年金の所得控除を意図的に複雑にした狙い!

新聞報道によれば2月支給分の年金が所得控除されず、約130万人に本来よりは約3万円少ない年金が支払われたという。それによれば日本年金機構が「扶養親族等申告書」の内容を複雑にしたことが原因で、しかも日本年金機構が受給者への呼びかけをホームページ上にとどめたことも意図的だ。世間にはパソコンを使えない老人が多いのに、他の手段で告知しなかったのは意図的と非難されても仕方がない。

パソコンで実際に控除手続きをした人の話では、今年は記入が複雑で分かりにくいように変わっていたそうです。分からない人は梅田の第2ビルとかに行かなければならず。交通費がいるし、面倒なので所得控除手続きを諦めた人が多いという。
この年金の所得控除を意図的に複雑にした結果一人約3万円、約130万人分が年金機構は支払いを「節約」したことになる。安倍政権が年金資金で株式投資を行い、いずれ年金資金が消えていくので支払いを減らそうと企んだ可能性を指摘しなければならない。

元々年金機構は「消えた年金」騒ぎがあったのにもかかわらず、相変わらずの不透明なやり方である。定年退職し収入がなくなった人には以前の収入で税金がかかるので、「扶養親族等申告書」で控除手続きが必要になる。わざわざこのパソコンでの手続きを複雑にして所得控除を諦めさせるようなことをすべきではない。
日本年金機構は直ちに手続きを簡略化すべきだ。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード