FC2ブログ

配置転換を退職強要とする手口に注意!

最近、2人の女性から配置転換で退職強要されている件について相談を受けた。一人は大学の先生で、自分の専門ではない学部への配置転換を指示されたこと。もう一人は女性営業マンの仕事であったが、嫌がらせで事務の仕事に配置転換された事案である。

2人とも雇用契約書で定められた職についており、しかも就業規則にはそれぞれ配置転換の条項が無いのである。つまり配置転換命令は、それを命ずる労働契約上の根拠が必要であるのに、それがなく、しかも就業規則に配転命令権が定められていなかった。つまり2件とも配置転換命令権の濫用であった。

内1件はユニオンの指導で、その不当性を指摘する書面を手渡すと、違法な配置転換は撤回された。もう1件はこれから対応するが、これも違法な配置転換であるので相手企業がまともであるなら撤回できるであろう。

小阪病院は25年も病院に貢献したAさんを追い出すため、院内保育所を閉鎖し介護サービスの事業所に「配置転換」した。他の保育士には外部委託した保育所に出向を打診し、Aさんには肉体的負担の重い仕事へ「配置転換」と称した転籍を強要してきた。Aさんに送ってきた書類には小阪病院を退職し、新たに就職を示す書類が含まれていたのであるから、これが配置転換でないことは明らかだった。

就業規則も別、賃金は月3万円以上下がる。働く仕事も違えば、働く場所も違う、どう見ても配置転換とはいえない。転籍は本人同意が必要条件だが、配置転換は本人同意は必要ない。だからと言って転籍を「配置転換」と称して強行するのは明らかに配置転換権の濫用である。この事案は現在大阪地裁と地労委で係争中であるのでこれ以上は書かない。

いま正社員の女性労働者を多数こうした嫌がらせのような配置転換で退職に追い込み、賃金が安い、かつ若い女性の非正規労働者に切り替えようとする企業の攻撃が激化しています。こうした攻撃は比較的高齢(50歳前後)の女性正社員を標的に行われています。もしこうした攻撃を受けたら、諦めずに、新世紀ユニオンに加入して正社員の雇用を守るようにして下さい。

労働者が、違法な配置転換命令かどうか?わからないことをいいことに、こうした違法な配置転換が退職追い込みに利用されていることは嘆かわしいことです。
#配置転換の悪用 #配置転換権の濫用 #配置転換の根拠 #非正規への置き換え
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード