FC2ブログ

橋下市長と職員組合の不毛の対立!


橋下大阪市長が右翼政治家として大阪の教員と市の職員に攻撃を加え、数多くの裁判闘争が行われています。争われているのは裁判だけではないようです。

大阪では市長が財政再建を掲げているのに対し、生活保護が次々認められているそうです。周辺の自冶体が交通費を出して大阪に行けば生活保護が認められると、大阪に振っているという話もあります。

駅前の放置自転車の撤去が最近は駅周辺だけでなく一般道路やコンビニ前の自転車まで根こそぎ撤去しています。大阪市長への非難が起これば良いと職員が意識的にやっているとのうわさもあります。

介護保険料が貧困者は収入の10%ぐらい取られるのに、年収700万円の高額所得者はわずか2%の保険料です。このことを区役所の窓口で文句を言うと、市の職員が「保険料は市が決めた」と繰り返します。誰が決めたかを聞いているわけではないのですが・・・。

市の職員が「真面目すぎる仕事」をして、市長への市民の非難が起きるようにしている、とうわさされています。

市の職員アンケートの労働委員会・組合事務所の追い出しの裁判・君が代不起立裁判・不当処分裁判など多くの裁判費用は結局は市民の肩にかぶさるのです。生活保護を乱発するなら市の失業対策事業として清掃事業に雇用する事の方がいいのではないでしょうか?

裁判ばかり起こるのは橋本市長の組合攻撃が拙劣で有るからで、市長が弁護士出身なのに違法行為で負けてばかりいるのが大阪市なのです。橋下市長は市長を辞職し、夏の参院選に出た方が大阪は住みよい街になるのではと思います。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード