FC2ブログ

郵便局のパワハラについて!

朝日新聞の報道で、日本郵便の内部通報窓口が2018年4月~12月に受けたパワハラ関連の通報のうち、調査した案件がわずか1割強であったという。パワハラは同社のかんぽ生命の不正販売を助長した一因とみられているが、内部通報制度が十分機能していないことを同紙は指摘している。

日本郵便の資料では社員の通報内容は*「いうことを聞かないと他局に飛ばすぞ」*夜9時半まで電話させ、アポが取れるまで帰さない。*「人として屑」「給料泥棒」などの発言。*社員が見ている場で怒鳴りながら後ろから足蹴り。等のパワハラがあった。

実は私も、新世紀ユニオンの近くにある福島郵便局で20年近くも嫌がらせを受け続けてきた。きっかけはユニオン結成時に振込口座を開いた時だった。郵便番号簿をもらえないか窓口で尋ねると、「ない」という返事であったので、フロアの片隅にあった局長への投書箱に、そのことを書いて郵便番号簿が欲しいことを知らせた。するとその日のうちに郵便局員がユニオンまで郵便番号簿を届けてきた。

その時はありがたかったのだが、ほどなく仕返しが始まった。内容証明郵便を出しに窓口に提出すると必ず1時間待たされるようになった。お客がいないのに内容証明を読まないで放置しておくのだ。内容証明郵便は2人の局員が目を通すことになっているが、それを嫌がらせに利用してきた。

振込口座のお金を引き出そうとすると身分証明書を出せというので住基カードを見せると、「住基カードは証明にはならない、健康保険証を出せ」という。いつも窓口でトラブルが続くようになった。また、身分証明でマイ番号カードを見せてもおろさせないこともあった。お金を振り込み口座から引き出そうとすると、私の番が来たら、突然3つある窓口が客を呼ばなくなる。待合室の椅子いっぱいに客がたまって来ても窓口はサボり続け、30分以上も一人も呼ばない。頭にきて大声で怒鳴りつけたら局員全員が突然仕事を始めるというようなこともあった。こんな嫌がらせのサボタージュがもう20年近くも続いている。

最近では内容証明郵便は組合員に別の郵便局まで出しに行ってもらうようにしている。たまに行けないという人の場合は、今でも窓口で1時間ぐらい待たされる。局員が他の局員に耳打ちして待たせるのだから、意識的・組織的にやっているのである。他の郵便局で内容証明郵便を出した場合は15分で出せたという。また内容証明郵便の枠外に「日本郵便」と印刷してあるのを「切ってください」とはさみで切らされたこともある。

新世紀ユニオンの振込番号の下2桁は49になっている。これも当時から嫌がらせだと思ってきた。郵便局は民営化されたといってもいまだに御上意識が抜けず。嫌がらせでお客さんを待たせるようなことを続けている。

これでは職員に対するパワハラもなくなりはしないし、パワハラの訴えも、調査もしないこともありうることだし、お客さんをだまして違法な簡保の契約を取り続けるのもうなずける。民営化したなら「お客様は神様」だという意識を持ってもらいたい。民営化したらサービスが逆に悪くなったのが実際ではないか?お客に20年間も嫌がらせを続ける福島郵便局は反省してもらいたい。
新世紀ユニオン新ホームページ

ニュースで見えてくるもの!

<言論の自由が社会の安全のためには大切!>


中国のコロナウイルスの拡散が教えているのは言論の自由がいかに重要かということです。若い医師が早期にコロナウイルスの肺炎に気づいて警告していたのを、政府がデマを振りまいたとして処分したことが、武漢などの現在の事態を招きました。

<日本の検疫体制のお粗末さ>


コロナウイルスは、日本の検疫体制のお粗末さを暴露しています。島国ゆえの油断が見えてきます。大型クルーズ船の検疫で検疫官が感染するというお粗末さです。観光立国で年間3000万人以上が日本に来るのに、検疫体制はお粗末なままです。

<反日をいつまで政治の道具にするのか?>


韓国のGSOМIA廃棄の動きが青瓦台で出てきています。4月の韓国の総選挙に向けて反日感情を煽れば与党が勝つのです。反日カードは徴用工判決で差し押さえた日本企業の資産売却とGSOМIAです。資産売却は日本政府の新たな制裁が発動されるので、挑発にはもってこいです。GSOМIA廃棄は北朝鮮との南北対話のためには必要なのでしょう。しかしアメリカが激怒するのは確実です。韓国は国内の選挙のために戦略関係さえ無視するのでしょうか?

<最近地震が多い、東京直下型大地震が心配です。>


昨日2つの地震が連続して起きています。東京直下型大地震だけでなく東南海大地震が起きるのではないかと心配になります。とりわけプレート型大地震への政府の備えは大丈夫なのでしょうか?

<政治の腐敗がひどい中で危機管理は大丈夫なのか?>


森友・家計問題、桜を見る会、IR汚職、次から次に出てくる政治の腐敗。しかも安倍政権の大臣は2人は失脚、もう一人は満足に答弁もできない体たらく。国家財産を私物化することしか考えていない政権で危機管理ができるのだろうか?
新世紀ユニオン新ホームページ
♯言論の自由 ♯検疫体制 ♯反日カード ♯大地震 ♯政治の腐敗

新型コロナウイルスに神経質になりすぎ!

コロナウイルスの死者が908人となり感染者は世界で4万500人になりました。重症者の数は6484人です。そのほとんどが中国です。

日本では感染は大騒ぎするほどではありません。しかしそれでもマスクが売り切れるなどで、街中でもマスク姿ばかりです。大阪では感染者は一人なのに大騒ぎしすぎです。

マスクと手洗いのせいでか?今年はインフルエンザの患者まで減っているそうです。しかしマスクの買い占めはいけません。本当に必要な数だけ買うようにしましょう。

中国では休みの期間が終わり、明日から会社が業務を再開します。これからが封じ込めに重要な時期になります。とりわけ武漢のある湖北省では医療体制が十分でないので死者が一日で91人も増えています。
新型コロナウイルスを封じ込めないと景気に悪い影響が出ますし、東京オリンピックにも差しさわりが出るかもしれません。

新型コロナウイルスはインフルエンザほど感染力が強くありません。手洗いとマスクで十分防げます。中国で死者が多いのは患者の数が多く、満足に治療が受けられないことが原因です。海外での死者が少ないことでもわかるように医療体制が十分であれば大事には至らないということです。あまり神経質にならずに「武漢加油」(武漢頑張れ)です。

しかし中国政府には初期の封じ込めを怠り、隠ぺいでコロナウイルスを拡散したことは反省してもらわなければなりません。
新世紀ユニオン新ホームページ

人間の正しい思想は実践の中からのみ生まれる

人間正しい思想はただ社会的実践の中からのみ生まれる。社会的実践とは生産闘争・階級闘争・科学実験という3つの実践を指す。

人間の社会的存在は人間の思想を決定する。労働者の労働の成果を搾取する経営者は、いかに人のものを奪うかに関心を寄せる。残業代を払わず、有休取得権を奪う。インターネットの不正アクセスで技術を奪うことをすら平気で行うようになる。人をだまし、陥れるブラック企業は増えるばかりだ。

違法解雇を正当化するために裁判で平気で証拠を捏造し、相手の弁護士を買収し、真実さえも金で歪められると考えている。それが資本家階級である。階級闘争は支配階級の一方的攻撃で労働者は生きるための最低限の闘いに追い詰められている。

日本における生産闘争は、生産性を上げるために科学技術の発展を生産に応用するのだが、日本では安上がりな労働力のために、外国に生産拠点を移し、外国人を雇用し、労働者の賃下げに努力する。これでは利潤は一時的に増えても、生産性は上がるわけがない。

科学実験はどうか?若い研究者たちは先輩にアイデアを奪われ、研究を奪われ、パワハラやセクハラで駆逐される。日本に置ける科学研究分野はその実践において、正しい思想を生むことが不可能な状態になっているではないのか。

つまり日本はその社会的実践において、人間の正しい思想を生み出せない歪んだ社会になりつつあることを指摘しなければならない。ノーベル賞受賞者がいるとはいえ、それは一昔前の研究成果に過ぎない。

職場での不当な扱いに労働者が闘う姿は美しい、科学実験に熱中する研究者の姿も美しい。生産の向上のために闘う生産者の姿も美しい。だがそれらの人たちの努力が踏みにじられる社会になっている現実が痛ましい。正しい実践者の努力が報われ、正しい思想が新しいし真理を生み、新しい道を切り開く、そのような社会にしなければ、今のままではこの社会は腐敗し、後退し、縮小し、格差を拡大していくほかないであろう。

階級社会においては、矛盾の解決は労働運動(=階級闘争)・科学実験・生産闘争によって、つまり闘うことによってしか解決できないのである。闘いから逃げてはいけない。泣き寝入りでは何も解決しないのである。人は闘うことで強くなり成長できるのだと思う。このような歪んだ社会では闘いに生きがいを見出すほか正義を貫く道はないのだ!
♯社会的実践 ♯階級闘争 ♯科学実験 ♯生産闘争

大阪市の窓口でパソナ契約社員が公金着服!

新聞切り抜きをしていて、「しんぶん赤旗」の記事で、大阪の窓口業務で大手人材派遣会社パソナの契約社員が、八尾市で徴収した住民票などの証明書発行手数料を約1400万円公金着服していた事件が起きたとういう。同紙によれば大阪市の大正区役所でもパソナ契約社員が窓口で公金を着服した事件があり、その社員の着服は17年度246万円、18年度735万円と年年増大していたという。

公共サービスの民間委託は、総務省が「民間事業者の創意工夫を活用する」との名目で全国に拡大しており、それに伴い公金着服が蔓延(まんえん)していることが明らかになった。市民の現金を扱う市の窓口に派遣社員を使うことが、金着服のまんえんを引き起こしているのである。

大阪府・大阪市の行政を「維新」が握ってから行政は腐敗が進んでいるように見える。大阪都構想も住民投票で否定されたのに、再び投票をするとの動きもある。大阪都構想は合理的なように宣伝されているが、税収の多い大阪市の税金を他の市の箱モノをつくるために使う狙いがある。東京市の市民も、自分たちの税金を都になってから周辺部に使われることになった。

カジノの構想も、アメリカのラスベガスの業者をもうけさせることで、自分たちの利権にしようとの政治家の狙いがある。地下鉄の民営化も新たな利権をつくる狙いがある。維新の「改革」とは、利権の再配分に過ぎないと言わざるを得ない。

窓口業務まで民営化して安上がりな労働力に委託すれば、公金着服で逆に高いものになるいい例だ。公務員の賃金に比べて同じ仕事をしても派遣社員は賃金が安い、そこに公金着服が起きる原因がある。安上がりな労働力は教育も行われておらず、どうしても労働の質が低下する。民間委託で儲かるのは派遣業のパソナだけで、ツケは市民に回されることになる。派遣会社のパソナは悪名高い竹中平蔵が取締役会長をしている会社だ。

利権屋の「維新」がなぜ大阪で人気があるのか理解出来ない。たぶんそれまでの自民党政治が悪すぎたことと、「維新」の本質を自民党など野党が暴露できていないせいだと思う。私は市制に介入する気もない、ただしきれい事を並べて市民を騙すやり方は気にくわない、特に民間委託は日本社会の劣悪化を促しているという点、非正規化を促しているという点で支持できない。大阪にカジノをつくることも反対だ。悪政で大阪の街が劣悪化するのを見るのは忍びがたいだけだ。
「維新」にはカジノと民営化と民間委託をやめてもらいたい。そうしないと必ず府民・市民の反撃を受けるであろう。
#民間委託 #公金着服 #維新 #利権の再分配
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード