FC2ブログ

労働運動の発展のために!(その14)

無制限の労働目指す日本経団連の強欲
日本経団連がこのほど政府に提出した規制改革要望書には、労働者の労働時間を無制限にしようとの悪辣な内容が含まれている。
それは企画業務型裁量労働制の拡大と労働基準監督署調への定期報告の廃止である。つまり「みなし労働制」の一層の拡大で、労働者のただ働きを拡大しようと言うのだ。
さらに経団連は事務系労働者の労働時間制を撤廃する制度を創設しようとしている。これはアメリカで導入されているホワイトカラー・エグゼンプションのことであり、これによって無制限のただ働きをさせられることになる。また派遣常用雇用3年の期間制限も撤廃しようとしている。
すでに「過労死」が社会問題となり、残業代が支払われない状況が多く生まれている中で、こうした労働時間規制の撤廃は労働者の健康被害どころか「過労死」を無制限に生み出すことになりかねない。
我々はこうした日本経団連の強欲を絶対に許すわけにはいかない。
すでに労働者の規制緩和が野蛮な搾取を復活し、「過労死」を生み出しているのに、今以上の規制緩和は労働力の食いつぶしとも言うべき深刻な事態を生み出すであろう。
拝金思想に毒された日本経団連は、労働者の悪化した労働条件の現状を知らないのであろうか?
また本気で労働時間が8時間ではなく無制限にできると考えているのであろうか?8時間労働制は資本家階級全体の利益から生まれているのに、その労働者の健康的再生産を考慮した最大限の労働時間でさえ彼らには不満なのだ。
労働時間延長という、絶対的超過利潤の獲得で、(相対的超過利潤を追求することを忘れた)企業は技術的衰退の道をたどることになる事が解らないのである。
日本経団連も人材は枯渇しているようだ。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

大恐慌におびえる資本主義世界!

かって旧ソ連が崩壊した時は、冷戦が終わり世界が一つの市場になり、資本主義が永遠の制度であるかのように人々は錯覚した。
グローバル化が叫ばれ、自由化・民営化・規制緩和が叫ばれ、搾取強化が「平和の配当」のように叫ばれた。
ところがいまやアメリカは巨額の戦費のため疲弊し、巨額の不動産の不良債権を抱え、金融危機の深刻化の中で、失われた10年に突入している。
欧州はギリシャやスペインなどの国家財政の破たんで、金融危機に揺れている。ギリシャ国債の下落は、国債を欧州の銀行が保有しているため巨額の損失は避けられない。
世界同時に株安・債券安となり、銀行の経営破たんが現実のものとなりつつあり、世界的に金融機能がマヒする事態も近づいている。しかも各国とも財政危機で打つ手がない状態だ。
最悪の事態を回避するために開かれたG20は、それぞれの国が自国の利害を主張する場となった。つまりグローバル化の時代と言っても政治的システムはできていないので、各国はバラバラなのだ。
ユーロ圏と言ってもドイツや北欧はギリシャ救済に国内が反対している。
つまりグローバル経済の危機に、政治的な機能が対応できていないのであるから、世界が大恐慌に突入するのは避けられないと見なければならない。
もはや資本主義が最良の制度でないことは明らかであり、「死滅しつつある資本主義」という形容が大げさではない事態が進行しているのだ。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード