FC2ブログ

労働運動の発展のために!(その15)

相談者の思考方法を分析する。
労働相談を受けていると労働者の思考方法にはさまざまあることが分かる。
相談をして退職強要と闘うことが大変なことだと解るとすぐ諦めて泣き寝入りするタイプ。
闘って失敗した場合を先に考える心配性タイプ。
少ないが不当なことは許さないとの立場にたって闘う決意を固めている人もいる。
何が自分の周りで起こっているか十分に解っていない人もいる。
不利なことはユニオンに話したがらない人もいる。
新世紀ユニオンは、組合員が勝つための必要条件を整えることから始める。だから負けることは心配しなくてよい。
会社の狙いがどこにあるのか?どの点が違法なのか?だからどのような証拠をそろえるのか?を検討する。
組合員の有利な点、会社が有利な点、不利を挽回する方法はないか?会社の違法行為の証拠は何か?あらゆる側面から検討する。
とくに当該組合員の争議を闘う決意の度合いをつかむことは重要だ。会社に残業代を請求することで有っても、本人には大変な勇気がいる事なのだ。
解雇を覚悟で、不当な経営者の業務命令を拒絶することは、本人には「清水の舞台から飛び降りる」ほど大変な勇気がいることだ。
したがってある程度の闘いの見通しを、ユニオンとしてあらかじめ説明する事も必要になる。
争議になって心配なこと、わからない事を素直に質問してくる人もいれば、何も聞いてこない人もいる。
ユニオンとしてはどんどん質問してくれる人は解りやすい。何も質問してこない人は、一人で心配しなくてもよいことを心配している場合もある。
とくに裁判の場合は、弁護士は忙しいのと商売上の機密で、戦略戦術はいちいち説明しない、だから解らない点、心配な点はユニオンに聞いてほしい。
特に素人考えが裁判では通じない事があるので遠慮せず素直に聞いてほしい。
闘いに当たって重要な事は、人は苦難を前にして本当の生きざま、人生観がためされ、急速に成長する、ということだ。
したがって、労働者の相談は、多くが本人の試練と成長をうながし、支援し、応援する場となる。
指導することは同時に学ぶことでもあるのだ。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

背伸びしすぎの中国経済!

中国の上海で昨日地下鉄の追突事故が起き271人が負傷した。驚くべきことに、同地下鉄は事故原因が信号機の故障と見られているのに、4時間後には運転を再開した。東京の地下鉄事故では運転再開は2週間以上後だった。
報道によれば中国の高速鉄道は7月の1ヶ月で200件以上の故障が起きているそうだ。まったく恐ろしい鉄道だ。
中国の列車は考えられない事故が起きるが、これは急速な経済発展で、他国から購入したり、パクった技術を消化し切れずに走らせていることに問題がある。
中国は日本の東北新幹線の車両を購入しているが、運行システムは購入していない、この運行システムこそが重要なのに、解っていないのだ。
報道によれば先の高速鉄道の事故と、今回の地下鉄事故はいずれも同一の会社の信号システムだという。そうであるなら鉄道事故はまだまだ起きるだろう。
中国の列車事故は背伸びしすぎの中国社会の技術的な底の浅さを示しているように思う。
信号機が故障したら列車が全て停止するようにすらできないお粗末な技術で「日本の新幹線を超えた」と幹部が発言するのだから、背伸びしすぎだ。
中国は経済で日本を抜いて世界2位になったと浮かれているが、人権と技術では日本の足元にも及ばないのである。
中国は背伸びをやめ、地に足をつけて謙虚に他国に学んだ方がいい。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード