FC2ブログ

労働者の戦略・戦術についてについて!

労働事案の闘い方については段階性を理解することが非常に重要です。証拠を固める段階、要求を突き付け交渉する段階、訴訟の段階と各段階を踏まえることが重要です。ところが実際には「土下座しろ」と上司に言われた、パワハラだ、と相談して来る人が多いのですが、よく聞くと土下座はしていません、「草むしりをしろ」と言われた、という相談もよくあります。ところが実際には構内の草むしりを拒否しています。これではパワハラは未遂です。

パワハラは、指示・命令に従い、その後その事を咎める書面を出して抗議する、このことで証拠ができます。闘いはその後のことです。段階性を理解しない闘いは感性的反抗に過ぎず、勝利できないことを理解して下さい。例えばある労働者はパワハラを受けて何度もその場で仕事を放り出して退社しました。抗議の意味があっても、そのことで裁判では不利になりました。

ある相談者が職場での事で「報告書を出せ」とか「顛末書を出せ」と言われたが、他にも陰謀的な事があり、報告書や顛末書の前に陰謀的な点を追求してよいか?と相談してきました。闘いは複雑で同時進行的に2つ以上の攻撃を仕掛けてくることがあります。この場合も段階性が重要となります。

労働者の闘いは多くが、「自己を保存し、相手に反撃することです。」2つ3つの同時攻撃の場合は、まず相手に処分を出させない事を優先します。先の例では「報告書」や「顛末書」を早く提出して処分を避けること、(その場合書面の内容が重要です)その後で陰謀的な動き等についてメールや書面(有印)で追求し(コピーを取ること)、証拠を残すようにしていくのが正しい闘い方です。つまり闘い方は優先順位を常に考慮しなければなりません。

闘いが、長期に攻防戦を繰り返してきた場合、反撃の仕方、「始末書」を書くべきかどうか、などその判断を間違うと解雇を招くことがあります。しかし解雇覚悟で「始末書」を拒否しなければならない判断もあり、戦術の上での選択は大変難しい場合があります。「始末書」を書いても、それを口実に罪を認めたと解雇して来る企業もあり、「始末書」を拒否しても解雇されない場合もあります。つまり、戦術は労働者の場合、経営側の意志に左右されることが多いので、企業側のけいこうせい傾向性を分析することが重要です。闘いに当たっては労働者は常に最悪の事態を考えておくべきで、解雇裁判を闘う覚悟を忘れてはいけません。

いずれにせよ裁判所は労働者支配の暴力装置の一つであるので、正しい方が負けることも多くあるのが日本では普通だと思わねばなりません。労働者はそれでも意地でも闘わねばならないのです。特に日本の司法は腐敗していますから賃金奴隷である労働者が裁判で負けても恥ではありませんし、争議宣伝で相手企業に恥を書かせることができれば、それは労働者の「意地の勝利」だと考えることもできます。(事実企業側が一番恐れるのはユニオンの争議宣伝です。)それほど日本では労働者の社会的地位は低いのです。「一寸の虫にも5分の魂」という言葉があるように、泣き寝入りしないことが労働者には貴重な事なのです。泣き寝入りししない為にはふだんの経済的備えも重要なことです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード