FC2ブログ

無理やり退職届をかかされた場合!

関東方面の会社で働いている労働者から「昨日解雇になった」と相談がありました。聞いてみると解雇ではなく、「無理やり退職届をかかされた」という相談でした。日頃から暴言を受けて嫌気がさしていた若い労働者ですが、自分が辞めるつもりがないのに挑発され「辞めろ」と言われてカ―となり「退職届をかかされた。」というのです。

相談者がどのような書面を書いたのか?分かりませんが、退職届か、退職願いであろうと思います。この労働者は、即日の退職にされ「お金がない」と困っている様子でした。このように挑発され「辞めろ」と言われたら「辞めるつもりはありません」ときっぱり断るのが一番、「つぎに辞めるかどうか考える」と言って回答の時間を稼ぎ、ユニオンに加入するのが2番めにいい対応です。売り言葉に買い言葉で「退職届」を書くのが一番避けなければならないことです。

自分の意思に反して「退職届」を書かされた場合は、すぐ信頼できるユニオンに加入して、「退職届の撤回」の通知(内容証明郵便で)を会社に送らないといけません。同時にその日から出勤して下さい。またこの時に社長の発言を録音して下さい。自己退職にされると予告手当(1カ月分)も貰えず、しかも失業給付も90日もらえません。社長が「辞めろ」というなら解雇にしてもらえば、闘って10~15ヶ月分の解決金が貰えます。ですから絶対に自分から「退職届」を書いてはいけないのです。

会社側は安上がりに辞めさせるために「退職届を書け」というのです。このような時はすぐ信頼できるユニオンに相談して、指導に従って雇用を守るようにすべきです。この労働者は相当慌てていたのか新世紀ユニオンの名前も。大阪のユニオンであることも知らずに電話してきました。ので地元のユニオンを探して加入し「退職届の取り消し」の通知を送ってもらうように言いました。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード