ビーピー・カストロール(株)への抗議と通知!

ビーピー・カストロールに本日以下のような違法解雇などへの抗議と通知書面をファックスで送りました。

            通知書
 貴社2017年2月8日付け回答書は、当ユニオン組合員であるA氏の5月分傷病給付の違法な相殺(奪い取り)について触れていません。A氏が貴社に提出している「傷病手当金相殺申請書」は当月分の社会保険料等の相殺に同意したものであり、貴社は2016年5月分傷病手当金を勝手に「預かり金」と称し1円もA氏に支払いませんでした。これは傷病手当金を定めた法の趣旨に反する行為であるので、A氏と新世紀ユニオンに謝罪し、即時に支払うよう求める。

 貴社は、A氏の復帰を「引き継ぎはしない」とO支店長に通告させることで、復帰を妨げました。復帰の条件を整えることが復帰プログラムであり、同僚のN氏をレポート先にしても加害者を移動させ、「引き継ぎ」がやられないと営業の仕事は出来ません。貴社は不当に復帰を妨げたのであり、パワハラの加害者であるO支店長の異動は、A氏の健康を考慮すれば復帰の必要条件であったことは明らかです。

 傷病給付を違法に支払わず、交渉継続の間のA氏の賃金も支払わない。事実上の解雇状態で、今更解雇通告を出しても、当方が理解できるのは貴社のパワハラ体質が筋金入りだと言うことだけです。今回の解雇は事実上の解雇状態である下で、労災認定が不当にもなされなかった一事で、公式に不当な解雇を通告したという意味しかありません。違法な解雇であることは、A氏の賃金が支払われていないのに、貴社が今回の解雇通告で解雇予告手当を支払っていないことで明らかです。

 解雇の1か月前に通告すれば解雇が許されるのは、法の趣旨から言って解雇されるまで賃金が支払われている場合であり、貴社は復帰の条件整備で交渉中の8カ月間賃金を不当に支払っていない、こうしたやり方がパワハラそのものであると言うべきだ。
貴社はA氏の8カ月間の無断欠勤を解雇理由に挙げている。就業規則では14日間の無断欠勤で解雇することを定めている。貴社は復帰の条件が整うまで、復帰を留保していたA氏を容認していたことは明らかです。ゆえに違法解雇であるので労組として厳重抗議する。

 なお、借り上げ社宅については近く返却する、これは経済的理由からであり、解雇を追認したことではない。さらに貴社が返還を求めている鍵等物品についても地位確認の裁判書面を提出したのち返還する予定である。

 貴社には、A氏が新世紀ユニオンの組合員であることを既に通知している。このことはA氏の交渉窓口が新世紀ユニオンであることを意味している。解雇通知はふつう本人と労働組合に送付するものである。パワハラ隠蔽を例に挙げるまでもなく、貴社はどこまでもやり方が汚いことを指摘しておく。
今後労働組合として、消費者等への貴社商品の「不買い運動」など抗議行動の呼びかけ等を検討するのでその旨通知する。以上






プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード