FC2ブログ

うつ病で休職すると復職させず解雇や退職にする例が増えています。

労働相談でうつ病になり、やむなく休職したら治癒しても復職させてくれない。という相談が増えています。こうした人の特徴は、上司のパワハラが原因なのに労災申請をしていないことです。

労働者が無知であるので診断書を会社に提出しているのに、コピーを取っていなかったり、発病時にすぐ診断書を取っていなかったため、原因となる事件(パワハラ)と発病時(診断書)がずれれため労災認定がされない例もあります。

その結果業務起因性が明らかなのに会社に私病扱いされ、復職しようと主侍医の就労可能の診断書を提出しても復職させない例が多いのです。就業規則では休職期間が明記されているのに、休職期間に解雇する例もあります。

主侍医の診断書を会社が無視し、産業医の判断を盾に復職を認めない例もあります。こうした人達は休職期間に貯金を使い果たし、裁判をやろうにも着手金すら用意できない例があります。

うつ病で休職中の人は早めに当ユニオンに相談してください。組合員になって指導にしたがって証拠を残し、労災申請をして慰謝料請求や雇用を守る準備をしなければなりません。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード