FC2ブログ

職場でのイジメ・パワハラによる人格権侵害について!

最近の労働相談の内約30%がイジメ・パワハラです。なぜこのように増えたかというと、リストラの安上がり的方法としてイジメやパワハラが多用されるようになった事が反映しています。従って使用者意思にもとづく上司の精神的暴力が増え、それが原因でうつ病になる人が増えているのです。

日本では上司が部下を強い口調で叱責したり、怒鳴りつけて「指導」する事が熱心さの象徴のように思われている職場が多いのです。裁判所もそれを一度は許容する傾向があります。従って裁判では人格権侵害のような事案であっても、被告会社はそれがやむをえない指導であったとばかり、でっち上げをしてきます。従ってパワハラ事案では証拠や証言が不可欠です。

ではどのような行為が違法なパワハラになるのか、以下に簡潔に示します。
(1)上司の暴力もしくは部下に命じた暴力
(2)言葉やメールでの人格の否定・侮辱
(3)仕事の取り上げ、仲間外し、無視、隔離など
(4)伝票千切り等無意味な作業を差別して与える
(5)遂行不能の過度の仕事を与え、出来なかったり、ミスをするとののしる
(6)降格・配転・大幅賃下げで見せしめにする
(7)ミスを口実に過度の監視や制裁を加える
(8)仕事を口実に、うつ病の診察に行かせない
(9)わざと違法な仕事を命じる
こうしたパワハラから労働者の名誉・身体の安全・行動の自由・治療を受ける権利等が守られねばなりません。経営者には快適に仕事が出来る就業環境を整備する義務があります。経営者は職場で孤立させ自由な人間関係を作る自由を侵害すべきではありません。また労働者は知識・経験・能力・適性にふさわしい処遇を受ける権利があります。

次に判断基準について書くと
(1)不法行為であること(暴力)
(2)業務上の必要性の無い業務命令であること(違法な作業)
(3)業務命令が不当な動機・目的でおこなわれること(退職強要や不当労働行為)
(4)命令が労働者に甘受出来ないほどの不利益を与えること(大幅賃下げを伴う配転)
つまり仕事外しも違法となります。こうした嫌がらせが継続して行われると違法となります。
以上参考にして下さい。

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード