FC2ブログ

痛風について

一年余り前に初めて痛風になったとき、痛風についてネットで調べたことがありました。ですからそれ以後ビールをやめ、プリン体の多い食品を避けてきました。だから尿酸の数値が以前より下がっています。
それでも痛風の発作が今回発症したのはストレスが原因だと思います。
痛風の原因は食事が10%でストレスが90%だと、以前何かで読んだことがあります。その意味では、私はストレスの海を泳いでいるような生活です。
以前読んだことがある情報によると、痛風はストレスで体内に形成された尿酸の結晶を、免疫細胞が外敵と認識して自分自身を攻撃するからである。というもので、そのためにあれだけの痛みと腫れをもたらすのだと思います。

ところが家にある家庭の医学や、病気の本で調べると痛風は関節の病気として書かれています。私は痛風はアレルギー性の病気だと認識することが重要ではないか?と感じています。
尿酸の生成は、ストレスという外因が内因に作用してできた結果であり、その結果がアレルゲンとなって、免疫細胞が自分自身を攻撃するからではないかと、自分なりに分析?したりしています。

聞くところによると、足が腫れ上がり痛いので病院で検査しても、病名がわからず、治療されない方が多いとか。これは医師が痛風が食事による尿酸の増額の結果おきると勘違いしている結果です。ストレスは一時的に大量の尿酸を体内につくり、その結果アレルギー性の炎症を引き起こすのだと思います。尿酸の数値が高くなくても痛風はおきます。

とにかく医師の出す尿酸の形成を押さえる薬は効きません。私には以前から麻酔も、痛み止も余り効きません。痛いので、こんなことを考えながら、痛みをまぎらわせています。痛風で悩んでいる方の参考になれば幸いです。痛風の症状に個人差があるのはアレルギー体質の差が反映するからでしょう。
痛風を自分で直す方法を調べたら、指圧のツボが脊椎の両脇、腰の辺りにあります。ここを指圧するか、もしくは漢方薬を飲むしかないようです。なんとか痛風を克服したいと考えています。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード