FC2ブログ

キャンパス・ハラスメントについて!

大学のパワハラ事案が増えているだけでなく、関西学院大のように隠蔽体質の大学が多いので書くことにします。

大学には様々なパワーがあります。
(1)理事長・学長・学部長等の指揮監督に伴う力
(2)教員が持つ成績評価や論文や進路研究発表等での指導に伴う力
(3)職員が持つ様々な実務上の力
(4)上位者が下位者に、先輩が後輩に持つ力

これらの他にセクハラ等、性的嫌がらせもありますが、一般的に上記に記載した力を利用して以下の攻撃を行ったときパワハラとなります。
①身体的攻撃  暴行や傷害など
②精神的攻撃  脅迫・名誉棄損・侮辱・暴言など
③人間関係からの切り離し  隔離・仲間外し・無視など
④過大な要求  明らかな不要な事や遂行不可能な強制・仕事・研究の妨害など
⑤過小な要求  程度の低い仕事や、仕事の取り上げ
⑥個の侵害  私的な事への過度の介入などプライバシーの侵害

キャンパス・ハラスメントはセクハラ、パワハラのほかアカデミックハラスメントがあります。
アカデミックハラスメントとは、教育研究上の地位や優位性に基づき、相手の人格や尊厳を侵害する嫌がらせの言動を行うことにより、その人や周囲の人に、身体的・精神的な苦痛を与え、その修学・研究環境を悪化させることを言います。

こうしたキャンパスハラスメントを放置したり、隠蔽したりすると大学組織も人もダメにすることが分かっています。ハラスメント行為者は法的責任を負い、大学の執行部は安全配慮義務や債務不履行責任や不法行為責任を負います。これらをまとめて我々は「管理責任」と呼びます。

管理責任を大学の理事長や学長や学部長が果たすには、訴えのあった事案を公平に調査(関学のようなごまかしではない調査を)し、ハラスメントが事実であれば就業規則に従い、きちんと処分しなければなりません。ここで重要なのは就業規則は働いている人だけでなく管理する側も守らねばならないということです。大学の管理者はよく就業規則にない処分とも言えない「処分」(厳重注意など)でごまかし、懲戒処分をごまかす傾向がよく見かけられます。これはハラスメントの隠蔽となりますからやめて下さい。

甲南大学は調査委員会がパワハラを認める報告書を出していたのに「厳重注意」でごまかしていました。また関学は調査もせず暴力教授を「厳重注意」でごまかし、追求されると「第3者委員会」が調査し、一方的な13回の殴打を平手打ちでごまかし、また被害者を加害者に仕立て、職場で孤立させ、過重な仕事を押し付けたパワハラを「事実は確認できなかった」事にしました。

こうした暴力教授やパワハラ教授を大学が庇い、隠蔽する行為は大学を腐敗させ、大学の評判を失墜させる行為であり、厳重に批判されるべきです。特に労働組合が団体交渉で追求しているパワハラ事案で、関学のようにごまかしの対応を取ると「不誠実団交」の不当労働行為となりますし、労組の争議宣伝を招く結果となります。
#キャンパスハラスメント #第3者委員会 #暴力教授 #パワハラ教授
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード