FC2ブログ

今年4月1日から改正労基法が施行されます。

今回の労基法改正の労働時間に関する概要は以下のとうり、
1)60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率が25%以上から50%に引き上げられました。〈改正労基法37条1項)
2)割増賃金の引き上げ部分(25%)については、代わりに休暇を与える代替休暇の制度がつくられました。(改正労基法37条3項)
3)年休を時間単位で取得できる時間単位年休の制度が導入されました。(改正労基法39条4項)
4)限度を基準を超える時間外労働については、労使協定によって割増率を定めなければならないこととされ、その率を25%を超える水準とする努力義務規定が設けられました。
以上の改正の内容は非常に不十分な内容です。60時間を超える残業を容認するかのような内容であり、代替休暇にしても人員が少ない中では意味が有りません。また努力義務は内実が無いといえます。意味が有るのは一つ、それは年休を時間単位で取得できるようになることです。
民主党政権にはもっと中身のある労基法改正を期待したい!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード