本日、岡崎隆彦弁護士の懲戒請求をしました!

ソフトハートの弁護士岡崎隆彦は、当ユニオンと組合員のAさんが就業規則とレジ取り扱規則の開示を求めても開示せず、当ユニオンの組合員のAさんを解雇(雇止め名目)した。解雇するにあたりロッカー内の印鑑を使い更新契約書を偽造した。

就業規則とレジ取り扱規則が開示されたら話し合いで解決できた事案であった。ところが解雇後岡崎隆彦弁護士は神戸地方裁判所に債権不存在確認の労働審判を起こし、やむなくAさんは地位確認の裁判で対抗しなければならなくなった。

これは月6万8000円のパートに、弁護士着手金等35万円の負担をさせ、ペイしない裁判を強要することである。Aさんは経済的に追いつめられ所有していたマンションを売却する羽目になった。

これは労働審判制度の悪用であり、岡崎隆彦弁護士が「予防的労務管理」を売りにしているとはいえ、許しがたい裁判所の悪用であり、話し合い解決が可能であるのに、わざわざ裁判を強要する許しがたい行為である。しかもユニオンの組合員ゆえに解雇するのは不当労働行為でもある。裁判でも岡崎隆彦弁護士は就業規則を開示せず。レジ取り扱規則など始めからない、と嘘をついた。レジ取り扱規則のパンフレットの存在はソフトハートの山下博専務取締役に私が電話で確認してから開示を求めています。この弁護士は裁判で平気で嘘を付きます。

ゆえに、本日、大阪弁護士会会長あてに岡崎隆彦弁護士の懲戒請求をしました。もし大阪弁護士会が身内だからと庇い、処分をしない(大いに有り得ることだが)なら、当ユニオンが変わって懲戒する決意であることを皆さんにお伝えします。
以上組合員・サポーターのみなさんへの御報告です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード