若者が就職する場合の注意点!

新入社員が就職するシーズンです。新しく労働者になる人は労働基準法や労働契約法を読んでおくようにして下さい。

学校やハローワークで示された求人票と、実際の労働契約は別ものと考えて下さい。実際に面接時に求人票と全然違う労働条件を示される場合が多くあります。採用が決まった場合は必ず賃金や労働時間、仕事の内容等を書き込んだ雇用契約書を受け取るようにして下さい。折りたたんだ用紙に採用時に住所と名前だけを書かせて、その他記入の無い契約書を後で書き込んで契約書を争議時に出してくる場合があります。給与明細は必ず大切に保管しておくこと。

上司との面談や、トラブル時は必ず録音をICレコーダーや携帯で隠し録りするようにして下さい。また上司に怒鳴りつけられたり、嫌がらせをされた時も録音を取るように心がけてください。自分がハラスメントの標的になったと感じたら手帳に克明にメモするようにして下さい。

また就職時に先輩などに就業規則を見せてくれるように言って、コピーを手に入れるようにして下さい。労働相談で雇用契約書もなく、したがって期間雇用なのか?期限の定めの無い雇用なのか?分からない労働者が増えています。つまり法律で決まったことを守らない経営者が増えています。

ひどい経営者になると、1年の期間雇用で試用期間が1年というのさえあります。3カ月間の雇用で試用期間が3ケ月で「いつでも解雇できる」という経営者もいます。ですから面接時の面談を録音しておくことが非常に重要です。特に残業を含めて実際の労働時間が何時間か?必ず確認してください。安い賃金で残業代なしに一日16時間働いている人もいます。法律は一日8時間、週40時間が労働時間です。

就業規則を見せて下さい、と言ったことで解雇された人もいます。残業代を請求したら懲戒解雇された人もいます。このようなブラックな会社は、面接時に「就業規則を見せてくれ」と言えば採用しないはずです。ブラックな会社には始めから就職しない為にも始めが肝心です。

新米労働者として法律等を学んでおきたい人は、就職時に新世紀ユニオンに加入しておけば、学ぶべき資料を渡すようにします。労働者の無知に経営者はつけ込んできますので、予め労働法や関係判例を学んでおくようにすべきです。

ブラックな会社では、新入社員の半分ぐらいが3カ月の内に転職に追い込まれます。企業は辞めさせてふるいにかけるため与分に採用しているのです。ブラックな会社に就職してしまった人はユニオンに加入しておくことをお勧めします。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード