嘘で固めたソフトハート研究所の違法解雇の証人尋問。

この事案は、レジの違算の不当なでっち上げでの退職強要に対し、被害者のAさんが「引き続き働けるようにして欲しい」とのことでしたので、当ユニオンが就業規則とレジ取扱規則の開示を求めたところ、会社側が一切開示せず、店長の不当な圧力の下でAさんが病気になり、その後偽造された契約書・並びに更新契約書が提出され、解雇された事案です。元々は話し合いで解決できる事案でした。

その後分かったことはソフトハート研究所がホームページを「レジ請負」から「派遣」に書き変え、現在は請負か派遣か分からないホームページとなっています。つまりソフトハート研究所の代理人弁護士は違法な偽装請負がばれるので就業規則を開示せず。「ユニオンが団体交渉を拒否した」「レジ取扱規則など始めからない」などとデタラメを書面で主張しました。実際には交渉を拒否したことは一度もなく、本人が病気なのと就業規則等が開示されないので話し合いをできなかっただけであり、レジ取扱規則は電話で「パンフがある」と会社側窓口の役員に事前に確認していたのです。

このブラック弁護士は「予防的労務管理」を売りにしており、わずか月6万円ほどのパートである原告が生活費に困るように「債権不存在の労働審判」を申立ましたました。原告のAさんは裁判費用を賄うため所有していたマンションを売却せざるを得ませんでした。被告ソフトハート研究所の対応はわずかな収入の原告に、裁判を余儀なくさせたという点で訴権の濫用・もしくは労働審判制度の悪用とも言える汚い手法であり、新世紀ユニオンは裁判終了後、この弁護士を大阪弁護士会に懲戒請求する予定です。

さて昨日の証人尋問では予想されたとおり、被告側証人が偽造雇用契約書をあたかも原告が目の前で作成したかの偽証を次々行いました。被告の「予防的労務管理」の弁護士は時間を過ぎても契約書に関する質問をしつこく繰り返し、裁判官の注意を何回も受けました。しかも自分の質問が終わると会社側が陣取る傍聴席に「どや顔」をして見せるなど、会社側にこびへつらう態度がいやらしく、裁判官の心証を害していました。

裁判自体は就業規則を開示しなかったにもかかわらず解雇(被告側は雇止め)したので、法的根拠もない不当な解雇は明らかで、原告勝訴は動かないと私は見ています。しかし争いの性質から偽装請負はソフトハート研究所が詐欺師のような会社であることを示しており、どちらが勝っても高裁・最高裁まで行く性質の事案です。新世紀ユニオンはペイしない金額での和解はありえず。裁判後に偽装請負の詐欺師のような労務管理を追求する予定ですので、闘いは今後も続くのは確実です。もし敗訴した時は新世紀ユニオンが弁護士着手金をカンパを集め、支払ってでも最高裁まで争う決意です。偽装請負で派遣業受け入れ先企業の法的負担を逃れる違法を許すわけにはいかないのです。ソフトハート研究所の違法な手法を指導したブラック弁護士を許すわけにはいかないのです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード