FC2ブログ

村賀さんの裁判の訴状が提出されました!

4月12日に、貝印株式会社を被告とする「労働契約上の地位確認等請求事件」の訴状が大阪地裁民事5部に提出されました。

この裁判は、支店長のパワハラによるうつ病で休職した原告が、医師の就労可能の診断書に基づき復職を求めたが、原告の「復帰支援プラン」に基づくフルタイムの労働をこなしたにも関わらず被告会社(貝印)が「休職事由が消滅したと見ることは出来ない」として復職を拒否、退職扱いとした事の無効・従業員としての地位を確認する裁判です。

すでに村賀さんは労働基準監督署に労災認定の申請書を証拠と共に提出しており、この認定がされた場合は、訴訟の拡張が行われることになっています。

この種の裁判までの困難は、第一にパワハラの被害者が長期の休職で経済的に疲弊している事、第二にうつ病にかかった被害者が労災・裁判の資料作成が困難であることです。パワハラを思い出すだけで被害者が受ける精神的苦しみは大きく、パワハラの被害者が資料作成過程で何度も涙を流し、精神的苦痛を乗り越えてきた結果で有ることを指摘しなければなりません。

このような困難からパワハラによるうつ病の労災認定が少なく、裁判までいたることが少ないことは、多くの被害者が泣き寝入りに直面しているということなのです。企業が「指導」の名によるイジメ・パワハラでの自己退職への追い込みが広がり、雇用情勢が厳しい中で、心の暴力の被害者が我慢を強いられるため、うつ病が急増しているのです。

業務起因性によるうつ病の増加が、マスコミの注目を集めている有利な情勢を追い風にして、新世紀ユニオンでは、今後このようなハラスメント事案の被害者の救済に本腰を入れていくことにしています。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-0x.com/hgh/
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード