FC2ブログ

企業再編リストラが増えています!

突然会社が合併になった。とか一部部門だけ営業譲渡された、とか子会社が統括された、とか会社が再編された、などの事案が増えています。こうした企業再編リストラの場合、労働者は継承する会社に同じ労働条件で雇用契約が継承されます。

しかし実際には、譲渡先と新たに契約を結ぶようにされたり、結果、労働条件が悪くなった、という話をよく聞きます。したがって企業内労組がある場合は、労組に労働条件の継承に付いて約束を勝ち取ってもらうことが重要になります。

問題は、合併や営業譲渡の場合、労組がないと賃金が大幅に低下する例が多く見られることです。できるだけ早く合併や営業譲渡前に労組を結成し交渉するのがいいのですが、合併や営業譲渡の後で1年後に労働条件を見直すという場合は、早めに労組を結成して団体交渉できる体制を整えた方がいいでしょう。

このような場合中心的な人達がユニオンに加入すれば、労組の結成を指導できますので、当ユニオンに相談して下さい。営業譲渡で10万円も賃金が下がった例がありますから、早めに手を打つことが重要です。

また営業譲渡や合併の機会に一部の人達をだまして「合意解約」する例も少なくありません。この場合はユニオンに加入すれば雇用を守れる場合が多いですから遠慮なく相談して下さい。労働契約の合意解約は本人の同意が必要なので、このような場合はキチンと断り、譲渡先や合併先で働き続ける意思を書面で表明して下さい。

いずれにせよ合併や営業譲渡の時には会社には説明義務がありますからキチンと説明を求めて下さい。労働者は団結しないと無力なので、1日も早く新しく労組を結成するか、ユニオンに加入して団体交渉できるようにしておくことが重要です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード