FC2ブログ

台風19号被害は人災だ!

近年、毎年のように台風や豪雨の被害がでる。これは明らかに温暖化のせいだ。台風やハリケーンの超大型化だけでなく、10月にも台風が上陸するのは異常だ。

日本は石炭火力発電所を45基も作る計画を持っており、世界中の環境運動家から批判されている。安倍政権の規制緩和で、民間が安い電力を発電したら、電力会社が全て買い上げることになって、石炭火力発電所の計画が45基も出てきた。今や化石燃料は批判の的なのに恥ずかしい話だ。

地球上の生命の大量絶滅につながる温暖化ガスの2大排出国のアメリカと中国が、何も対策を取らないのだから、人類は絶滅へと邁進していると言っていい。その付けが台風被害、豪雨被害なのだ。

日本はこれまでエネルギーの節約で先進国であったが、安倍政権になって環境団体の批判の的になっている。恥ずべきことだ。温暖化で異常気象になっていることを政治は織り込むべきなのだ。

温暖化による気候変動で、これまでの家の建て方では安全を保てなくなっている。降雨量の増加で、もはや堤防も小さすぎる。治山治水のやり方を全面的に見直す時が来ている。何よりも温暖化ガスの減少に向けて大胆な計画が必要だ。

私の出身地の徳島県は日本一と言ってよい大きな堤防がある。江戸時代から洪水に悩まされて堤防ばかり作ってきたから日本一の貧乏県だ。大きなダムもない。(高知県側にはダムがある)だから最近は洪水が皆無だ。ダムがあると計画放水で洪水になる。アメリカではダムの解体が進んでいる。吉野川の堤防はバカでかい、全国の一級河川の堤防の数倍の大きさだ。都道府県の治水担当者は一度見学した方がいい。

昨日の台風19号で堤防が決壊した千曲川の堤防は吉野川の堤防の数分の一の大きさに過ぎない。決壊して当然だ。温暖化も台風被害も人災と呼ぶべきものだ。政治が大企業に減税・予算のばらまきばかりして、やるべき治山治水を怠っているというべきだ。政治家は少しは武田信玄に学んだ方がいい。#治山治水 #異常気象 #温暖化 #台風被害
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード