FC2ブログ

起こるべくして起きた脱線事故だった!

JR宝塚線の尼崎駅近くの脱線事故で107名が死亡してから早6年が過ぎた。
国鉄の民営化後JR西は架線の取り換え期間を倍に延ばすなど利益優先の経営を続けてきた。特に阪神大震災後の復旧が早かったことも有り阪神・阪急から通勤客を奪い、その後電車のスピード優先のダイヤ運営を続けた。
「日勤教育」など人権無視の制裁も行われ、こうした労務管理も事故の要因となった。
民営化による利益優先の経営が生み出した事故だった。
私は当時、宝塚線を利用していたので、事故のあったカーブも一度先頭車両に乗り、今にも脱線しそうなスピードで振り子のような体験をして、以後電車の後ろ寄りの車両に乗ることにしていた。いつかあのマンションに激突すると思ったからである。
JR西の労働者から「今の労務管理を見ていると、いつか大事故が起きる」という話を聞いていたので、事故は起こるべくして起きた、と思ったものだ。
JR西労組は、経営のチェック機能を果たせなかったことを反省して、家畜化していなかったか自己点検すべきだ。労組としての経営のチェック機能の回復を図るべきだろう。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード