FC2ブログ

経営者の嘘の論理学?

本日は一日文章書きをしました。争議に関する書面を書いていて思うのは経営者側の人物が、こうも平気で嘘が付けるものだと感心する。平気で「先に嘘を付いた方が勝ちだ」とでも思っているかのようだ。

嘘ばかり述べているので論理的な思考ができなくなり、やがて腐敗し、データ改ざんや不正をやるようになったり、発注に当たり見返りを受け取るようになるのだと思う。

反論の書面を書いていると、相手の欺瞞の筋書きが見えてくる。嘘を証明するために書面でさらに嘘を遡って捏造する。平気でそれができるようでないと、日本の経営者にはなれないのかもしれない。

一度嘘を付くと、それを隠蔽するためにさらに嘘を重ねるようになる。そうするとだんだん論理的に成り立たなくなる。昔の人が言った、「嘘は泥棒の始まり」とはうまいことをいう。

違法なハラスメントやセクハラをしていると、また嘘を並べて、違法な解雇や職場からの追い出しを実行してきた人物は、多くの職場の労働者に嫌われ、憎まれている恥知らずだ。

ユニオンの争議書面は、言わば嘘を暴露し、突き崩すための作業だ。こちらの主張は真実を証明するだけだから簡単だが、でっち上げられたことの証明はなかなか難しい。真実でないこと、なかったことは誰も見ていない、聞いていないのだから、相手の論理破綻を見つけ出すしかない難しい作業だ。
しかもパワハラやセクハラの法律が有ったとしてもザル法だ。セクハラ罪やパワハラ罪と言う法律はない。労災も認定は大阪では不可能に近い。つまり現代の日本ではブルジョア社会の法律的限界がある。

この限界を感じると、労働者がいかに支配される賃金奴隷であるかをいつも思い知らされる。それでも労働者は闘い続けなければならない。正直で、正しく生きようとする限り、経営者の嘘と闘い続けなければならないのである。経営者の嘘の論理学は「嘘をついても儲かればいい」と言うことなのだ。#経営者の嘘 #セクハラ #パワハラ #争議書面 #賃金奴隷
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード