FC2ブログ

欧米で資本主義のあり方が論議されている!

報道によると欧米で資本主義の危機の反省から新しい資本主義が論議されているらしい。
批判されている資本主義は「自由放任の資本主義」「金融資本主義」「ハゲタカ資本主義」などであり、新しい資本主義として提唱されているのは「責任ある資本主義」(ミリバンド英労働党首)「大衆参加の資本主義」(キャメロン英首相)「倫理的資本主義」(英紙インデペンデント)「持続可能な資本主義」(ゴア元米副大統領)「創造的資本主義」(ビル・ゲイツ 米マイクロソフト会長)などである。

新自由主義の強欲の資本主義が現在の資本主義の危機を招いたのであり、そのことからの反省が表れている。問題なのは社会主義の側から強欲の資本主義に代わる「真の社会主義」像が提起されていないことである。
これは社会主義が官僚独裁を招き崩壊した事が総括できていないことを示している。

資本主義のあり方の論議は、現在の資本主義の危機を回避するには社会的規制が必要であり、所得政策や富の再分配がなければ国民経済が発展しないことが分かってきたことが反映している。つまり資本主義の支配層から資本主義のあり方が提起され、論議されているのが特徴である。

自由放任の資本主義が、野蛮な搾取・収奪を招き、格差社会を招いたことは、真の社会主義(多党制等の民主的社会主義)の勝利の機会が訪れていることであり、労働者政党はその国家像を具体化しなければならない。
新世紀ユニオンは無党派ユニオンなので、新しい真の社会主義像を論議されている「修正資本主義」に対置する立場にないが、すべての労働者政党に問題提起をしたい。

ソ連崩壊後の自由放任の資本主義は、冷戦に勝利した奢りが生み出したものであり、それが先進諸国の現在の経済危機の原因なのである。世界の金融独占ブルジョアジーにとって史上空前の危機が来ているのに、社会主義勢力の無気力さを指摘しなければならない。今こそ真の社会主義像を対置すべき時である。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード