本日小阪病院に回答書を送りました!

回答書

貴病院からの、当方の組合員であるA氏への平成29年6月8日付け、並びに新世紀ユニオンへの平成29年6月14日付け書面に回答いたします。

1、について貴病院の違法な配置転換については当方は受け入れていません、したがってA氏の現在の所属は小阪病院であるので、ヴェルディへの所定の手続きは出来かねます。O局長は先の団体交渉でA氏がヴェルディへの所定の用紙を持って帰ったことを「配置転換を追認した。」と明確に語っています。しかも貴病院の「ヴェルディに対して所定の手続きを取ること自体をもって、当会の配置転換の有効性を自認したとの判断をなすつもりはない。」との書面は何故か印鑑がない。貴職のやり方はいつも詐欺師のごとくなので、当方はこの書面を信じることは出来ません。A氏が有休の届を出した折にも貴職はこれを認めなかった。これらは違法なパワハラと当方は認識しており、したがってA氏が配置転換を認めていない以上、貴病院の配置転換先ヴェルディに書面を提出するつもりはありません。

2、休職命令について
貴病院が求めている診断書原本についてはA氏の体調が少しでも回復しだい貴病院宛て送付する予定です。ヴェルディの就業規則第66条第2号を適用して休職扱いする事は間違いです。A氏の所属は小阪病院なので小阪病院の就業規則を適用すべきです。ことごとく事務手続きを利用して、配置転換を追認したとの既成事実を不当に積み重ねようとの画策は策術が過ぎると指摘しなければならない。

3、保育関連の書類について
A氏は院内保育所で25年間不要な書類は破棄してきました。これは貴病院局長の陰謀体質から個人情報が漏えいされ、A主任の責任が問われるのを避けることが狙いでした。今回の院内保育所閉鎖時に当然不要の書類は破棄しました。A氏は院内保育所の閉鎖が事実と思いこんでいたのでそうしました。まさか東大阪市に保育所の閉鎖を届けていなかったこと、したがって保育所が今も存続していたことを知らなかったのであり、貴職が局長として保育関連書類をA氏が処分したと聞いてから、それを問題にするのは筋違いというべきです。A氏に顛末書を提出せよ、とのことですが、当方は顛末書を提出すべきは小阪病院の方であることを指摘しておきます。陰謀は程々にして頂きたい。

A氏は、病院の手先のX保育士等がA氏からパワハラを受けた、等というでっち上げ問題を引き起こされ、局長よりA氏の管理責任が問われるなど、陰謀を画策されました。昨年末には懲罰委員会への出頭命令さえ出され、A氏の責任を問い、不当な処分を画策しました。新世紀ユニオンとの平成27年12月29日の団体交渉で「でっち上げなので処分は止めて欲しい」との当方の要請に対し、貴職は処分を強行する旨回答しました。やむなく私が、当方は弁護士を懲罰委員会に出席させる旨申し出ると、なぜか処分騒ぎは終息しました。その後A氏はX保育士が上の指示で「Aを辞めさせたい」と他の保育職員に漏らしていた事を聞き、陰謀であることを知るに至りました。

以上のような経緯を見るにつけ、また院内保育所の廃止で他の職員には委託先への出向を働きかけ、A氏だけ特養でのオシメ換え等の仕事を命じるなど配置転換命令で不当労働行為を行った事に厳重抗議します。不当な配置転換は即時撤回されるべきです。
貴職のなすこと、ことごとく現在もうつ病で苦しむA氏への追いうちの嫌がらせであり、あたかも精神的暴力に他なりません。当方は今回の違法な配置転換について法的措置をとることを既に貴職に通知しています。これ以上のパワハラは慎まれた方がいいと思います。以上
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード