不当な賃下げなどの相談が増えました!

今日も「不当に賃下げをされている、ユニオンには一人でも入れるのか?」という運送関係の労働者から相談入った。新世紀ユニオンが労働者に信頼されるのはうれしいのだが遠く離れたところまで賃下げで団体交渉をするのは無理がある。だから近くの運輸関係の労組を探すよう助言した。

賃下げなどの時効は2年なので、不当な賃下げと感じた時は有印の書面で賃下げの理由を質問し、その理由に納得しない場合は賃下げを認めない旨書面で抗議しておく必要があります。日本では賃下げ後何もしないと賃下げを認めたことになるからです。

新世紀ユニオンの経験では、賃下げ後2年目に120万円ほどの未払い賃金を本人申立の労働審判で請求した。最初は60万円取れれば、という気持ちであったが。会社側がやめてほしいと言うことで約250万円の解決金で和解した経験がある。この時も賃下げの度に抗議の書面を出していたし、団体交渉していたので証拠があった。

賃金などの労働条件は、会社と本人の合意がなければ一方的に変更できません。つまり同意なき一方的賃下げは無効です。ですから賃下げ時には社長に賃下げの理由を聞いてICレコーダーで録音しておくか、もしくは有印の書面で賃下げの理由を聞き書面で回答を求め、その上で認めない旨書面で抗議しておく必要があるのです。

最近「会社に一方的に賃下げされた。しかも毎年だ。」と言う相談が増えています。この場合は狙いは退職強要です。この会社をやめるつもりなら上記のような労働審判で解決金で和解する方法があります。しかし今の職場で働き続ける場合は団体交渉が必要になりますので、会社の近くのユニオンを探す必要があります。この場合でも、一方的賃下げを認めない旨の書面(コピーとる)を提出して証拠を残しておかないといけません。

会社に一方的に賃下げされた方は参考にして下さい。この場合、会社の賃下げの狙いが退職強要なのか?それとも単なる利益を増やすのが目的なのか?よく見定める必要があります。
プロフィール

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード