FC2ブログ

私がメールでの認識運動を重視する理由!

組合員の中にはいろんな人がいます。なにか?動揺することがあると、感性的なメールを洪水のように送ってくる人(女性に多い)もいれば、電話でしか意思の疎通をしない(できない)人もいます。

電話で長時間話し、結局話を聞いて欲しかっただけなのか?と思う人もいます。特に女性は男性と思考方法が違います。子供を生み育てるという女性の役割から、それに適した思考方法をします。女性同士の話が長くなるのは「井戸端会議」と表現されるように、現象を重視する思考方法からくるものと言えます。(こうした思考の多様性は実は重要な事なのです。)

しかし女性でも、男性の中で会社員としてバリバリ仕事をしてきた人は、思考方法も男性と同じで、枝葉の些細な問題は消去し、幹だけをかいつまんで話せる人も多くいます。

とくに労働運動に置いては、職場での出来事を概括することが非常に重要です。物事を自分の立場から見るだけでなく、会社の立場、管理者の立場から、またライバルの立場から、パワハラの加害者の立場から問題を見る訓練が重要なのです。

職場通信(ニュースへの投稿)を書いてもらうと、その人の認識の度合いがよくわかります。文章にするということは認識を整頓し、理性化するということです。職場の相談事を委員長に理解してもらうには、メールで意思の伝達が出来なければなりません。それには問題を自分で整理し、考え、概括する(文章にする=メール)という作業が欠かせません。

ですから、私は組合員にメールでの認識運動を行うことを求めます。そうした訓練が職場でうまく仕事を行う上で重要であるからです。電話で相談する人の中でも簡単明瞭に質問して来る人と、何が聞きたいのか本人も分かっていないのでは、と思う人もいます。

つまり、組合員の労働相談は一定程度自分で問題を考え、分析し、その上で委員長の考えを聞くようにすると、より深い考察に至るということです。ところが感性的認識のまま不安を洪水のようなメールで表現する人もいます。しかし一つ一つメールで回答していく中で、本人が問題点を整理し、理性的になる場合が多いのです。

労働運動を50年もやっていると、組合員の報告を3つ聞けば、私は6つぐらいは理解出来ます。メールを読めば、だいたい問題点と注意すべきことと、先に解決する課題はだいたい分かります。ですから職場で不安な事が起きたら遠慮することなく早めにメールで相談して下さい。
#認識運動 #労働相談 #思考方法 #関西的認識
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード