FC2ブログ

映画「記者たち 衝撃と畏怖の真実」を観て

昨日の夜梅田の「大阪ステーションシネマ」で表題の映画を観ました。
映画の原題 はSHOCK AND AWE で 2019年3月29日から劇場公開され、2017年に製作されたアメリカ映画で監督 は ロブ・ライナーである。

2002年、米・ブッシュ大統領はイラクが核兵器をはじめとする大量破壊兵器 を開発及び保持していると非難。イラク侵攻が始まろうとする中、アメリカ国内でもデマ情報で愛国心が強まっていった。こうした社会の流れに中で、地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシント ン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、その作為的情報に疑問を持ち、証拠を探り真実を暴こうと取材を続けていく記者たちの奮闘する姿を映画は描いている。

「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの姿を描いている。NY タイムズやワシントン・ポ ストなどの大手新聞社が政府の発する嘘を報道し続ける中、ナイト・リッダー社だけは信念を貫き、「それは真実なのか」と問い続ける。記者たちは大儀なき戦争を止めようと、米兵、イラク市民、家族や恋人の命を危険にさらす政府の嘘を暴こうと奮闘する。やがて記者たちは破壊兵器の証拠はなく、政府の捏造、情報操作である事を突き止めた。しかし反テロの高まる波に押され記者たちは次第に孤立していく。そして2003年、ジョージ・W・ ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由にイラクを武装解除し世界を危険から守るため、“衝撃と畏怖”という作戦名の侵略戦争を始めるのである。

この映画が描いているイラク戦争へのニセの情報による、戦争への世論動員が、今のアメリカにおけるトランプ大統領が「へイクニュース」を口癖のように使うことになるほどアメリカ国民のNY タイムズやワシントン・ポ ストなどの大手新聞社の報道への疑心を高めたのである。
アメリカは軍需産業の国であり、儲けるためには戦争を必要とするがゆえに、貿易センタービルへのテロを好機とばかり、テロ組織と関係のなかったフセイン大統領のイラクが大量破壊兵器を開発しているという嘘をでっち上げて侵略戦争を開始し、大手新聞社がその世論作りに嘘の情報を報道し続ける中で、真実を報道し続けた記者たちの姿を映画は描いている。
映画のテーマが難しい内容であるために観客がガラガラであったのが残念であった。国際情勢がきな臭さを増している時でもあり、組合員のみなさんには是非見てほしい映画である。

「マスカレード・ホテル」見ました!

昨日、妻と二人で、梅田東宝シネマズで映画を観ました。いま話題のキムタクが主演の「マスカレード・ホテル」という映画です。

連続殺人事件の犯人が起こす次の殺人の場所がマスカレード・ホテルだとわかり、このホテルでの潜入捜査での出来事を描いています。
潜入捜査の刑事とホテルのカウンターの女性がコンビを組むのですが、職業がら真逆の考え方や、接し方や、価値観の違う二人がぶつかりながら物語が進んでいくのです。様々な思惑を持つ客がいて、ホテル業の裏面が見えて、これが大変面白いのです。

敏腕刑事の「客」に対する視点と、ホテルマンの女性の「お客様」に対する視点のギャップと事件の展開。正体の全く分からない犯人。どちらもプロとしてのプライドがぶつかり合っていく中で、互いに相手の素晴らしさを認めあっていくストーリーに引き込まれました。

2時間15分ほどの映画ですが、その時間が短く感じました。私は暇があれば、読書ばかりしていますが、たまに気分転換で映画を見るのもいいと思いました。

映画「杉原千畝」を見ました!


杉原千畝(すぎはらちうね)は語学に堪能で満州国の白ロシア系住民の中に情報網を構築し、リトアニアの日本領事館代理になってからはポーランドの情報機関やユダヤ人の中に情報網を作り、貴重な欧州情報を本国に送り続けた。

当時のヨーロッパ情勢は世界大戦勃発の直前でポーランドを独ソが分割、リトアニアに大量のユダヤ人難民が流れ込んでいた。そのリトアニアもソ連に併合される直前で、各国は大使館・領事館を閉鎖していった。日本領事館も閉鎖を通告されていたが、その日本領事館に難民たちがビザを求めて押し寄せる。

千畝は本国にビザ発給を認められなかったことで悩む、そして本国の意に反してビザを発給する。領事館で、ホテルで、鉄道の駅で彼はビザを発行し続ける。こうしてシベリア鉄道でウラジオストックから敦賀へと6000人のユダヤ人たちが生き延びることができた。私が読んだ本では彼はリトアニアからプラハに移動させられ、ここでもユダヤ人のためにビザを発行する。

杉原千畝は「世界を変えたい」と言う夢を持ち続けていたという。外交官の中でも情報収集や諜報活動に従事する人を「インテリジェンス・オフィサー」と呼ぶ、英語・ロシア語・フランス語を話し、亡命ポーランド組織やユダヤ人や白ロシア亡命組織とつながる千畝を外務省は召還できなかった。

戦後彼は外務省を解任されたが、その名誉回復は1991年10月3日であった。この名誉回復は鈴木宗雄外務事務次官(現新党大地党首)が尽力し外務省に認めさせることになる。鈴木宗雄は大した政治家なのだということを指摘しなければならない。

アレキサンダー大王は「世界を一つにする」夢を持って生きた。中国の武将楽毅は「見事に生きることを」追い求め実行した。織田信長は戦乱の世を収束させることを自己の使命として生きた。杉原千畝は人を殺すことが英雄だった戦乱の時代に、人を助けることを信条として生きた。のちにイスラエル政府は杉原千畝に「諸国民の中の正義の人賞」を送り応えた。杉原千畝は今では日本のシンドラーと呼ばれ感謝と敬意をささげられている。この時の6000人の命はその子孫を数えると今日では20万人になる。

人はどんな時でも自分の夢を、信念を、使命を、忘れてはいけない、そう痛感した映画であった。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード