裁判で明らかになったビーピー・カストロールのパワハラ!

原告は部署異動になったため、全国会議時に被告奥氏に自身の担当を尋ねると、 被告奥氏は原告をにらみつけ 「お前そんなんも知らんのか」と強い口調で叱責した。なお、この日の被告奥氏の言動は、被告会社人事部の中山定氏 (以下「中山氏」という)も「あれはひどい。あれが頭から離れないのではないか (と思う)」 「100人が100人とも変だ。」 (甲30)と発言している。

これに対し被告会社は、中山氏の「仮定的な話しだ」と主張としてきた。仮定的な話しを普通するのか?バカにするものいい加減にして欲しい。

中山氏の上記発言は、原告の主治医との面談においてなされてたものである。その中で、中山氏は、「中立の立場で彼(被告奥氏) を教育してきてる」(甲30)と発言している。また、医師から「公平に見て、被告奥氏の指導能力に問題はなかったのか」と聞かれた際、中山氏は、プレッシャーをかけるという被告奥氏のやり方に問題があったのではないかという見解を述べ、その具体例として、全国営業会議での言動 が「ひどいよな」と発言したのである(甲30)。このように、中山氏は、 公平な立場で1年近くパワハラの調査を行った者として、原告の健康状態の把握と、その原因を追求するために病院に同行したのである。そのため、中山氏が、医師から被告会社での状況を質問されているのに、仮定的発言を述べることはあり得ない。 被告側のパワハラ隠しは明らかだ。

そもそも被告会社は準備書面(1)で、被告奥氏が原告の上司となることは、営業会議が開催された当日(2014年(平成26年)2月14日)に発表された事実で、当日になるまで原告が自らの部下になることは知らなかったと主張する(被告会社準備書面 1、以下頁数のみ、2頁)。しかし、新組織は、同月3日の電話会議時に発表されるとともに、組織図が添付された同日付のメー ルが被告奥氏にも送信されている(甲19)。準備書面(2)では、被告奥氏が原告の担当を決定したのは同年2月後半であると主張してきた。 原告は前任者から確認をとってもらい引継ぎを全国会議の翌週月曜日からすぐに行っているのである。

つまりビーピー・カストロールの人事部は被告奥支店長の「プレッシャーをかける」パワハラを「ひどいよな」と認識していたのであり、後になって奥のパワハラの隠蔽に動いたことは明らかである。支店長の奥がうつ病による休職から復帰する原告に「引き継ぎはしない」としてパワハラを行い、結果原告は会社に奥の移動を求め、その間就労を留保した。するとビーピー・カストロールは不当・違法にも原告を解雇したのである。

ビーピー・カストロールの事案の裁判官の和解提案は真摯なものであったが、ビーピー・カストロールの東京の弁護士は出廷もしなかった。新世紀ユニオンは原告に和解を促し、ブログの削除も含む完全な和解を目指したが、相手が和解する意思がなかったので当方の和解案も被告側に伝えられなかったのである。判決での原告の勝利は動かないと私は見ていますが、被告が外資系メジャーの日本法人であるにもかかわらず裁判での嘘にまみれた見苦しい悪あがきは情けない話です。ビーピー・カストロールの社内体質としてのパワハラは根深いものがあり、今後の本事案の大阪地裁判決の意義は非常に高いと言えます。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード