大学で理不尽なパワハラにあっている先生方へ!

新世紀ユニオンの無料労働相談で大学の先生たちからの相談が増えています。アカデミック・ハラスメントにはいくつか種類があります。それは以下のようなものです。

(1)学生達を使いパワハラの訴えを投書させ、処分騒ぎで退職に追いつめる。これはその先生の年棒の残りを大学の裏金として確保する大学側の経済的狙いが隠されています。

(2)多額の科研費を獲得した先生を大学に呼び寄せ、大学ぐるみでよってたかって研究費を奪いとり、倫理審査を通さないようにして研究を潰し、研究を奪い取ったうえで雇止めする。

(3)教授が自分のライバルとなり得る先生を、学生を使い嘘のパワハラをでっち上げ、大学側に処分させ、研究を奪う。

(1)と(2)は大学ぐるみで行われるのが普通です。アカハラの特徴はモンスター学生を使うのが特徴で、女子学生に授業中にセクハラ発言をでっち上げられ退職に追いつめられた先生もいます。

こうした攻撃から身を守るには日頃から証拠を残すことが重要です。授業を全て録音しPCに保存する。授業の後で学生に感想文を書いてもらい保存しておく。この感想文には名前を書いてもいいし、書かなくてもいいとすること。成績の対象にはしないことを説明しておくこと。

こうした証拠が有れば、後は有印の書面ででっち上げの処分騒ぎに抗議しておくこと。学内にパワハラ等の相談窓口が有れば有印の書面(コピーを残す)で訴えておくことが重要です。(後で調査報告書の開示を求める)大学の処分騒ぎで大切なのは学生の訴えの内容が開示されているか?ということです。開示されていないと弁明できません。ですから開示を書面で求めて下さい。嫌がらせで辞めさせようとするときはわざと理不尽な手法をとり、精神的拷問のように大勢で深夜まで追求してきます。したがってこうした面談は必ず録音を残すようにして下さい。

証拠が取れたら、新世紀ユニオンに加入すれば雇用を守る闘いを指導します。加入せず相談を何回もして来る方がいます。しかし「共謀罪」が施行されているので、また弁護士法違反になるので、新世紀ユニオンに加入して貰わないと指導することができませんのでご了解ください。闘い方にはユニオンの名前で抗議し、ブログにパワハラを暴露して加害者に恥を書かせる方法もあれば、ユニオンの名前を出さず、本人名で闘うこともできます。

リストラやパワハラの闘い方は経営側がブラック弁護士と相談して進めてくるので、闘い方が専門化しており、とても素人が太刀打ちできるものではありません。新世紀ユニオンは大学のパワハラとたくさん闘ってきた経験があります。信頼して加入して下さい。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード