FC2ブログ

ユニオンは非公然活動を余儀なくされつつある

日本国はブラック企業が増え、違法解雇、残業代の不払い、有休休暇の取得妨害がまかり通る社会になり、その反作用で個人加入ユニオンが急増した。

日本の労働法は、国民経済を継続的に成長させる視点から幅広い労組の権利を認めている。これはGHQの「戦後労働改革」と、その後の労働運動が勝ち取った成果であるのだが、冷戦崩壊後の強欲の資本主義は、経営者が違法行為を行って超過利潤を上げることを規制緩和の名で広く容認してきた。

こうした強欲の資本主義が、日本の社会に詐欺師を激増させたのである。資本主義社会は企業が普通に法律を守れば平均利潤が挙げられるようになっている。ところが政府が罰則無しの努力義務のザル法ばかり作った。政府の「働き方改革」とはブラック企業を大量生産することが目的であったかのようだ。

強欲なだけのバカな経営者が増えたので、ユニオンは闘いで勝利的和解が容易になった。そうすると今度は違法なユニオンつぶしだ。デマ中傷を振り撒いたり、脅迫状を送り付け、交通事故で殺そうと策したり、果ては名誉棄損の慰謝料請求だ。嫌がらせで会社をやめさせようとしたことを妨害されたことがよほど悔しいのである。

つまり不良経営者との闘いは、労働組合に非公然の活動を強要する。民主主義社会だからと公然活動ばかりでは労組を守れない時代なのである。私は自分の生き方に一定の美学を持っているが、相手が汚い手口を使う不良経営者の場合には、宣伝や組織活動にも公然と非公然の使い分けが必要になる。

いま多様な方法で進められている新世紀ユニオンつぶしは、我々をさらに鍛え、成長させることになるであろう。この間、新世紀ユニオンは複数の企業との和解交渉を秘密裏に成立させた。見える闘いと、見えない闘いの使い分けが必要な時代なのである。

強欲の資本主義は、日本社会を劣化させ、違法行為を悪いことと思わない不良経営者を増産した。労働者は非正規雇用や差別人事で分断され、団結が難しい状況にされている。だからこそ絶対に裏切らないゆえに、不良経営者に恨まれる新世紀ユニオンの社会的存在価値があるのだと私は考えています。

「嵐は樹を育てる」「苦難は人を錬磨する」我々に対するユニオンつぶしの攻撃は、新世紀ユニオンをさらに成長させるであろう。ある野党系の労組は組合を選挙の票田と位置づける、だから組合員数の多さを評価の基準にする。しかし新世紀ユニオンは組合員を増やすことにそう熱心ではない。むしろ我々は闘いを総括し、労働者階級の教訓とすることこそ重要だと考えています。理論と実践の面で、筋金入りの組合員を育てることこそ重要だと私は考えています。
#ユニオン潰し #不良経営者 #ブラック企業
新世紀ユニオン新ホームページ
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード