FC2ブログ

職場のパワハラについて!

新世紀ユニオンにこちこまれるハラスメント事案は増えるばかりです。職場でのパワハラの加害者は多くが上司による権力の誇示や自己愛的変質者による相手を傷つけるだけの目的で行われるものもある。日本の場合は退職強要の手段としてパワハラが行われるのが特徴である。
上司の指導でモラルハラスメントが職場の同僚を巻き込んで行われる場合があります。職場中が結束して嫌がらせする場合、被害者は誰からも見捨てられたという気持ちになりうつ病を発症し、自殺に追い込まれる例もあります。このように追い込まれた労働者は最もつらい状態となります。

ハラスメントで被害者が被る被害は甚大であるのに、日本ではほとんど救済が行われません。パワハラでのうつ病を発症した場合休職が1年以上に渡り、後遺症が残る例も少なくありません。肉体的暴力よりもハラスメントの被害の方が深刻であるのに、裁判所はほとんどのパワハラを「仕事上のトラブル」として容認します。

こうした結果、日本では労働者を解雇する主要な手段として職場ぐるみのハラスメントが蔓延る結果になり、その結果心に傷を負う労働者が増え、治療費は膨大が額となり、社会問題となっています。ハラスメントが蔓延ると職場の3分の1がうつ病の職場すら生まれています。ハラスメントによる経済的損失はおびただしい額になっています。

職場で長年勤めてきた仕事を取り上げられると、それまであった職場の人間関係すら奪われることになります。つまり孤立させて労働者が自分から「辞める」と言い出すのを待つのが日本におけるハラスメントの主要な手口となっています。また部下に過重な仕事を押し付けて長時間労働で追いつめる場合もあります。こうした場合は真面目で有ればある程、過労死や過労自殺につながる例が多いので注意が必要です。

ハラスメントの標的になる理由は、上司の誤りを指摘した場合や社内の腐敗・不正を指摘した場合とくにハラスメントが激烈になります。したがって職場での不正や腐敗を誰も指摘できなくなり、組織が腐っていきます。職場の「ハラスメントを放置すると会社も人もダメにする」といわれるのはこうした理由からです。

パワハラを放置すると社内に社長の支配下で労働の奴隷化が進行し、人材の多様性が失われ、職能・技能の継承が失われ、技術レベルが低下し、会社は不況時に危機を乗り越えられなくなり潰れる例が少なくありません。上司による精神的暴力を禁止する法律を作らないと日本におけるうつ病の増加、過労死と過労自殺の増加は続くでしょう。法律がないので司法が加害者を不当にも擁護する事態は改善されないでしょう。日本の社会的ねじれ・劣化・病んだ状態は困ったことに改善されません。

職場でハラスメントの標的になっている組合員はどうしたら局面を打破できるか、遠慮なくユニオンに相談してください。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード