最近の労働相談で目立つ事!

新世紀ユニオンの無料労働相談で目立つのは、勤続5年以上の契約社員が雇いどめにされるケースが増えています。これは今年4月から5年以上の契約更新を続けられた契約社員が希望すれば正社員にしなければならなくなる事が影響しているようです。

契約社員であっても雇いどめにするには合理的理由が要ります。ところが実際には契約の途中であるのに合理的理由が見当たらない例が多いのです。

次に目立つのが大幅な賃下げです、これは退職勧奨とセットでしてくるのが特徴です。しかも能力を口実にして賃下げしてきます。一方的な労働条件の変更は違法なので、認めない事をはっきり表明して下さい。退職勧奨を受けたら必ず録音を取るようにして下さい。
労働者を解雇すると政府の雇用調整助成金が受けられません。そこで賃下げなどの嫌がらせで自己退職に追い込む手法が広く取られています。中には些細な口実で「懲戒解雇する、経歴を汚されたくないなら退職届を出せ」と迫る手口で自己退職させることも目立ちます。

パワハラでうつ病になり休職すると復職させない手口も増えています。厚生労働省の雇用調整助成金は5人雇用すると毎年300万円3年間支給されます。ですが解雇するともらえません、そこで嫌がらせやパワハラで自己退職に追い込むことになり、結果うつ病が増加することになります。

欧州の補助金は労働者に支給されますが、日本は企業に支給するのでこのようなことになります。労働行政が生み出すリストラと言えるでしょう。とにかく労働者は早めにユニオンに加入して必要な知識を学んでおくのが重要です。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード