FC2ブログ

組合員の拡大について!

私は昔働いていた会社で労組の青年婦人部長をしていた時に、機関紙を発行、し闘う組合にする活動を行いました。解雇になった人(身体障害者の青年)の件で課長と面談し解雇の撤回を求めたことがあります。その件で課長を監禁したとのデマで、会社と労組から処分された経験があります。処分内容は何年も組合役員の立候補権を奪われました。

その後、御用組合を闘う組合にするために「工場新聞」をつくり手渡しで読者を組織し、仲間を増やした経験があります。現在では携帯のメールがあり、労働者の仲間作りは以前よりも簡単になっています。職場での働きぶりを見ると、だいたい信頼できる人かどうかは判断も付きます。

最近職場で排除の標的になっていた人を、組合員が新世紀ユニオンを紹介し、加入して雇用を守った経験もあります。組合員が自分の周りで雇用を危うくされている大衆に新世紀ユニオンに相談するように助言するだけで仲間を増やすことができる例です。

自分のいる職場・地域で闘う仲間を増やすことが組合員のまず目指すべき活動です。仲間を増やせば雇用を守り、労働条件を改善することができるようにもなります。労働者としての考え方や、自分で労組に組織する意識性は自然には生まれません。それは外部注入しか無いのです。

組合員が、組織労働者としての教育を大衆に行う活動を労働運動では昔から「オルグ活働」と言います。組合員を増やす活動を行う人を労働運動家はオルガナイザ―と呼びます。今はこの言葉はほとんど死語に近いですが・・・。いわゆる組織することをオルグと言います。(小林多喜二の小説を読んだことのある人は御存じだと思います。)

職場や地域でユニオンの仲間を増やすためのオルグ活動が全ての組合員としての義務です。職場では組合員であることが攻撃を招くことがありますが、地域ではある程度公然と仲間を増やすことが可能です。組織するということは労働者の団結を拡大することです。その活動に携帯メールガ武器になります。

専従である委員長が無料労働相談で組合員を増やすだけでなく、個々の組合員が仲間を増やす活動がいま求められています。誰もがやれる組合員の活働とは新世紀ユニオンを知り知らせる活動と組織労働者としての団結する重要性を外部注入して仲間を増やしていく、新世紀ユニオンはそのような発展段階を迎えていると考えています。

個々の組合員がオルグ能力(=教育能力)を実践で高めていく先に、大衆運動家として様々な運動を組織するために、運動の指導骨幹を組織し、大きな闘いを組織することができるようになります。こうした下積みの活働なしに、大衆運動を組織する方法など論議するのは空論です。

大衆を教育し、組織し、指導骨幹をつくり、大衆運動を巻き起こす方法は先人が既に理論化しています。毛沢東の大衆路線がそれです。私は若い時、組合を強くするための活働を模索していた時、「中国展」で毛沢東の本に出会い感動した事を今でも覚えています。

どなたかが、本ブログの書き込みで「組合員の拡大の方法」を知りたがっていましたので書くことにしました。大衆路線について学びたい組合員の方は申し出て頂ければ著作を紹介します。
#オルグ活働 #組織拡大 #大衆運動 #指導骨幹
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード