FC2ブログ

貧困化が続く労働者所帯!

新世紀ユニオンの組合員には毎月「ユニオン・ニュース」と労働問題の切り抜きを編集した「労働メモ」等が渡される。
この労働メモを見ていると日本の労働者所帯が引き続き貧困化していることが分かる。
厚労省の勤労統計調査によれば夏のボーナスが前年比0,8%減となっている。総務省の家計調査によれば9月の勤労者所帯の実収入は前年同月比0,7%と減少した。同じく9月の1所帯当たりの消費支出は物価変動の影響を除いた実質で、前年同月比1,9%減となっている。あらゆる調査数値がマイナスとなっているのだ。
日本の労働者の収入も支出も減少を続けているのである。
こうした傾向は自由化・民営化・規制緩和の政策をとり始めて一貫して続いている傾向である。
労働者の年収はこの10年間で100万円ほども減少し、企業の内部留保は100兆円ほども増えているのだ。
既成労組の家畜化と、その上層連合である「連合」が闘わなくなった結果である。
低賃金の外国人労働者が「研修生」という形で解禁された事も賃下げの梃子となっている。
何よりも規制緩和で、非正規労働者がパート・派遣・契約社員等の形で、低賃金でいつでも首を切れる「使い捨て労働力」として急増したことが大きい。
過労死や過労自殺が未だに新聞紙上をにぎわしている。
労働者の精神疾患も急増している。
新しい労働組合が果たさねばならないことは多いのである。
ユニオン運動が全国に広がりつつあるが、まだまだ努力が足りないと反省している。貧困化している労働者を組織すべきユニオンも資金不足に悩まされることになっている。
労働者が理不尽なリストラに泣き寝入りしなければ、このユニオンの財政上の問題も解決するのである。
つまりユニオンの資金不足は問題企業から闘い取る事が重要なのである。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード