかけてミサイル実験を行う価値があるのか?と思うのだが、「強盛大国」のためには必要なのだろう???

我々には理解しがたい事だが、とにかく個人崇拝が全てのお国柄なので、権威付けが必要なのだろう。核の恫喝も運搬手段がお粗末なのが隣国には幸いなのだ。

ミサイルが爆発したので自衛隊もミサイル迎撃ミサイルが外れて恥をかかなくてよかった。日本政府もミサイルの探知はできなかったようだが、誤報するよりは良かった。

これで北朝鮮に虚仮にされたアメリカは、食糧援助を停止せざるを得なくなった。今回のミサイル騒ぎで北朝鮮に援助をすると核開発とミサイル開発に手を貸すことだと分かったはずだ。

とにかく今回のミサイルの爆発・墜落は、北朝鮮国家の近い将来を暗示する出来事だと感じたのである。

テーマ:朝鮮半島南北問題 - ジャンル:政治・経済

金正日死亡報道を見て思うこと!

金正日死亡報道を見て思うのは、アメリカなどから流される北朝鮮の混乱の可能性は低いと思う。
北朝鮮は核を保持した王朝であり、儒教思想と軍事機構、官僚機構に支えられ、報道統制されているのでこの政権は安定しており、食糧があれば当面存続する可能性が強いということだ。
中国は北朝鮮の混乱は困るし、北朝鮮がどのように問題がある政権で有ろうと、北朝鮮を引き寄せておくというのが中国外交の原則なのだ。
アメリカにすれば、北朝鮮軍の暴発の可能性を強調すれば韓国と日本に米軍を駐留させることで従属下に置いておける。
北朝鮮と韓国・日本の関係が改善するのはアメリカは困るのである。
北東アジアについては、アメリカは対立関係の現状固定化が望ましいのである。
日本は、この機会に北朝鮮の新政権に関係改善のシグナルを送るのが外交としては重要となる。この場合アメリカの意向と矛盾することもあり得るが、北朝鮮を制裁という鎖国状態から国際社会に取り込むことが必要なのであり、そのことをアメリカに説得すべきだ。アメリカは戦略転換しており、提案を受け入れるであろう。そうすれば日本は北朝鮮との戦争賠償と拉致問題を解決できるであろう。
北朝鮮との対立関係が解消されれば、在日米軍(海兵隊)も必要ではなくなる。沖縄の基地問題も解決できるであろう。
政府の機動的自主外交に期待したい。

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード