FC2ブログ

なぜ闘いのノウハウを公開するのか?

他のユニオンは、闘いのノウハウを隠しているのに、①なぜ新世紀ユニオンは闘い方を公開するのですか?②新世紀ユニオンは敷居を低くしたほうがいいのでは?こうした疑問を持つ組合員や読者がいます。善意から実際にそうした意見を寄せてくれる人が少なくありません。

個別労働紛争で労働相談してくる人は、こじれにこじれた事案が多く、相談者との強い信頼関係がなくては、こちらが答えを申し述べても、相手が理解できない例が少なくありません。事案に対する一定の基礎的な法律的知識がないと、生きた相談にもならない例が実際に多いのです。

江戸時代からあることわざに、「商売の窓口と屏風は広げれば広げるほど倒れやすい」というのがあります。商売と考えれば敷居は低いほうがいいし、窓口を広げるにはノウハウは公開しないほうがいいのです。公開すると商売敵が利用します。

新世紀ユニオンが他のユニオンと違い、闘いのノウハウを公開するのは、組合員となる人との強い信頼関係を築くには、闘い方は隠さず公開した方がいいのです。それと同時に新世紀ユニオンは加入の敷居を高くすることを心掛けてきました。

私もユニオン結成当時はユニオン加入の敷居を低くすることを心掛けてきました。ところがユニオンの敷居を低くすると、たかり・ゆすりに近い、質の低い労働者が入ってきて、ユニオンをお金を取る道具として一時的に利用すると、さっさと辞めるのです。これではいつまでたってもユニオンの組合員は増えません。労働組合は数が力という側面があるのに、です。

そこでブログで闘い方を詳しく書き、無料労働相談を夕方には締め切る。こうすると相談者は昼休み時間に夜の面談による相談予約をするようになります。少なくともその程度の機転が利かないと個別労働紛争は闘えません。「夕方では相談できるわけがない」などとネット上で揶揄(やゆ)する手合いでは闘えないのです。実際にユニオンの敷居を高くすることで質の高い組合員が増えてきました。ユニオンのブログやニュースを読んで、新世紀ユニオンを信頼して加入する人が増えてきたのです。

ユニオン(労働組合)は商売ではありません。ですから私は窓口を狭め、敷居を高くすることを心掛けてきました。その結果は、真にユニオンの必要性を理解した質の高い組合員が増えてきたのです。

ユニオンの敷居を高くし、闘いのノウハウを公開することでマイナスの面も出てきました。他のユニオンや政党やセクトが新世紀ユニオンの資料欲しさに偽装加入してくるのです。「新世紀ユニオンの加入資料が整っている」との評判を聞いたらしく、今でも時々他のユニオンの偽装潜入があります。最近も数件ありました。他のユニオンに加入したことのある人に聞くと、他のユニオンは加入資料などは何も渡さず、組合規約ですら渡さないようです。年一回の会計報告もないそうです。ニュースすら発行しないユニオンもあるそうです。

新世紀ユニオンでは、加入資料として加入用紙・規約・「新入組合員読本」パンフ・「労働組合のABC」パンフ・労働契約法などのほか加入者がぶつかっている事案の資料、などを渡します。自分で研究せず他のユニオンの資料を参考にするようでは、その政党や組合は発展しません。ノウハウを拝借しても理解していないと具体化できないのです。他力本願ではなく自分で研究してほしいものです。
新世紀ユニオン新ホームページ
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード