FC2ブログ

日本の指導者に道義が失われた事に付いて!

首相が森友問題や加計問題で政治権力を私的利用した事は明らかで、それを隠蔽するために官僚が公文書を改ざんしたり、隠したりした。永田町の安倍一極体制とはあたかも右翼翼賛体制のように誰もが首相の報復を恐れて、媚びへつらうようになった表れであろう。

しかも首相の任期を3期に延長して、腐敗した政治家が居座るようになると、国民が嫌気している指導者が引き続き首相職にのさばる事になる。この国家指導者が腐敗し、道義を失い、政治権力を私的に利用するようになると、こうした傾向が社会にも反映する。

アメリカンフットボールで反則を支持した、日本大学の学長が居座り、日本ボクシング連盟の会長まで組織を私物化する。日本のあらゆる指導者に道義が失われ、権力を私物化する様は見苦しいとしか言いようがない。
東京医大が文科省の全局長の息子を不正入学させるだけでなく、女子の得点を減点し、女子の合格率を30%に抑えていた事が発覚した。自民党の議員が「子供を作らない、つまり生産性がない」などと主張した事も同様に女性を差別する思想が根底にある。

自民党の幹部が以前から女性が子供を産みたがらない、と批判していた事と併せて考えると、自民党は少子化の原因すら理解していないように見える。女性に家事・育児・介護を押し付けて、男性労働者を長時間働かせる社会的仕組みが問題であり、また女性労働者を総合職や一般職で差別を合法化し、正社員や非正規で女性を補助的労働力と位置づける仕組みが、日本における男女差別を温存する現因なのである。

安倍首相が「女性が活躍できる社会を作る」と何回しゃべろうと口先だけであることは明らかだ。少子化の原因さえ理解していないものに、問題が解決できるわけがない。女性が働きながら子供を産み育てる環境を作らずに、少子化の原因が女性が子供を産みたがらない、と考える自民党の愚劣が、政治家から道義が失われたことと結びついているように思うのである。

温暖化に付いての対策を急げ!

殺人的な暑さが続いています。世界中で大洪水が起きて多くの人が亡くなっています。シベリアの凍土が急速に溶けて、メタンガスが大量に出ています。このメタンガスは地球をさらに温暖化させます。各地の氷河が急速に溶けています。北極と南極の氷も解けています。台風が巨大化し、爆弾低気圧も竜巻も珍しくなくなった。異常気象は温暖化のせいです。

地球の温暖化に拍車がかかっているように思います。日本は原発を停止しているため、天然ガスの火力発電に加え、石炭火力発電所を35基も作る計画ですが、これは止めた方がいいと思います。日本は火山が多いので地熱発電と小型の水力発電を増やした方がいいのではと思います。温暖化ガスを大量に出している国はアメリカと中国とインドです。この3国が本気で温暖化ガスを減らさないと地球が危ないのです。

残念なことですが日本政府はこの温暖化ガスを減らすことに極めて消極的です。原発は止めても動かしても危険です。早急に安全措置を万全にすべきです。止めても動かしても危険なら温暖化ガスは出ないのですから、動かして、その分火力発電をやめるべきです。原発を安全措置を万全にして活用した方がいいのではないか?と思います。大洪水で世界中で何千人と死んでいるのです。

残念ながらアメリカの「アメリカ第一主義」のおけげで国連は全く役に立たないどころか、アメリカ等が分担金を支払わない為「倒産」もありえる事態です。国連が温暖化阻止で役割を果たすべきなのに、何もできない事態が生まれています。日本政府が温暖化阻止で世界をリードすべきで、日本の省エネ技術が役に立つ時を迎えているのに、政府の無策は残念なことです。

本日、関西学院大学に団体交渉を申し入れました!

2018年7月18日
西宮市上ヶ原一番町1-155
関西学院大学
学長 村田 治 殿

大阪市福島区鷺洲3丁目9番13号
新世紀ユニオン
執行委員長 角野 守

団体交渉の申し入れ(2回目)

(1)日時 8月2日午後1時~3時、もしくは
        8月3日午後2時~4時までのいずれか。

(2)場所 貴大学会議室もしくは貴大学が用意する場所

(3)議題 貴大学の金明秀教授の暴力事件と貴大学の管理責任、
      およびそれに付随する再発防止措置等。

(4)参加者 貴大学の責任権限を有するもの、並びに事件の詳細を知る人事部小橋人事課長・社会学部弓山事務長の出席を希望。

(5)当ユニオン側出席者は団体交渉の日時が決まり次第組合員より募集するがおおむね7人前後。

前回の団体交渉申し入れを「日程の調整が付かない」と否定しながら、こちらの出方を探る質問をするなどし、また大学側の調整の付く日を提示せず、複数の日時を当方に提示するよう求めるなど貴大学の対応は姑息に過ぎる。
貴大学の金明秀教授の暴力事件という重大極まる議題以外にどのような重大な日程上の都合があるのか当方には分からないが、誠実に対応された方が貴大学にもいいと判断します。
当方は一回目の団体交渉申し入れ時から「事件の詳細を知る人事部小橋人事課長・社会学部弓山事務長」の存在を指摘しています。今更知らないふりはやめて頂きたい。1週間以内に有印の書面で回答を頂きたい。
回答先 新世紀ユニオンFAX 06-6452-5677

暴力事件に関する関西学院大の不可思議な対応!

新世紀ユニオンでは7月9日付けで関西学院大に内容証明郵便で団体交渉を申し入れました。その内容は以下の通りです。

貴大学教員であり、当ユニオンの組合員であるA教授に対する金明秀教授の暴力事件とその後の蒸し返し等に関する貴大学の対応に付いて以下の通り団体交渉を申入れます。

団体交渉申入書
1、日時 7月30日(月)午後1時~3時
2、場所 貴大学会議室もしくは貴大学が用意する会場、もしくは当ユニオン事務所のいずれか。
3、議題 金明秀教授の暴力事件に関する貴大学の管理責任、その他。
4、参加者 貴大学の責任権限ある者並びに事件の詳細を知る人事部小橋人事課長・社会学部弓山事務長の出席希望。
当ユニオン出席者は団交応諾確認後募集します。約5名前後を予定。
以上に付いて、回答を当書面送達後一週間以内に書面にてお願いします。

このように、事件の詳細を知る人物の名も2名記してあるのに、関西学院大側の回答書は(1)議題の「その他」とは何か(2)管理責任という内容に付いて貴組合の要求事項を示せ(3)「蒸し返し」とは具体的に何を指すのか?と聞いてきました。言わば「とぼけ戦術」です。
関西学院大の回答はその上で30日は「調整が困難」だから「いくつか候補日をあげて頂きたい」というもので、しかも印かんもない書面でした。

普通団交で提示した期日がダメな場合、変更する日時を相手側が提示するものですが、こちらに候補日を提示させるというのは大変失礼な対応です。

金明秀教授は暴力教授で有名な男で、被害者のA教授は13回も顔や喉を殴られ声帯を潰されるなど大けがをしました。警察に被害届を出しましたが警察が和解するよう促したので双方の弁護士の間で和解が成立していました。金明秀教授の代理人弁護士はこの暴力を明確に謝罪しています。ところが金明秀教授は和解条項に違反するように、学内でA教授への暴力を否定する言動を振りまき、A教授に精神的苦痛を与え続けています。これらの事は人事部小橋人事課長・社会学部弓山事務長に報告しています。しかし彼らは何もしませんでした。

重大な事は、金明秀教授が他にも暴力行為を行っていることです。関西学院大側がこうした金明秀教授の暴力事件とその否定を見て見ぬ振りをし、とぼけて団体交渉を逃れようと画策していることです。なぜ関西学院大が金明秀教授を庇い、暴力に対し管理者としてキチンと処分しないのかは不明です。

労働契約法第5条は労働者への安全配慮義務を定めています。金明秀教授に暴力を振るわれ、一度は解決金を加害者が払うことで和解したのに、金明秀教授が暴力を否定する発言をしている事を大学側が容認していること、このような管理責任の無い、文字通り無責任が。金明秀教授の暴力を繰り返させる原因ではないかと思われます。管理責任とは安全配慮義務であり、暴力事件を引き起こしている教授に対する大学の管理責任が問われています。暴力事件の被害者が複数に達している事を関西学院大は知っているのに知らない振りをしています。

関西学院大学は、日大のフットボール部のルール違反に対し、厳しく追求の立場をとっていますが、自大学の暴力教授には極めて不明瞭な「見て見ぬ振り」をしています。これを追求しょうとする新世紀ユニオンの団体交渉申し入れにも、誠実に対応していません。遺憾という他ありません。
我々は暴力事件の隠蔽を絶対に許さない。
今後この事案については、本ブログで適時に事件の詳細を明らかにする予定である。

本日、**大学へ団体交渉を申し入れました!

本日、**大学へ内容証明郵便で団体交渉を申し入れました。本事案は***教授の暴力事件と、和解後の、加害者の蒸し返しに関する**大学の管理責任等を議題に近く交渉を行いますので組合員・サポーターのみなさんに周知いたします。

この事案は暴力教授で有名な韓国人教授に、当ユニオンの組合員のA先生が13回も殴られ、声帯が破損するほどの喉への殴打を受け、被害届を出すも警察のすすめもあって双方の弁護士が慰謝料として約115万円で和解(和解調書あり)が成立した経緯がある。

しかしその後***暴力教授がA先生に付いて、あろうことか「殴られてもいないのに、殴られたと嘘を付いている」などと被害者のA先生を中傷するデマを学内に振りまくなどし、また、なぜか?**大学がこの暴力教授に対し管理責任を果たさず、処分もせず、(この場合の処分は重大な暴力事件であるため罪と罰のバランスが取れていなければならない)再発防止策も取っていないことから、団体交渉を申し入れることになりました。

この韓国人教授は暴力行為で有名な大男で、分かっているだけで*名の人が暴行され負傷している。しかし**大学は何故かこれらの暴力事件を見て見ぬ振りをし、パワハラの窓口に訴えてもなんらの処分もした形跡がない。

ふつう会社員が暴力事件を起こし警察に告訴されたら懲戒解雇される。しかしこの大学はこの暴力教授が怖いので被害者が訴えても調査委員会を動かすことも、再発防止策をとることもできない。アメリカンフットボールの事件では被害者側大学としてマスコミにいいかっこをしているが、中身は日本大学と同じなのである。

新世紀ユニオンはこの事件の前からサポーター組合員であり、その後組合員になったA先生への悪質な暴力事件でもあり、また**大学が当事者能力を喪失して暴力教授を放任していること、またこの暴力教授が何らの反省もしていないこともあり、大学側に管理者責任を問い、再発防止策などを交渉したいと考えています。

大学側は、学外での暴力だとして知らぬ振りをしているが、アメリカンフットボールの事件は学外での事だ。大学側から新世紀ユニオンに回答があり、交渉日時が決まり次第、団体交渉の「交渉委員」を募集します。この募集に当たっては組合員の中の大学職員及び研究者の参加を優先することになります。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード