FC2ブログ

ブラック企業が解雇する手口に付いて!

たくさん解雇事案を受けてくるとブラック企業が人をやめさせる手口には法則があることが分かってきます。その手口を簡略化すると以下の通りです。

(1)怒鳴り付け、労働者の失敗を言い立てて「辞めろ!明日から来なくていい」と言って予告手当を払わずに口頭で解雇する。この時に退職届をむりやり書かせる会社も多い。

(2)退職を認めずに、解雇理由証明書を要求する、すると「1カ月分支払う、退職金も払うし、会社都合の退職にするから退職勧奨合意書にサインしてくれ」という。

ここまではブラック企業は何処も同じ手口です。つまり企業はできるだけ安上がりに解雇したいので、同じ手口になるのです。

この場合注意すべきは懲戒解雇であっても、解雇通告時に予告手当を振り込みます。ところがブラック企業は予告手当さえ払わずに即時解雇して来るのが特徴です。即時解雇で驚かして退職届を書かせれば自己退職になり、予告手当(1カ月分)が節約できるからです。

この突然の解雇時には絶対に退職届を書いてはいけません。また「退職勧奨合意書」や「合意退職承諾書」にサインを求められても拒否して下さい。正当な解雇理由がない場合は辞める必要はありません。断固裁判で白黒を付けるとの決意を示すことが重要です。

つまり「辞めろ」と言われた時点で信頼できるユニオンに加入して、指導を受けつつ書面の証拠を残すようにしていきます。こうすれば違法解雇を撤回できますし、ダメでもまとまった解決金を取ることができます。ブラック企業の経営者が一番堪えるのが解決金を取られることです。

無茶苦茶な解雇の手口に打撃を与えるためにも、ユニオンに早い段階で加入して雇用を守るようにして下さい。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード