高校の歴史教育での英雄排除は間違い!

高校の歴史の授業が年代等の暗記中心になっているとして、高校と大学の教員で作る「高大連携歴史研究会」が知識を入試で問う用語を3500語程度から半分にすべきだとして、「クレオパトラ」「ガリレオ・ガリレイ」「武田信玄」「上杉謙信」「吉田松陰」「坂本竜馬」「桶狭間の闘い」等は「実際の歴史上の役割や意味が大きくない」などとして削ったことに批判が高まっている。

日本の歴史教育が年代等の暗記になっている点は確かに間違いである。日本の歴史を(1)奴隷制の大王としての天皇の支配、(奈良時代)(2)武士階級の権力としての鎌倉時代(3)天皇権力の復権を目指した南北朝時代 (3)室町幕府とその瓦解(応仁の乱)と新たな武将の勝ち抜き戦としての戦国時代 (4)完全な封建制(身分制度)の確立としての江戸時代 (5)ブルジョア革命としての明治維新 (6)近代日本の富国強兵政策と軍国主義(7)第2次大戦の敗戦と民主主義日本というふうに日本の歴史を階級闘争の歴史としてきちんと教える方がいい。

奴隷制社会・武士階級の台頭と幕府・天皇政権力の巻き返し・2重権力状態・戦国時代と封建制の完成・明治維新と軍国主義・敗戦と「戦後改革」民主的日本、という階級闘争の歴史として、その流れの中で歴史上の英雄を教えることは重要だ。同研究会はまるで日本の歴史で大きな革命的役割を果たした人物を消し去ろうとしているかに見える。

歴史的に奴隷制度が近代まで続いた韓国では歴史上の英雄が少ないのは、社会革命が行われなかった結果であり、日本は中国と同じで階級闘争が次々と闘われた数少ない国であるから、革命的人物も豊富なのである。たんに年代の暗記だけの面白くない歴史教育が間違いなのであり、歴史上の英雄を消し去る間違いは明らかだ。重要な事は奴隷主・武士権力の誕生・2重権力状態・戦国時代・封建制の確立・明治維新・軍国主義・民主的日本という時代の発展を、英雄の果たした役割とともに教えることが必要なのである。
ゆえに私は「吉田松陰」「坂本竜馬」などの英雄の歴史教科書からの削除に反対である。

昨日の甲南大学の和解は成立しませんでした!

組合員・サポーター、支持者の皆さんへの御報告。
昨日、甲南大学の慰謝料請求のパワハラ事案、裁判官が和解案の書面を提起し和解がまとまるかと思っていましたが。韓国語のK教授がパワハラを否定し和解は成立しませんでした。

大学の調査委員会の調査報告書が裁判で開示され、パワハラを認め、また証人も2名陳述書を出しているのに、一人K教授が頑迷に否定しているため、判決・控訴の可能性も濃厚になってきました。

裁判官の提起した和解案は公平と思われる内容で、当方は双方が歩み寄れば和解が成立すると見ていましたが、韓国人のパワハラに対する認識が日本人とは違うようです。韓国では教授の下の先生たちは奴隷のように扱われるのが普通だそうですが、日本では非常勤講師であっても教育者としての独立した人権が認められています。

この上は証人を増やし、判決で勝訴し、その上で甲南大学のパワハラ体質を非難するチラシを大々的に配布する方向で考えていますので、みなさんのチラシ配布への御協力をお願いします。

当初ユニオンでは、裁判官がわざわざ和解提案書面を作成しての和解提案でしたので、和解を決断し、その後ユニオンから甲南大学に「再発防止措置」で交渉を申入れ、合意ができたらユニオンのブログの関連記事を全て削除し、闘争の最終的終息を図る計画でしたが、頑迷なK教授と軟弱で主体性の無い甲南大学側の態度で解決が難しくなりました。

広範なチラシ宣伝は大学側の評判を悪化させる可能性があり、当方は争議宣伝を控えていましたが、司法判断(=判決)が出た時点で大宣伝を行い、世論の力で甲南大学とK教授に反省を迫るほか選択肢がなくなりましたのでご報告いたします。甲南大学側との和解はなくなりました、したがって早期解決は難しくなりました。
組合員・サポーターの関心の高い事案であるのでここにご報告します。

大学で理不尽なパワハラにあっている先生方へ!

新世紀ユニオンの無料労働相談で大学の先生たちからの相談が増えています。アカデミック・ハラスメントにはいくつか種類があります。それは以下のようなものです。

(1)学生達を使いパワハラの訴えを投書させ、処分騒ぎで退職に追いつめる。これはその先生の年棒の残りを大学の裏金として確保する大学側の経済的狙いが隠されています。

(2)多額の科研費を獲得した先生を大学に呼び寄せ、大学ぐるみでよってたかって研究費を奪いとり、倫理審査を通さないようにして研究を潰し、研究を奪い取ったうえで雇止めする。

(3)教授が自分のライバルとなり得る先生を、学生を使い嘘のパワハラをでっち上げ、大学側に処分させ、研究を奪う。

(1)と(2)は大学ぐるみで行われるのが普通です。アカハラの特徴はモンスター学生を使うのが特徴で、女子学生に授業中にセクハラ発言をでっち上げられ退職に追いつめられた先生もいます。

こうした攻撃から身を守るには日頃から証拠を残すことが重要です。授業を全て録音しPCに保存する。授業の後で学生に感想文を書いてもらい保存しておく。この感想文には名前を書いてもいいし、書かなくてもいいとすること。成績の対象にはしないことを説明しておくこと。

こうした証拠が有れば、後は有印の書面ででっち上げの処分騒ぎに抗議しておくこと。学内にパワハラ等の相談窓口が有れば有印の書面(コピーを残す)で訴えておくことが重要です。(後で調査報告書の開示を求める)大学の処分騒ぎで大切なのは学生の訴えの内容が開示されているか?ということです。開示されていないと弁明できません。ですから開示を書面で求めて下さい。嫌がらせで辞めさせようとするときはわざと理不尽な手法をとり、精神的拷問のように大勢で深夜まで追求してきます。したがってこうした面談は必ず録音を残すようにして下さい。

証拠が取れたら、新世紀ユニオンに加入すれば雇用を守る闘いを指導します。加入せず相談を何回もして来る方がいます。しかし「共謀罪」が施行されているので、また弁護士法違反になるので、新世紀ユニオンに加入して貰わないと指導することができませんのでご了解ください。闘い方にはユニオンの名前で抗議し、ブログにパワハラを暴露して加害者に恥を書かせる方法もあれば、ユニオンの名前を出さず、本人名で闘うこともできます。

リストラやパワハラの闘い方は経営側がブラック弁護士と相談して進めてくるので、闘い方が専門化しており、とても素人が太刀打ちできるものではありません。新世紀ユニオンは大学のパワハラとたくさん闘ってきた経験があります。信頼して加入して下さい。

甲南大学事件、原告側の陳述書を提出しました!

 被告の甲南大学側はキャンパスハラスメントを認めているが、しかしハラスメント調査委員会の「調査報告書」を開示していない。現在原告は文書提出命令書を裁判所に提出しているが、甲南大学はキム教授側が判決まで争うなら提出する旨表明している。つまり和解(=金銭解決)なら開示しないということである。

 これに対し韓国語のキム教授側はハラスメントをいずれも否認し、全面的に争う構えであるが、その根拠は労働契約下にあるのだからキム教授の指揮命令を聞くのは当然で、不法行為はなかった、韓国語を朝鮮語と言った事を理由にして「10分ぐらい怒鳴り続けた」ことも否定している。原告を非難するメールを他の先生たちに送付したことも「業務上の必要性が認められる」と正当化している。

 今回陳述書を提出した証人のB先生は、パワハラは甲南大学のためにもなくさなければならないと証人に立つ決意をした勇気ある女性の先生である。この陳述書はキャンパスハラスメントを全面否定しているキム教授の主張を打ち砕く決定的内容で、その赤裸々な陳述書が示しているのは甲南大学が加害者のキム教授を擁護してきた姿勢の誤りを明らかにする内容でもある。

 例えばキム教授が、多くの先生が「過去に辞めていったこと」忠実でないなら「辞める勇気を持たなければならない」という趣旨の発言をしたこと。各非常勤講師が模擬授業をすると、キム教授のコメントは授業内容とは関係の無いもので、大勢の前で教師の癖を指摘して恥をかかせるようなものであったこと。キム教授の言動が高慢で、とても威圧的で有ったこと、突然マーカーを放り投げるなどするので、キム教授と働く多くの非常勤講師が「多大な恐怖心を抱いていた」こと。

 この勇気ある証人の登場で長年非常勤講師にパワハラを繰り返してきたキム教授が敗訴することは決定的となった。原告のAさんは判決を望んでいるので、解決金が高額なものでない限り、裁判官が考えている和解が成立する可能性はなくなった。

 新世紀ユニオンは、この裁判終了後甲南大学にキャンパスハラスメントの防止策について団体交渉を申し入れる予定である。甲南大学がこの交渉に応じ、ハラスメントの再発防止策に協力すればこのブログの甲南大学関連の記事を削除する予定である。この団体交渉は証人のB先生(女性)の安全確保をも目的にしている。大学がこの団体交渉を拒否すれば第2、第3の訴訟を闘うことになり、甲南大学関連のブログも残る事になるであろう。以上組合員サポターの皆さんへの御報告です。

甲南大学のパワハラ裁判で裁判官が和解を打診しました!

忙しくて報告が遅れました。2月24日の裁判で裁判官から和解の提案がありました。
裁判官の和解の提案はそれぞれ被告と原告に個別に打診があったということです。訴状の提出が8月30日ですから極めて早い展開です。

甲南大学は裁判官に「新世紀ユニオンが委員長のブログに書くから裁判書面は提出しない」と表明したぐらい早く終わらせたいようです。大学はパワハラについても管理責任についても認めているので和解で裁判を終わられたい意向のようです。できれば原告が求めている「調査報告書」も開示したくないのでしょう。

キム被告側の主張は、教授と非常勤講師の関係を労働契約に基づく業務上の指揮命令権として捉えており、パワハラも業務命令で正当化するか、否定している。原告の、非常勤講師と言えども独立した教育者であり、教育権があるし、人格権を侵害するハラスメントは指導ではない、パワハラである。との考えと真っ向から対立している。韓国で有れば非常勤講師は教授の奴隷のようであるらしいが、日本ではキム教授(韓国語)の考えは通用しない。

したがってキム教授側の和解についての考えは分かりません。おそらく次回裁判期日3月24日には和解に応じることが表明されるかも知れません。なぜなら、24日の裁判で原告は証人がいるので陳述書を提出する旨表明しているので、おそらく被告のキム教授側も観念する可能性が強い。パワハラを否定しても証人がいれば「万事窮す」なのである。

ふつう裁判官が和解を打診する時は、事案の性質・本質が理解できたということです。したがって被告のキム教授側が全面否定で争っても勝ち目はなく、和解に応じるほかないと思われます。問題は和解内容(金銭解決の金額)であるが、この点は次回裁判で具体的になるかもしれません。裁判の和解では全てを「解決金」で解決します。

しかし新世紀ユニオンとしては、いかなる和解になるにせよ、また判決まで行くにせよ、ハラスメントの再発防止策を確立することが重要であり、甲南大学のパワハラ体質を一掃するため、和解成立後もしくは判決後に甲南大学に団体交渉を申し入れる考えです。相手が応じないときはブログの記事はこのまま残ることになるし、甲南大学がキャンパス・ハラスメントの再発防止について、当ユニオンと真摯に協議し、効果ある再発防止策で合意できれば、当ユニオンは甲南大学の関係するブログ記事の削除を行う考えです。甲南大学が新世紀ユニオンとの団体交渉に応じない可能性もあります。その時はパワハラの再発は避けられず。第2第3のパワハラ裁判を余儀なくされるでしょう。

 *この和解成立後もしくは判決後の団体交渉について、さらには甲南大学のパワハラの再発防止策について、組合員・サポーターの皆さんの意見を募集します。委員長までメールで寄せて下さい。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード