FC2ブログ

韓国客船沈没事故の不可解!

韓国南西の珍島沖で客船「セウォル号」は回避行動と見られる急旋回を2度して、貨物が片側によって重心を失って転覆した。この客船は日本から購入してから定員を100名以上増やすため高層部分を増設している。このため重心が高くなっていた事が指摘されている。

問題は船員が避難誘導をせず、自分たちが先に逃げ乗船客には「動くな」と放送していた事だ。このため乗船客は逃げる機会を失ったのが死亡・行方不明300人近い数字になったのである。

救助活動も拙劣で、ダイバーは2日経っても船内に入る事が出来ていない。しかも日本政府やアメリカ政府が救助支援を申し入れているのに韓国政府が断っている事だ。反日宣伝を行っているので日本の支援を受けられなかったようだ。韓国政府の責任は重大だ。

日本の海上保安庁の救助技術は高く評価されている。海上自衛隊のダイバーもよく訓練されている。早い段階で支援を受けていれば何人かは救助できたはずである。

韓国の救助隊は救助の振りをしているだけで、船体を沈まないように浮きを付けることすら行っていない。韓国ではセウォル号が日本製である事が事故の原因であるかの論調も見られる。なんであれ日本のせいにすれば責任逃れが出来るのが韓国の特徴なのである。愚劣としか言いようがない。

昔日本海軍は駆逐艦に多くの大砲を積み過ぎトップヘビーとなり遭難した経験を持っている。日本から購入した客船を上層部分を増設すれば当然重心は高くなる。フェリーはもともと重心が高いのに、増設によって、通常の回避行動で横転するようでは事故は必然で、人災というべきだ。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード