FC2ブログ

ノーベル賞を受賞した本庶佑さんに学ぶ!

京都大学の本庶 佑(ホンジョ・タスク)特別教授は、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった。がんの免疫治療の薬((オプジ―ボ)の開発につながる研究が評価されたものです。
彼が素晴らしいのは「6つのCが時代を変える研究には必要だ」と語っていることです。6つのCとは英語表記で好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、継続の頭文字のことです。

本庶さんは、報道陣に「基礎研究を計画的に、長期的なサポートして若い人が人生をかけて良かったなと思えるような国になることが必要ではないか」と語っています。主要先進国の中で日本だけが研究論文が大きく減少していることへの危機感が言わせた言葉だと思います。彼はまた若い人たちに「教科書を信用するな」とも語っています。既成の概念にとらわれるな、という意味であろうと思います。

自然科学の研究実践に置いても、社会を変革する実践に置いても、人々が持っていた計画や理論、構想が何の苦労もなく実現出来ない事は明らかです。何故なら客観的過程の側面や本質がまだ十分に露呈していないことや、科学的条件や、技術的条件や社会の階級矛盾の発展度合いや、様々な制約があるので、研究や社会変革には共通して本庶さんのいう「6つのC」が重要なのだということだと思います。つまり好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、継続が研究者にも階級闘争を闘う労働者にも、共通して重要なことだと思います。本庶さんはがんの免疫治療の研究に何十年もかけています。

ノーベル賞を受賞した本庶佑さんが追い求めた「6つのC」=好奇心、勇気、挑戦、確信、集中、継続は、時代を変えようと闘う労働者にも、何よりも重要なことだと言わなければなりません。労働者が企業の違法行為と継続して闘うにも勇気や挑戦や確信や集中が必要不可欠なのです。本庶さんはノーベル賞の賞金などを「若い研究者のための基金」として使うことを表明しています。「時代を変える者」はたとえ成功しても、何処までも無欲であることも学ぶべき点です。

退職に追い込まれた貴乃花の苦渋!

横綱日馬富士の暴力事件と、それをもみ消そうとした相撲協会、それに反発し警察に被害届を出した貴乃花の争いは、内閣府に提出した告発状を貴乃花が取り下げたことで解決したと思っていたら、どうやら相撲協会が貴乃花いじめを続けていたようだ。

貴乃花が弟子の暴力事件の責任を取り、告発状を取り下げ、「貴乃花一門」の名称を返上し無所属の親方として活動していたのが気に入らなかったようで、相撲協会は7月の理事会で10人ほどいた無所属の親方を5つある一門のいずれかに所属しなければならないように決めた。これは無所属親方の口封じである。貴乃花親方の受け入れ先が見つからなかったのは「告発状が事実無根」だと認めなければならず、貴乃花親方は追いつめられていたようだ。つまり「退職届」提出は「苦渋の決断」であったようだ。

最悪なのは相撲協会の対応だ。提出されたのは「引退届」であり「退職届」となっていないので受理しない、という。いじめて辞めさせようとしたのに、いざ辞めると言ううと、今度は辞めさせない。相撲協会は圧力をかけた事実は一切ない、としてこれも否定している。これだけ意地悪をされると貴乃花親方が倒れるのも無理はない。

相撲協会が貴乃花親方にやっている事は、職場でパワハラの加害者を庇う企業と全く同じ対応なのが気になる。相撲協会には悪質な労務屋弁護士でもついているかのようだ。つい最近も職場でパワハラとセクハラを告発した女性労働者が退職に追い込まれた。会社側は調査委委員会の結論として「パワハラ・セクハラはなかった」ことにした。証拠の録音を提出し、その中には女性の部下に「服を脱げ」と裸にしようとした事実も記録されていたのである。

私には、日本相撲協会が悪質なブラック企業に見える。横綱日馬富士の暴力事件の動機に横綱白鳳の八百長相撲があったのだが、相撲協会は隠蔽した。貴乃花は場所中にモンゴル人が集まり、飲み会を行うことに批判的であった。誰が見ても被害を受けた貴乃花部屋が攻撃を受け、相撲協会は取り下げた貴乃花の告発状を最後まで否定したかったのは、背景にある八百長試合を隠蔽したかったからではないかと思えてくる。
貴乃花親方の苦渋は、私にはよくわかる、私は、年に何回も同様の経験をしているからだ。貴乃花親方には、できれば裁判で相撲協会の腐敗を暴露して欲しかった。

外国人が指摘する日本の悪いところ!

最近は外国から年間約2000万人以上の観光客が来ます。これには理由があります。円が一ドル100円ほどになって、しかもデフレで日本の物価が安くなったこと。犯罪が少なく安全であること。欧米の人達は日本に「異文化」を感じること。接客サービスがいいこと、などが挙げられています。また日本には人種差別がないことも挙げられています。

ですから日本に観光に来て、日本が大好きになり、定住する外国人も少なくありません。ところが日本に住み数年経つと、ほとんどの外国人が日本を嫌いになるそうです。それは職場におけるいじめが陰湿だからです。

能力主義を入れて、日本の職場はいじめ、陰謀の職場に変わり、労使協調からパワハラ、強制労働の職場に変わりました。外国人が日本嫌いになるほどいじめが氾濫しているのです。ですから「ハラスメント防止法」を作れという声が高まります。すると経済界から「経営の支障になる」として反対されます。

「労働者を怒鳴り付け、いじめ、精神的プレッシャを与えるようにしないと働かない」というのは経団連の誤りです。労働者のやる気を引き出し、自ら働くように動機付けることが、もっとも労働者が進んで働くようになるのであり、それを理解出来ない経営者が増えていることが日本経済の低迷している理由だと私は思います。労働者の積極性を発揮させることができないバカ経営者が増えているのです。

職場のいじめは、職場の人材の多様性を失わせ、企業の活力を失わせます。このまま、ハラスメント防止法を作らないと、日本がダメになることは間違いありません。精神的暴力を野放しにしてはいけません。

志を持つ人の凄さを見た!

山口県周防大島町で3日間行方不明だった理稀(よしき)チャン(2歳)を救助した大分県日の出町の尾畠さん78歳は、山に入って30分もしないうちに理稀(よしき)チャンを見つけた。
尾畠さんは65歳になって「社会に恩返したい」とボランティアを続けてきたという。登山が趣味で毎日5キロを走り体を鍛えて、中越地震や東日本大震災や熊本地震や西日本豪雨でボランティアを続けてきたという。

「学歴もなにもない自分がここまでやってこられた。社会に恩返しがしたい。」との志を持つ人の強さは私心がないからだ。彼には大分県で2歳の子供が山の中で行方不明になり、その捜索に参加していた経験があった。その時は2歳の子供が2キロも歩いていた、という。尾畠さんは「子供は上に上に歩いていく」傾向があることを学んでいたのである。

警察官など140人が探して見つけられなかったのに、一人の高齢のボランティアが30分もたたないうちに見つけられたのは、尾畠さんが2歳の子供の傾向性を理解していたからである。多くの被災地で命の尊さを理解していたゆえに、何らの主観にとらわれることもなく山を上に上に歩き、550メートル入った沢で理稀(よしき)チャンを見つけることができたのである。

人の美しさは年齢や、富や社会的地位には関係がない。尾畠さん(78歳)の無私のこころざしを貫く生き方が美しいのである。
何事も一つの事にかける男の生きざまを、私も学ばなければならないとつくづく思う。

日本の指導者に道義が失われた事に付いて!

首相が森友問題や加計問題で政治権力を私的利用した事は明らかで、それを隠蔽するために官僚が公文書を改ざんしたり、隠したりした。永田町の安倍一極体制とはあたかも右翼翼賛体制のように誰もが首相の報復を恐れて、媚びへつらうようになった表れであろう。

しかも首相の任期を3期に延長して、腐敗した政治家が居座るようになると、国民が嫌気している指導者が引き続き首相職にのさばる事になる。この国家指導者が腐敗し、道義を失い、政治権力を私的に利用するようになると、こうした傾向が社会にも反映する。

アメリカンフットボールで反則を支持した、日本大学の学長が居座り、日本ボクシング連盟の会長まで組織を私物化する。日本のあらゆる指導者に道義が失われ、権力を私物化する様は見苦しいとしか言いようがない。
東京医大が文科省の全局長の息子を不正入学させるだけでなく、女子の得点を減点し、女子の合格率を30%に抑えていた事が発覚した。自民党の議員が「子供を作らない、つまり生産性がない」などと主張した事も同様に女性を差別する思想が根底にある。

自民党の幹部が以前から女性が子供を産みたがらない、と批判していた事と併せて考えると、自民党は少子化の原因すら理解していないように見える。女性に家事・育児・介護を押し付けて、男性労働者を長時間働かせる社会的仕組みが問題であり、また女性労働者を総合職や一般職で差別を合法化し、正社員や非正規で女性を補助的労働力と位置づける仕組みが、日本における男女差別を温存する現因なのである。

安倍首相が「女性が活躍できる社会を作る」と何回しゃべろうと口先だけであることは明らかだ。少子化の原因さえ理解していないものに、問題が解決できるわけがない。女性が働きながら子供を産み育てる環境を作らずに、少子化の原因が女性が子供を産みたがらない、と考える自民党の愚劣が、政治家から道義が失われたことと結びついているように思うのである。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード