FC2ブログ

これまでの闘いを総括して感じること!

解雇にもいろいろなパターンがありますが、最近はリストラ経営に基づく解雇は減り、つまらない理由で解雇する例が増えています。いまやリストラ経営の影響で人をやめさせるのが管理職の仕事と思いこんでいる例が増えています。「自分は○○人辞めさせた」と管理者が自慢する例も増えています。どう考えても優秀な「この人」をやめさせるのは会社にマイナスでは、と首をかしげる解雇が増えています。

管理者が怒鳴りつけたり、嫌がらせして他の社員の見せしめにするのが「指導」と勘違いしている管理者も増えています。ですから、いじめと解雇が結び付いているのが最近の特徴です。日本は解雇がしにくい法制なので、いじめて退職に追い込む手口が増える傾向にあります。昔のように時間をかけて社員を育てるということがなくなり、即戦力を求める傾向が詰まらない理由で解雇する傾向に拍車をかけているように思います。こうして職場での人権侵害が増えています。こうした傾向が若者の労働意欲を奪っているように思います。

またライバル視している同僚の嘘のタレこみや、追い落としのような手口で解雇に追いつめられる例も少なくありません。真面目な人であればあるほど、こうした手口で退職に追いつめられると、心に傷を受け、うつ病になる傾向があります。このような場合「泣き寝入り」はうつ病が長引く傾向にあり、闘うことで認識が整頓され治癒し、元気に再出発できる例が増えています。

日本は終身雇用制から能力主義に舵を切って、社内でのいじめや陰謀が増え、技能や職能の伝承が難しくなり、企業が逆らう労働者をリストラするようになってますます、企業の技術力が低下しているように感じます。以前は労働者が提案や提言を積極的にできたのが、今や上にものを言うとリストラのターゲットにされるので、物言えぬ会社が増えているのです。

会社経営が権力的になり、管理者が暴力をふるったり、「俺を裏切ったら殺すぞ」と脅迫する管理者まで出ています。またそのような管理者を経営者が容認しています。このような会社では真面目な労働者が嫌気して「辞める方法」をユニオンに質問して来る例が増えています。
私は日本の会社のこのような傾向は、決して良いことではなく、企業はパワハラを容認することで失ってはならないものを失っているように思います。最近、上にものいう優秀な労働者を、経営者がすぐ「辞めろ」と叫び解雇する例が多いのですが、経営者は「良薬は口に苦し、忠言耳に逆らう」ということわざを噛みしめるべきであると思います。

新世紀ユニオンは、これまで雇用を守ることで成果を上げてきました、しかし今では、労働者が人権侵害のブラック企業から辞める方法を指導するのがユニオンの仕事の一つになったことは、時代の傾向性を反映しているのかもしれません。日本はパワハラ防止法を制定し、精神的暴力を抑止しないと、人材の多様性を失い、企業がますます疲弊していくことになるでしょう。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード