本日小阪病院と代理人に抗議文を送りました!

               抗議文
 平成29年2月10日付け業務命令についての当ユニオンの見解を表明します。当ユニオンの組合員である主任のA氏が現在過重な労働を強いられています。小阪病院内保育所「りとるべあ」の現状は保育士I氏(昨年半ばから)とK氏(今年1月18日早退から2月1日)が病名不明のまま休んでいること、特にK氏はE次長の指示で休むとのことで、結果酷い人手不足となり保育所の主任であるA氏が15日連続勤務ののち1日休みのあと、20日連続勤務、しかも残業ありで月80時間の過労死ラインを超える残業を余儀なくされています。こうした状況を放置する貴病院の狙いとするところは不明ですが、A主任に対する労基法違反の長時間労働強要について厳重に抗議いたします。

 特にO事務局長の2月10日付け通達は、あたかも人手不足の状況がA氏に責任があるかのように書いていること、しかも長時間労働の人手不足の状況を解決しないまま、面談を強要する命令はパワハラとしか言いようがありません。わざわざ忙しい時に面談の目的も明らかにせず、面談に応じるよう求めています。これは嫌がらせと言う他ありません。また不当にもA氏に長時間労働時間を削減する計画を2月17日までに求めています。E次長が意図的に人手不足を作り上げ、あたかもA氏に責任があるかの言い草は不当としか言いようがありません。

 よって新世紀ユニオンはA氏への長時間労働の強制とその責任を追及する。またあたかも長時間労働の責任がA氏にあるかの業務命令、およびその業務命令が不当なものであるので、当該業務命令と付属する指示の撤回を求めるとともに、当該事案の解決は新世紀ユニオンを通して労使協議にて解決するよう要求するものである。なお労基法違反の労働実態はA氏の体調を著しく疲労・悪化させており、過労死の恐れがあるので監督官庁へ相談する。従業員を過労死寸前に追いやりながら時間的に無理な面談や計画作成の業務命令はパワハラ以外何物でもありません。厳重抗議する。
なおO事務局長が表明したA氏への懲戒処分、並びに代理人の書面が主張する当ユニオンに対する刑事告訴・民事訴訟はいつ行うのか御回答下さい。当方は正当性を法廷で証明する等の準備ができていますので、なるべく早く実行に移すよう求める。以上
この書面の回答先 FAX 06-6452-5677
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード