FC2ブログ

低迷春闘の原因はストライキ権を行使しないこと!

最近、朝日新聞をにぎわしている「連合」の要求方式変更は、ピントがずれているとしか言いようがない。これまでの「ベア要求4%程度」の要求方式が、今年度特に利益を上げているトヨタ自動車のトヨタ労組が賃上げ額を伏せたため、賃上げ額の波及効果がなくなった。だから要求方式を変えると言うのだが?これはおかしな話だ。

トヨタ労組が賃上げ額を隠したのは統一闘争をないがしろにする行為であり、それ自体がトヨタ労組の家畜化を証明するものである。問題はそれを咎め立て出来ない「連合」の意識的指導性のなさの問題なのだ。「何%」の要求から、目指すべき賃金額に要求方式を変えたら、春闘がうまく行くわけではない。それはごまかしなのだ。

私が思うに、春闘が低迷し、労働者の実質賃金レベルが下がり続けるのは、「連合」の要求方式に原因があるのではなく、既成労組が家畜化し、憲法と労組法が認めている合法的ストライキ権を行使できない、今の既成労組の体質が問題なのだということだ。現行憲法と労働組合法が、労働者のストライキ権を認めているのは、それなしに労働者の継続的賃上げが維持できず。したがって個人消費市場が継続的に拡大せず、資本主義の拡大再生産が維持できないからであり、まさに現在の日本経済のデフレ(=国民経済の縮小)がそのことを証明しているのである。

行きすぎた労使協調は、労組の家畜化でストライキ権が行使できず、したがって日本経済の沈滞を生みだしていることへの反省が、労働者の上層も財界も出来ていないので、要求方式の変更でごまかそうとするのである。労働者と資本家の関係が「対立面の統一の関係」にあるからこそ、ストライ権を合法としているのに、それを労組が行使できない為、日本経済の沈滞・縮小を生みだしているのだ。反面から見ると日本の財界が強欲であるので、労組の家畜化が行き過ぎ、その結果拡大再生産を維持するだけの賃上げを実現できなくなり、「連合」の存在価値さえ失われかねない事態となっている。
求められているのは、日本最大の労組「連合」が団結してストライキ権を行使することなのだ。春闘の要求方式でごまかすな!と言いたい。

妊娠を理由とした解雇・退職強要についての注意点!

妊娠した事を理由として解雇その他の不利益な取り扱いをすることを「男女雇用機会均等法9条3項」は禁止しています。ここでいう「不利益な取り扱い」には退職の強要も含まれます。(厚生労働省告示)しかし厚生労働省の「雇用機会均等法解釈通達」によると、不利益取り扱いがあった場合でも
(1)業務上の必要性があった場合
(2)労働者がその取扱いに同意している場合
の2つの場合には違反にならないものとしています。

この厚生労働省の「解釈通達」によって、最近は経営側が妊娠を知ると、仕事を口実に「辞めろ!」と怒鳴りつけたりする例が増えています。また妊娠を報告した女性に退職届を出させようとして来る例が増えています。つまりこの2つの例外の厚生労働省の「解釈通達」によって妊娠を理由とした解雇の禁止の規定が空洞化しています。またこの2点の例外で経営側の「仕事を不当に口実にする」パワハラが増え、結果妊娠中にうつ病を発症する例が増えていますので注意して下さい。

新世紀ユニオンの経験によると、妊娠を理由とした解雇・退職強要についての注意点は以下の通りです。

(イ)働いている女性が妊娠を会社に報告する場合、書面で社長あて提出(コピーを取っておく)すること。口頭で上司に報告した場合、会社社長は「妊娠を知らなかった」として、仕事を口実に退職強要してきます。

(ロ)妊娠した事を理由として解雇その他の不利益な取り扱いを受けた場合は、必ず都道府県の「男女雇用機会均等室」に相談し、相談記録を残すようにして下さい。この相談記録が後に証拠になります。(マタハラの場合、監督署や労働局の相談窓口に行ってはいけません。)

(ハ)妊娠を契機に退職強要を受けた場合は、必ず録音を取るようにして下さい。録音がないためうつ病になった例で、労災認定がされなかった経験があります。

(二)妊娠を機に社長から退職強要を受けて慌てふためき、悪くもないのに社長に謝ったことで上記(2)の業務上の必要性に基づく解雇・退職強要を認めたことになった例があります。絶対に謝罪してはいけません。

マタハラの問題は、均等法だけでなく労基法、労働契約法、均等法施行規則、などにもかかわる場合があります。たとえば労基法19条1項は、産前産後休業中と、その後30日間の解雇は原則として禁止されています。法令を幅広く検討して下さい。

広島生協事件の最高裁判決に置いて、均等法9条3項の強行法規性が確認され、また妊娠を契機としてなされた不利益取り扱いは原則として違法無効とされ、事業主への立証責任の転換が図られました。

以上のことから妊娠を理由とした解雇・退職強要についての注意点は、上記の(1)(2)の例外に特に注意しなければなりません。仕事を口実にした退職強要を謝罪すると、労働者側が不利益取り扱いに同意、もしくは認めた事になるので特に注意が必要です。女性は大声で怒鳴りつけられるとすぐ「すみません」と謝罪する傾向があるので、とりわけ注意して下さい。したがって社長や上司とのやり取りは必ず録音するようにして下さい。(マタハラの問題は複雑で難しいので、被害にあった女性は遠慮せず、新世紀ユニオンに相談して下さい。)

Aさんが受けた上ヶ原病院のパワハラ!

現在兵庫県地労委で争われている上ヶ原の不当労働行為事案で上ヶ原が提出した書面は、嘘ばかりであるので、Aさんの名誉のために書くことにします。(下に示したのは意地悪のごく一部です)

上ヶ原病院はAさんへの教育体制は取らなかった、「教育」という名のいじめを受けた。ある看護師はAさんに病態関連図の作成を命じたので、Aさんは徹夜して作成したが、この指導看護師は一枚も返却せず、しかも添削も指導もしなかった。無責任極まりなく明らかに悪意あるパワハラです。

雑用ばかりさせられているAさんに「酸素加湿器に水を入れるのを任せます」と他の看護師から言われ、水を入れたら、それが水ではなく吸入液であった。すぐ指摘されたので実害はない。A氏の指導で一緒に回っていた先輩看護師も見逃した。そもそも水と吸入液を同じ形のボトルに入れ、同じ場所に置いておく方が間違いである。ボトルの形をかえるべきであった。今回の事は未遂であり、ヒヤリハットのレベルはゼロであるのにそれが「患者の生命に危険を及ぼす」(上ヶ原地労委書面)と評価するのは難癖に等しい。また同席していた先輩看護師にもおとがめがないのもおかしいことだ。しかしA氏はその後も2年間も同じ仕事をやらされ続けた。ミスを作為的に誘導したともとれるし、生命に危険がないから2年間もその仕事を命じられ、働かされたのです。

内服薬の配役ミスは平成27年11月で別の看護師が患者に薬を間違って渡した。しかも薬の袋に名前を書いていなかった。A氏のミスではない。患者が誤って薬を内服した、したがってヒヤリハットを書いたのは別の看護師であるのに、なぜA氏のミスにするのか理解出来ない。口頭での「報告・連絡・相談」ができていないと書いているが、キチンと報告しても全て隠蔽されるのでどうしょうもない。他の看護師は重大なミスをも隠蔽し、ヒヤリハットも書かないし隠蔽している。A氏はそれを多く見てきた。A氏は言わば雑用しかやらされておらず、他人のヒヤリハットまで付け加えられたり、助手のミスまでヒヤリハットを書かされたのです。

このように教育をせず、雑用ばかりさせて、必要な情報を知らさず、「ミス」を誘発させるやり方もされた。それは評価の問題ではなく、師長達のモラルの問題である。またA氏は、他の看護師から用事を頼まれて席を外すたびに、理由を伝えたにもかかわらず「いつの間にかいなくなった」「理由なく退席」したことにされていた。A氏はキチンとした教育を受けられず、看護師の言うとおりにすると「そのやり方は違う」と言われ、その通りにすると、別の看護師が「そのやり方は違う」という等、愚弄され続けました。
ある看護師は地労委提出の書面で、Aさんがある看護師に「一緒に師長を殺しませんかと提案しており」と嘘の陳述書を出した。明らかにA氏への重大な名誉棄損です。

こうして上ヶ原病院が意図的にAさんの「ヒヤリハット」等を増やしたのは、「患者に危険がある」との口実で、正看護師であるAさんを3年間も助手の仕事をやらせた自分たちの違法行為を正当化するためであるのは明らかだ。これは病院ぐるみのパワハラなのである。本来ヒヤリハットは重大なミスを防ぐためにあるのに、上ヶ原病院ではそれがいじめの道具で有り、懲罰の口実であり、師長達はふだんから「ヒヤリハットは辞めさせるのに便利なのよね」と会話して、退職強要の口実にもしているのです。だから他の看護師達は「ヒヤリハット」をかばいあって隠蔽するのです。
上ヶ原は看護師のパワハラがモンスター化しています。看護師さんは上ヶ原病院で働くことは避けた方がいいです。

全国のユニオンの間の連携が必要なとき!

新世紀ユニオンが闘い方を公開している影響か?最近の電話無料相談のほとんどが関東・東海・東北・九州等、全国から相談が来るようになりました、退職強要の場合の雇用を守ることはメールや電話の指導でできるので全国に組合員も広がってきました。

最近は東京の心療内科の主治医から新世紀ユニオンに相談した方がいいと言われたと、パワハラでうつ病になった労働者から相談電話が入ったりします。また新世紀ユニオンに相談しているのに怒鳴りつけたり、こちらを役人だと思っている電話が続いたので相談者に聞くと、ある市の相談窓口が新世紀ユニオンの電話番号を教えていた事が解りました。厄介なクレーマーを新世紀ユニオンに押し付けていたのです。

新世紀ユニオンの存在が全国的に広まることに反比例して、「組合員」と称した、なり済ましのブログ荒らしも増えてきました。
新世紀ユニオンが高額の解決金を取っているので恨みに思っている社長も少なくありません。(もしブログ荒らしの書き込みを見つけたらすぐに連絡して下さい。)またブログで企業名を書かれて怒り、ブログ荒らしをして来る経営者もいます。ブログを消せと内容証明郵便を送りつけてくる経営者もいます。労働者と組合員向けに書いているので、グログに書き込みをして来るその内容を読めば「なり済まし」だとすぐわかります。

最近は関東方面のユニオンに紹介されたと新世紀ユニオンに加入して来る人も出てきました。また新世紀ユニオンからこのユニオンに相談するよう、教える例も増えてきました。労働相談の場合どうしても団体交渉が必要な事案があり、その場合地元のユニオンを探すように言うしかありません。近畿以外のユニオン(たとえば関東や東海)のニュースや機関紙を新世紀ユニオンに送って下されば、地元からの相談者に紹介することができます。新世紀ユニオンの場合どうしても団体交渉は近畿だけになります。最近は関東や東海地方から「信頼できるユニオンを教えてくれ」という相談が多いので、この地方のユニオンのニュース等を送って下されば相談者を紹介します。ネット時代ですから関東や東海などからの労働相談が新世紀ユニオンに持ちこまれる例も多いのです。
何処にどのようなユニオンがあるかが分かれば加入希望者を紹介できます。是非相談者を紹介し合いたいユニオンは新世紀ユニオンに資料を送ってください。、

相変わらずパワハラの相談が多い!

残業代を払わないので労働基準監督署に相談したら、会社から嫌がらせの電話が家族の方に何回もかかってきたり、嫌がらせが何年も続いた。とか上司のパワハラでウツになり、休職中で解雇になりかかっているとか、会社ぐるみで嫌がらせを受け、仕事を取り上げられた。とか就業規則に照らしたら解雇だ、と仕事を取り上げられた、といった内容である。つまり退職に追い込むためのパワハラが増えているのである。

こうした嫌がらせの場合、何をおいても証拠の録音を取ることが重要です。最近は電話相談してきた人で「証拠の録音がある」という人も増えてきた。新世紀ユニオンへのこうした相談は地元の大阪だけでなく、山梨であったり東海地方であったり、関東や四国からの相談が最近は増えてきた。パワハラの場合は証拠を取ってから、団体交渉のできる地元のユニオンを探すよう答えるしかありません。

一般的にパワハラは他の社員に向けた「見せしめ」として行う場合や、権力的上司による自分への畏怖を与えるために行われるハラスメントもある。また仕事の取り上げも多いが、反対に過大な仕事を押し付けて、本人の能力を問題にして攻め立てて、いじめる例も多い。この場合はそれが能力の問題ではなく、実はモラルハラスメントだということを被害者に認識させることが重要な事です。こうした加害者は、自己愛的な変質者である場合が多い。こうした上司は労働者を支配する目的でパワハラをおこなう例もある。

パワハラを容認している会社は、労働者の勤労意欲も弱く、社内での不正も多い。パワハラは人も組織もダメにするのである。相談者の中には、すでに精神的に病んでいる場合も多い。パワハラで5年もたって相談して来る労働者もいるが、この場合は心を病んでいる場合が多い。パワハラによる解雇は、未払い賃金の時効が2年なのでこれを過ぎると闘えない。だから始めに証拠を取り、書面を送るなど証拠作りをし、団体交渉をした後で一年以内には裁判ということになる。

違法な退職強要での、最近の特徴は「同僚を殺したいと言った」とか「上司を一緒に殺しませんか」と同僚に持ちかけた、というでっち上げの理由を振りまく会社が増えたことだ。いずれも背後で悪徳弁護士が指導している。「犯罪者に仕立てられる」という恐怖心を退職追い込みに使う例が増えているのである。こうした悪質なでっち上げの発言の証拠があれば慰謝料請求ができます。
パワハラで一番重要なのは証拠です。必ず証拠を取った上で近くのユニオンに相談して下さい。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード