FC2ブログ

知らずに「トラの尾」を踏む危険!

職場で「理不尽な扱いを受けた」とユニオンに相談に来る人は、ほとんどが意識せずに「トラの尾」を踏んでいます。本人は営業成績や、自分の業績からこれぐらいは許されると考えて、社長に意見を言うのですが、ところが社長という「生き物」は、権威主義で凝り固まり、自分を周りに褒めてもらいたい「生き物」であり、どんなに仕事がずさんでも、自分は立派な経営者だと主観的に思っている「生き物」です。ですから少しでも自分に意見を言う人物は、「ペーペーのくせに生意気だ」「うるさいやつだな」と反感を持ちます。

こうなるといくらまじめに働いても評価されず。つい仲間に不満を口にします。しかしその仲間が上司にその不満をチクり、やがて社長の耳に届きます。こうして社長との間が次第に敵対的になり、やがて退職強要のための攻撃につながります。つまり労働者の方は良かれと思い意見を言うのですが、相手の器が小さいと「俺を批判した」と根に持ち、「自分を尊重していないと」逆恨みするようになります。こうなると矛盾は敵対的になります。

愚劣な社長に限り、職場にスパイ網を張り巡らし、労働者の本音を探ることをします。ある労働者は賃金が低いことの不満を休憩時間に口にし、「ユニオンに加入しないか」と仲間に話したら、それをチクられて解雇になりました。「残業時間がごまかされているようだ」と、休憩時間に仲間に話した人も解雇されました。

労働者は、社長のふしだらな点や、不満なことや、会社のタブーについて語る危険をあらかじめ認識しておくべきです。それは社長の器の大きさを考慮して、あらかじめタブーについて考えておくべきです。
バカな社長にゴマをする必要もありませんが、せっかく長年頑張った仕事を失う危険を考慮して、バカな社長を刺激しないように、賢くふるまうことに細心の注意が必要であり、、慎重でなければなりません。

世間には社内で一番の営業成績であっても、社長が「言いたいことがあればこの機会に言え」といわれて調子に乗り「残業代を払ってほしい」といっただけで解雇にするバカな社長もいるのです。

社内では、上司や社長の悪口に同意を求めてくる人物は、まず社長のスパイと考えて間違いありません。もしそれに同調すると、あなたが社長の悪口を言ったことにされます。同僚が話しかけてきたときは人事部長や社長が後ろにいると考えて、話すようにしてください。つまり上司の悪口には同調せず、否定する答えをあらかじめ考えおくようにしてください。「トラの尾」を踏んで、パワハラの標的にならないよう、くれぐれも注意してください。
#トラの尾を踏む #社長のスパイ 
新世紀ユニオン新ホームページ
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード