ブログ記事及び書き込みの管理について!

小阪病院の代理人から昨日4回目の内容証明郵便が来ました。その内容は以下の通りです。
(1)「暴行死した事案」「下半身まひの事案」が何を指しているのか不明。概要を明らかにされたい。
(2)イニシャルであっても名誉棄損の他者の利益を侵害する不当な書き込みを削除せよ。
(3)ホームページ上の記事や書き込みを直ちに削除し、対応せよ。
以上が3月28日付けの書面の内容です。

新世紀ユニオンは、このホームページ上のブログや、その書き込みについて事実関係をキチンと確認して管理しています。現実に誹謗中傷と思われるものは、誰に指示されなくても削除しています。

事実最近においても、書き込みに「実名で書け書け」との書き込みを、違法な行為を煽るものと判断し削除しています。先に小阪病院の代理人から「実名を書いている」との抗議を受けて、イニシャル表記以外は削除した経緯もあり、今回のイニシャルでも誰かわかるので削除せよ、との要求は執行委員長判断で受け入れない事にしました。重要なのは書かれていることが事実か、もしくは事実に基づく表現の自由の枠内である意見であれば正当との判断であります。

小阪病院の代理人は、書かれている内容が事実であるものまで、あたかも嘘であるかのように削除を要求していることは筋違いと言うべきものです。ましてや自分たちが知りつつ隠蔽したことまで、新世紀ユニオンに「事案の概要を明らかにせよ」と言って問題をすりかえる行為は話にならず、今回の書面には回答する価値もないと判断しました。

このブログの書き込みでは、実名を書いている企業の書き込みもあります。その企業は超一流の弁護士が付いており、一切ブログや書き込みに抗議や削除要求をしていません。ブラック企業のみが代理人に命じて、ブログを削除せよとの内容証明郵便を送りつけてきます。一流の弁護士は憲法で定めた表現の自由や、労働組合の正当な宣伝活動にいちいち抗議することは一切有りません。

私は50年の労働運動の経験を通じて、誰であっても労働者への合法的活動を制限すべきではない、との考えを持っています。小泉改革以後の規制緩和政策は、現在では解雇の自由まで検討しています。労働者への抑圧が強まり、合法的闘いが狭められた結果、自殺が増えるだけでなく、自社食品への異物の混入や、果ては餃子の王将に見られる暗殺事件さえ起きています。日本の国は、今以上労働者の運動を規制すべきではない、というのが私の考えであり、したがって小阪病院の違法不当な表現の自由への侵害・労働組合法に基づく宣伝活動への不当な抗議については、労働組合運動の原則への侵害であり、断固裁判で合法的に闘う以外ないと判断しています。

天心会 小阪病院は、過去の患者への暴力の行使や、職員への悪辣極まる手法での追い出し策が、多くの人達の怒りを呼び起こし、それが新世紀ユニオンのブログに反映しているのであり、新世紀ユニオンのブログが「不当なコメントの呼び水になっている」との削除要求は筋違いであり、反省すべきは事実に基づく正当なコメントの多さを、自業自得だと小阪病院の経営陣が理解すべきです。

それでも小阪病院がこのブログ記事と書き込みを違法だというのであれば司法判断を仰げばいいのです。それで世間に自己の違法行為を暴露して社会的批判を受けることが必要だと我々は考えます。小阪病院が自己の社会的役割を果たす気があるなら、違法行為は隠蔽するのではなく、公表して世論の批判を受けるべきで、それをしないから大衆が怒りをコメントで表現しているのであり、新世紀ユニオンはこの大衆の言論の行使は全く正当な事と考えています。したがって小阪病院のいう「名誉棄損罪での刑事告訴も含めて然るべき法的措置」(代理人書面)を受けて立つことにします。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード