FC2ブログ

国も人も困難な時に人の真価が問われる!

韓国での客船沈没は客船会社の安全無視の経営だけでなく、韓国の政府のお粗末な事故対応を巡って韓国国民に「我が国は3流国家だった!」との事を思い知らせる事になった。何でもかんでも日本のせいにする体質が、この国の進歩を遅らせているように私は思う。

日本社会が外国人から賞賛されたのは東日本大震災の時であった。消防団も警察も自衛隊もボランティアも、市民も命を掛けて、助け合って人命救助に対処した。大災害はその国、その社会の人々の真価が問われるのである。災害の多い島国ゆえに日本人は昔から助け合いの精神を体験を通して学んできたのである。

日本では被災者のところで記念写真を撮った政治家や、救援物資を盗む人はいなかった。船が沈みつつあるのに乗客を避難誘導しない乗組員は日本では皆無である。韓国社会が今回の客船沈没事故から多くの教訓をくみ取り、船舶や救助の安全基準を法律で定め、実行できるようになる事を期待したい。

ある解雇された人が「解雇されたとたん友人がほとんど去ってしまった」という、その人に私は忠告した。困った時に助けてくれる友人が真の友人である。友人を選ぶ基準を考え直すべきである、と。困難な時に真の友人だったかどうかがわかるのである。本当の友人でない人が困難を見て去る事はいいことなのです。

立場の弱い労働者は助け合って生きていくほかない。裁判を闘うことでも仲間の支えや傍聴参加が必要だし、団体交渉で助け合うのが労働組合です。しかし裁判や審判等で自分の事案が片付くとすぐにユニオンを脱退する人が少なくありません。

自分が救われたら、今度は自分が救う側に回ってほしいと、いつも残念に思うのである。社会的地位の低い労働者は団結して生きていくしかない事を学んでほしいのである。困難な時に助けてくれる友人があなたは何人いますか?

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード