FC2ブログ

日銀総裁が、日本は賃金上がりにくくなっている!

ネットの新聞ニュースによると、日銀の黒田総裁が23日、アメリカのワイオミング州ジャクソンホールでのシンポジュウムのパネル討論に参加し、長期のデフレを経た日本は構造的に賃金が上がりにくくなっていることが問題だ、と指摘した。

黒田総裁は、日本はデフレにより物価上昇を前提とした労使交渉が機能しにくくなっていると指摘し、持続的な賃上げ実現に向け、日銀が目指す2%の物価上昇を労使交渉の前提とするよう提案した。
この日銀総裁の発言は重要である。構造的に賃金が上がりにくくなっているとの指摘は、労組の家畜化と労働委員会による不当労働行為の形骸化が作りだした労使の力関係の変化である。労組が賃上げ闘争を闘わず春闘が形骸化した結果、日本の賃金は下がり続け、その結果個人消費が縮小し続けている。こうして国民経済が疲弊しているのである。

少子高齢化による労働力の不足は本来は賃上げの呼び水なのだが、女性や高齢者が働きやすい環境の整備は進まず、安価な外国人労働力の導入で安易な方向で解決しょうとしているが、外国人労働力の導入は国内の個人消費にはつながらない。外国人は自国に送金するので個人消費は伸びないので、国民経済の活性化にはつながらないのである。

戦後日本の労働改革は強い労組を保護する労組法によつて絶えず賃上げが促されることで国民経済が活性化し、復興が進んだのである。しかし労組の家畜化が、労働者の賃金の傾向的低下を促し、日本資本主義は縮小再生産を繰り返し活力を失ってきた。

活力ある資本主義には強い労組が必要不可欠なのである。賃金の別の側面は個人消費であり、国民経済の循環は個人消費が絶えず拡大する事が必要なのである。労組の家畜化は賃下げで一時的に利潤を増やしても、国民経済は縮小を続けることになるのである。国民経済を成長の循環にのせることこそが今最も重要なのである。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード