イギリスの独立投票の狙い!

中国が香港における1国2制度の投票制度を覆し民主派の候補が立候補出来なくした事は、香港の金融を支配するイギリス金融資本には受け入れられない事であった。イギリスの金融資本は、中国の民主化が経済発展を遂げる上で重要と考えている。彼らが香港の返還を受け入れたのは「1国2制度」を中国政府が約束したからであった。

中国は現在新疆ウイグルやチベットなど少数民族が民族自決権を要求し、その闘いが過激化している。そうした時にイギリスの、スコットランドが独立するかどうかの民主的投票は、中国の国内矛盾を揺さぶることになる。中国政府は当然その事が分かっており、中国報道官は記者の質問にコメントさえ出来なかった。

中国政府はスコットランドの独立をめぐる投票のニュースを国内に報道することを封じることでで対応した。しかしネット時代では報道の封鎖は不可能だ。いずれこのニュースは中国人民に知られることになる。一方では民主的に独立を投票で決定し、中国では独立運動は武力で抑え込まれる。イギリス政府の狙いの矛先は中国の民主化に矛先が向いているのである。

オバマは「イスラム国」を武力で押しつぶそうとして宗教戦争を開始した。宗教戦争は終わりなき戦争であり、オバマは中間選挙を前にあせっているのである。イギリスは古い帝国主義であるだけに外交が洗練されている。

注目すべきはイギリスが香港の民主制度の維持だけを考えているのか?それとも中国の1党支配を崩そうとしているのか、という点である。中国経済が引き続き世界市場として成長するには民主化が不可欠なのであり、イギリスの金融資本にとっては中国の民主化を進めることは自分達の利益であり、そのために自国内の独立問題で投票をして見せる事で中国を揺さぶっているのである。

オバマのように軍事力で独立をつぶす事は愚策である。重要なのはイスラム教の世俗化であり、政教分離なのである。イギリスの「ソフトパワー」での外交がオバマよりはるかに洗練されている。今後中国内の少数民族の民族自決権をめぐる動きと、香港に対する「1国2制度」の行方が注目される。

中国人のマナーの悪さについて!

朝のテレビ・特ダネで銀座アップルストア前に並ぶ「iPhone6」の行列に約30人の中国人の集団が割り込みをし、トラブルとなったことが報じられていた。他にも中国人グループが折りたたみ椅子をいくつか置いただけで1日以上姿を消し、「並んでいた」として集団で割り込みをしたり、中には中国人が雇ったホームレスの集団が並んだりしている。中国人の集団が列の前の方に割り込んだ後にはゴミがあふれている写真がネット上で公開されている。

今世界中で中国人観光客のマナー違反が批判を浴びている。ピラミッドや寺院など観光施設に落書きしたり、駅のホームで子供に排便・排尿させたり、観光地で野糞したり、ゴミを散らかしたり、大声で騒いだり、タクシーの車内で痰を吐いたり、と評判が極めて悪い。

行列での割り込みは中国では当たり前であっても、日本では日本のルールに従うべきである。中国は日本の経済支援で急速に経済成長し、世界第2位のGDPの大国になって傲慢な大国主義が鼻につくようになった。中国政府が東シナ海と南シナ海で他国の領土を軍事力で奪うなど鼻息の荒さが、国民にも反映しているのではないか?

中国ではアップルの「iPhone6」の販売は来年になるため、日本で購入して中国国内で販売すれば一台70万円で売れるというので、業者が販売目的で大量購入を進めているらしい。それで集団による列への割り込みとなったようだ。

中国政府は海外に出る自国の国民には、海外でのマナーをキチンと教育した方がいい。中国人の品の無さやモラルの欠如が中国という国家のイメージを悪くしている。中国の国家指導者が国有財産を横領して金持ちになっているからと言って、自国国民のマナー違反を放置していいわけが無い。自国国民に拝金思想を植え付けるのは勝手だが、マナーぐらい自国の学校で教育した方がいいのではないか?中国大使館はそのことを自国政府=外交部に伝えるべきであろう。

縮小局面に入った中国経済!

新聞報道によれば、中国の製造業購買担当者指数(PMI)が49,2と景気判断の境目の50を割り込んだ。

欧州の国債危機で輸出が減少し、国内の不動産市況の引き締めで中国経済が縮小局面へ、反転の時を迎えたようである。

2けたの成長を続けた中国経済が不況の時を迎えた。人口が急速に拡大している中国で経済が縮小を迎えることは、即政治危機に結び付くのである。

中国政府が反日へと世論を誘導しているのは、階級矛盾の激化の矛先を日本へとそらす意味合いがある。

しかし国内で反動的民族主義を煽ることは「もろ刃の剣」であり、幹部の腐敗追及の闘いへと矛先が転ずる危険を内包している。

反日運動の「愛国無罪」は一夜で「革命無罪」に転ずる可能性があるのだ。アメリカも大統領選が終われば軍需産業が大リストラに転ずることが確実なだけに、欧州の国家的金融危機の深刻化と合わせて世界経済の減速がさらに進むことは避けられない。

日本においても大リストラが労働者にまたも襲い掛かる局面になったといえる。
野蛮な搾取が招いた国際的不況が中国国内の激動につながる可能性を見ておくべきである。

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

チベットでの人権抑圧に抗議する!

中国の支配する地球上最後の植民地であるチベットで15日元僧侶の青年が「チベットに自由を!」と叫んで焼身自殺を図った。報道によると今年3月以降で焼身自殺は8人目だと言う。
中国の支配するチベットで何が起きているのか?と思い記事を読んだ。するとチベットのキルティと呼ばれる僧院には、600人をこえる中国当局の要員が乗り込み、暴力による厳しい尋問がおこなわれているそうだ。
チベットには今も暴力的植民地支配が行われているのである。
民族自決権も信教の自由も国民に保障しないで「社会主義中国」などと名乗ってほしくない。
中国政府は抗議の焼身自殺した人たちがチベットで英勇扱いされていることが気に食わないようだ。
中国はチベット族への自冶権を認めるべきであり、それができないなら、独立を認めるべきだろう。
資本主義の道を突き進み、拝金思想で汚れた中国走資派指導部は反動的中華思想で他民族抑圧をしているのだ。
もともと党官僚独裁の国家に民主化を求めるのが無理なのかも知れない。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

背伸びしすぎの中国経済!

中国の上海で昨日地下鉄の追突事故が起き271人が負傷した。驚くべきことに、同地下鉄は事故原因が信号機の故障と見られているのに、4時間後には運転を再開した。東京の地下鉄事故では運転再開は2週間以上後だった。
報道によれば中国の高速鉄道は7月の1ヶ月で200件以上の故障が起きているそうだ。まったく恐ろしい鉄道だ。
中国の列車は考えられない事故が起きるが、これは急速な経済発展で、他国から購入したり、パクった技術を消化し切れずに走らせていることに問題がある。
中国は日本の東北新幹線の車両を購入しているが、運行システムは購入していない、この運行システムこそが重要なのに、解っていないのだ。
報道によれば先の高速鉄道の事故と、今回の地下鉄事故はいずれも同一の会社の信号システムだという。そうであるなら鉄道事故はまだまだ起きるだろう。
中国の列車事故は背伸びしすぎの中国社会の技術的な底の浅さを示しているように思う。
信号機が故障したら列車が全て停止するようにすらできないお粗末な技術で「日本の新幹線を超えた」と幹部が発言するのだから、背伸びしすぎだ。
中国は経済で日本を抜いて世界2位になったと浮かれているが、人権と技術では日本の足元にも及ばないのである。
中国は背伸びをやめ、地に足をつけて謙虚に他国に学んだ方がいい。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード